お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

ディズニーランド 暮らしの知恵

子連れで楽しむディズニーランド!写真おすすめスポット7選

投稿日:


 楽しいディズニーランドでの思い出はちゃんと写真に残しておきたいもの。
パーク内は素敵な場所ばかりなので、いっぱい写真に残したくなりますよね。

好きなキャラクターがいたらとてもラッキー!
ぜひ写真を撮りたいと思いますが、フリーグリーティングはコツもあるそう…。
撮れなかった…という方へのアドバイスを参考にコツをまとめてみました。

 またどこでも素敵な写真が撮れるディズニーランドにおいて、
特におすすめのフォトスポット7選を選んでみました。

フォトスポットなので定番ではありますが、
やはり選ばれるだけあってとっても素敵な写真が撮れますよ。

  

グリーティングのコツは?


 ディズニーランドのグリーティングは4種類あります。
①グリーティング施設②ダイニング③整列④フリーがあります。

①と②は特定の場所へ出向く事で必ずキャラクターと写真撮影ができます。
どうしても撮影したいキャラクターがいる場合は、①と②をチェックしましょう。

ミッキーと会えるグリーティング施設である「ミッキーの家とミート・ミッキー」は有名ですよね。
必ず会える安心感とゆっくりと好きなキャラクターと触れ合えるのが魅力です。

 ③は屋外で行われる公式のグリーティングで、
決まった時間にキャラクターが出てきてくれるもの。

ディズニーランドでは、メインエントランスの2ヶ所で行われており、
時間は朝8時または9時~16時の間、時刻スケジュールが公式HPで公開されています。

どのキャラクターが出てきてくれるかは当日のお楽しみ。
好きなキャラクターが出てきてくれたらラッキー!
ただでさえ楽しいディズニーランドがより一層楽しめそうです。

③の場合は整理券が配られますので、順番待ちさえすればちゃんとキャラクターに会えます。
少し注意してもらいたいのが現在はメインエントランス改装中の為、1ヶ所での実施となっています。
休止期間は2019年の3月31日まで、改装が終わるまで実施場所が減るのが残念ですね。

 

もっと運の要素が大切になるのが④フリーグリーティングなのです。
オープン~夕方頃までにキャラクターが現れるのですが、
時間も登場するキャラクターも決まっていません。

キャラクターに会ったら写真を撮りたくなりますが、
基本はフリーなので撮影できる人数も時間も不確かなのです。

撮影したい人が多いと、中には写真が撮れない人もいる程…。
それでも撮影するコツがあるのです。

そのコツとしては、

・小さい子、子供が優先
・キャラクターやスタッフへアピール
・他の人の写真撮影も手伝ってあげる

マナーを守りつつ積極的なアプローチが必要となります。
ちょっと難易度高めですが、好きなキャラクターの時は頑張ってみましょう!

写真サービス充実!何がある?


 ディズニーランドの写真サービスといえば、「東京ディズニーリゾート・オンラインフォト」。
ディズニーランドで撮影した写真をダウンロード・デコレーションできるサービスです。

カメラマンから撮影して貰った写真をダウンロード可能です。
パーク内のフォトスポットなどでカメラマンによる写真撮影サービスが実施されており、
1画像500円~最大30画像4,500円で購入する事ができます。

ディズニーランドは自撮り棒や三脚禁止となっています。
きちんとした綺麗な写真を残したいなら、カメラマンから撮って貰いましょう。

 デコレーションもここでしかできないデザインがたくさんあります。
自分で撮影した写真もイラストフォトでデコレーションすれば写真がもっと可愛く大変身しちゃいます。

撮った写真をまとめたい時にはハードカバーフォトブックにすれば、
すっきり綺麗にまとめて残すことができます。

これらのサービスには「フォトカードキー」が必要となります。
利用したい場合にはパークに行った際に忘れずに貰っておきましょう。

おすすめのスポット7選


 ディズニーランドのパーク内にはフォトスポットが設置されています。
おすすめされる場所だけあって、そこで写真を撮れば綺麗に写真が撮れますよ。
パーク内のフォトスポットは15ヶ所、目印の看板を見つけてみて下さいね。

その中でもおすすめを7選として選んでみました。

・エントランス花壇前
・パートナーシップ銅像前
・「シンデレラ城」プラザ側
・「ポリネシアンテラス・レストラン」前
・「蒸気船マークトウェイン号」前
・トゥーンタウン入口
・「シンデレラ城」ファンタジーランド側

どれも公式のフォトスポットなので、場所も分かりやすいです。
どこもそれぞれのテーマを象徴する物や建物と写真撮影ができます。

定番だからこそ場所も分かりやすく、思い出としても残しやすいスポットなのです。
来る度にエントランスで写真を撮り、その年の思い出にする方もいるそうですよ。
ディズニーランドと一緒に年をとるのも、ファンにとっては堪らない思い出ですね。

まとめ


 ぜひ親子で写真を撮って、魅力いっぱいのディズニーランドを記念に残して見て下さいね。
その写真を見返せば、どんな時でもハッピーになれそう。いい思い出はちゃんと写真に残しておきましょう!

-ディズニーランド, 暮らしの知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「サラダ記念日」はなぜ7月6日?本当は「鳥の唐揚げ」記念日?

「この味がいいね」と君が言ったからで始まる短歌、 教科書にも載るほど有名なのでみなさんもご存知なのではないでしょうか。 俵万智さんによる第一歌集のタイトルでもあり、そこに含まれている短歌でもあります。 …

暑中見舞い・残暑見舞いを出す!いつからいつまでに出せばいい?

言葉としてはよく耳にする暑中見舞いや残暑見舞い、 夏に送る季節の便りであることは誰もが知っているかと思います。 ただいざ出そうとなると、いつ頃出せばいいのか迷いますね。 書き出しや内容はどうするのか等 …

猫のイタズラから雛人形を守れ!「やめて〜」オススメ防御法5選

  女の子の宝物として大切にされる雛人形、 いつまでも綺麗な状態で飾っておきたいと思う方は多いはず。 ただその綺麗な姿は興味を引いてしまったりもします。 ペットを飼っているご家庭ではあるあるですよね。 …

GWに旦那は仕事で家にいない!奥さんと子供だけで楽しむプラン

 世間的にも賑わうGWの期間中。お出かけする方も沢山いるでしょう。 世間の雰囲気もあり、子供達もお出かけに向けて期待しますよね。 両親揃ってGWが休みという場合には、泊まりの旅行なんて方もいらっしゃる …

津波防災の日の由来はどこから?訓練には緊急地震速報を使う?

  災害大国とも言われるほど自然災害の多い国、日本。 地震、水害、台風など毎年どこからしらで被害が起きています。 こんなに科学が発達している現在も被害は避けられず、 ニュースで映る被災地の姿は見るに耐 …