お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

11月 暮らしの知恵

11 月11日は「いい夫婦の日」仲の良い関係を持続する秘訣5選

投稿日:


 最近耳にするようになった「いい夫婦の日」という記念日。
ニュースでもおしどり夫婦として有名な芸能人が受賞する様子が流れています。

いい夫婦と言われる夫婦の姿は羨ましいと感じつつも、
もはや長年連れ添っているご夫婦は「理想と現実は違うのよ…。」なんて思われるかもしれませんね。

 確かに夫婦の関係性はご家庭により様々ですよね。
見るからにずっとラブラブな微笑ましいご夫婦もいれば、
一見すると冷めていそうだけど上手くいっているご夫婦もあります。

うちはあんまり…というご夫婦もいらっしゃるかもしれませんね。
意識していないと夫婦関係を良好に保つのは難しいものです。

仲のいいご夫婦はどんな事に気をつけているのか、
その秘訣を調べ5選にまとめてみました。

  

「いい夫婦の日」って?どんな日?

 まずは、「いい夫婦の日」はどんな記念日なのでしょうか?
11月22日で11(いい)22(ふうふ)というゴロ合わせなので覚えやすいですよね。

最近は知名度も高くなってきた「いい夫婦の日」ですが、
実は1988年にはすでに財団法人余暇開発センター(現日本生産性本部)によって提唱されていたようです。

1998年には「いい夫婦の日」をすすめる会が設立され、
2000年からはよくニュースでみる「パートナー・オブ・ザ・イヤー」の選出を始めています。
この「パートナー・オブ・ザ・イヤー」の登場もあり、一般認知度がりました。

 この「いい夫婦の日」は特に何をする日とは決められていませんが、
すすめる会によると日本中のご夫婦にいっそう素敵な関係を築いてもらう為、
「ふたりの時間」を大切にする日として定めたそうです。

夫婦で参加できるイベントも開催されており、
ウォーキングやボーリングイベントなど様々なものが実施されています。
「いい夫婦の日」には、久しぶりにデートもいいですね。

不満となる原因は?何?


 できるだけ良い関係を続けたいと思っていても、
日々の生活の中でだんだんと不満が溜まっていく事は多いものです。

夫婦も結婚前は他人なのですから、
相手の事を考えない振る舞いをすれば仲も当然悪化します。

そうならない為に、不満として挙げられがちなものをまとめてみました。
自分が当てはまる項目が無いか、チェックしてみて下さいね。

・物を片付けない
・お礼や謝罪の言葉がない
・家事の分担/手伝わない
・スマホばかり見ている
・他の家庭との比較をする
 

 ざっくりとですが、不満となる原因も5つ挙げてみました。
こうやって列挙すると、子供がいるご家庭は耳が痛いかもしれませんね。

どの項目も子供に対して口をすっぱくして注意しているのではないでしょうか?
やはり人間関係を築く上で基本的な事は最低限やって欲しいと感じるものです。

それができないと、夫婦どちらかが不満を溜めるように。
不満が溜まりすぎれば、いずれは爆発する可能性も…。

仲の良い夫婦の秘訣5選!


 分かってはいても日常生活も忙しいと気遣いは難しいですよね。
夫婦なら分かってくれる所もあって、そこに甘えてしまう時もあります。

しかし、それがずっと続くと一方の負担が大きくなるのも事実です。
仲の良い夫婦はその負担のバランスを上手に取っていますよね。
その秘訣を5つ調べてみました。

・毎日会話をする
・喧嘩はすぐに終わらせる
・ちょうど良い距離感を保つ
・一緒に寝る
・家族を大事にする

 やっぱり一番重要なのはコミュニケーションです。
毎日ちょっとでもいいので会話をすると関係も良好に保てる様です。

それでも喧嘩する時はありますが、その際には長引かせずにすぐ終わらせましょう。
どういう所が嫌だったのか、はっきりと相手に伝えるのが大切です。

性格や趣味が合って結婚した方は多いと思いますが、
そうは言っても言葉にしなければ伝わらない部分もあります。
夫婦でもパーソナルな部分もありますよね。
趣味なども尊重して、お互いにちょうどいい距離感を保ちましょう。

 それでもやはり一緒にいる時間も大切です。何をするでもなく一緒にいるだけでもいいのです。
日中仕事をしている夫婦は寝室を一緒にするのがおすすめですよ。
寝る前のちょっとした時間が夫婦のコミュニケーションの時間に最適なのです。

この時間の共有は家族にも言えること。
今一緒に住んでいるご自身の家族もそうですが、お互いの実家も家族ですよね。

家同士の結婚というと少し古いですが、
自分の両親を大切にしてくれる相手なら自然と相手の両親も大切にしたくなるものです。

まとめ


 秘訣をまとめてみましたが、自分達には難しいと感じる項目もあったかもしれません。
ただ結婚するまでに仲の良い時期がそれぞれあったのは確かなはず。
「いい夫婦の日」にはその当時を思い出してデートしてみてはいかがでしょうか?

ちょっとした気遣いをするだけで、された方はとっても嬉しいものです。
日々のちょっとした事が良い夫婦の仲を保つ決め手になるのかもしれませんね。

-11月, 暮らしの知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「父の日のプレゼント」幼稚園児でも出来る手作りアイデア7選

  いつも頑張ってくれているお父さんに感謝の気持ちを伝える「父の日」、 お子さんがいるご家庭はお子さんが父の日のプレゼントを渡すこともありますよね。 子供からの父の日のプレゼントが貰えたら、 世のお父 …

学童保育の申し込みっていつから?なかなか入れないって本当?

 ようやく幼稚園・保育園が決まったと苦労させられた「待機児童」の問題。 私も何件か断られ、ようやく決まって、やれやれと思った記憶があります。 子どもも小学生になったから、もう安心と思っているお母さん方 …

梅雨を親子で楽しむ!雨の日を家で快適に!オススメ過ごし方7選

梅雨時期は天候に恵まれない事も多く、子供との過ごし方に悩みますよね。 天気がよければ公園へお出かけ、近所をお散歩などいろいろ楽しめます。 雨の日でも外に出られない訳ではないですが、 濡れた後の処理や子 …

「暑気払い」の意味は?時期は?何を食べるの?他の言い方は?

会社などで主に行われている「暑気払い」、 名前は聞いたことはあっても何をする為の集まりなのか知っていますか。 意味も分からないまま、飲み会として参加していたという人も多いでしょう。 会の名前はなんでも …

扶養控除って子供はどうなるの?扶養で何が変わる?

会社員の方は、毎年年末になると年末調整の用紙を渡されるかと思います。 共働きのご夫婦は子供をどちらの扶養に入れるか悩む方もいるのではないでしょうか。 お子さんが生まれた際にも、どちらの扶養に入れるか悩 …