お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 5月

こどもの日の「鯉のぼり」意味は?何歳まで出すの?室内でも良いの?

投稿日:

 
五月晴れの空に泳ぐ「鯉のぼり」、季節を感じさせてくれるアイテムの一つですよね。
風にたなびくその姿は色鮮やかで美しく、男の子に限らず女の子も楽しみにしているのではないでしょうか。

この季節になると「鯉のぼり」の歌を歌うお子さんも多いのではないでしょうか。
~大きい真鯉はお父さん、小さい緋鯉は子供達。面白そうに泳いでる』という歌詞。

 私も昔、「鯉のぼり」って家族なんだなと無邪気に歌っていたものです。
何の気なしに最近の「鯉のぼり」を見てみると、とってもカラフル。

私の子供時代には黒、赤、青くらいのもの。
今や緑にオレンジにピンクの鯉まで泳いでいるのにはびっくりです。

でも歌の歌詞を思い出すと緋鯉は子供達。
…赤い緋鯉はお母さんと言われていた気がするのですよね。

この記憶と歌詞の違いが気になったので調べてみました。
「鯉のぼり」について、勉強してみましょう!

  

「鯉のぼり」の意味は?由来は?


 中国の故事にちなんでいる「鯉のぼり」、
それなら発祥は中国かと言うとそうではありません。

「鯉のぼり」は江戸の商人によって考えられたもの。

元々武家では男の子が生まれると玄関に馬印や幟(のぼり)を飾りました。
江戸時代中期になると庶民、特に商人の中には裕福な家庭も増えていき、
武家の風習が一般化していくのです。

「鯉のぼり」も意味としては馬印や幟(のぼり)と同じく、
子供の健やかな成長への願いと男子が生まれた事への感謝の印として飾られました。

 ではなぜ鯉の形になったのかというと、武家との差別化のため。
武家での幟(のぼり)は魚を模した吹流しの形でした。

商人達は武家の文化である幟(のぼり)を取り入れる際、
差別化を図るために中国の「竜になった鯉の話」と結び付けたのです。

最初は吹き流しに絵を描かせていましたが、
次第に今の様な鯉の形へと変化していきます。
鯉の故事に習って「立身出世」への願いも込められる様になりました。

 今ではカラフルな「鯉のぼり」も昔は黒い鯉の真鯉のみでした。
緋鯉が出てきたのは明治時代から。戦後になると緋鯉がお母さんを表す様になるのです。

東京オリンピック以降は五輪の色が反映され、
青や緑の鯉で子供達が表現される様になったのです。

その影響で歌詞と記憶が違っていたのです。
「鯉のぼり」といえど、ちゃんと社会を反映しているのですね。

いつまで出す?何歳まで?


 そんな家族を表現している「鯉のぼり」、
子供の健やかな成長の願いは分かるのですがいつまで出すのでしょう?

見ている分には綺麗でいいのですが、
飾るとなるとなかなかの重労働なので考え物ですよね。

実は何歳までというくくりは無く、地域の風習に合わせる方が大半でした。
風習もない場合は、意味や由来を考えて元服に当たる年齢までという方も。

元服というと今の15~16歳に当たります。
多くの方は小学校まで、中学校までのどちらかを区切りとしていました。

 確かにまだ小さいうちは「鯉のぼり」も喜んでくれますが、
そのくらいの年齢になると反応も薄く喜びも少ないもの。

年齢的にも小学校、中学校のどちらかがいい目安なのかもしれませんね。

室内用?どんなタイプがあるの?


 昔より見かけなくなった「鯉のぼり」、
住宅事情の変化により飾るのが難しくなったのも原因のひとつでしょう。

しかし、探してみると室内用「鯉のぼり」も人気となっています。
男の子がいるご家庭はスペースが許すなら、やっぱり飾りたくなるもの。

 マンション、アパート等のニーズに合わせ、「鯉のぼり」もコンパクト化!
スタンドタイプの自立するものから壁に飾るタイプまで。

机上に飾れる可愛いサイズも販売せれており、
種類・サイズともに豊富なラインナップとなっています。

室内に飾る事を前提としているので、デザインもよりお洒落になっています。
洋室に飾っても違和感無く、「鯉のぼり」を楽しめそうです。

 やはり置外で飾る「鯉のぼり」の人気は高く、ベランダに設置できるものが人気。
ベランダの柵に取り付けられるタイプまであるそうです。
室内用もいいですが、空に泳ぐ「鯉のぼり」も素敵ですよね。

室内の場合はデザイン重視、室外の場合は耐久性重視で決める方が多いようです。
そうはいっても種類がありすぎて悩んでしまいそうですね。

まとめ


 季語にもなるほど、5月には欠かせない存在の「鯉のぼり」。
スペースの事情で諦めていた方も、室内用なら飾れそう!
ぜひお気に入りの「鯉のぼり」を探して見て下さいね。

-年間行事, 5月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

立春っていつ?由来や意味は?節分は年に4回もあるの?

 毎年、ニュースで言葉だけは聞いている「立春」、 大体2月初めなのは分かるのですがちゃんとした日付は意識していません。 なんとなくその時期は節分の方に目が行ってしまいがち。 話題としても節分がメインで …

6月2日は「横浜開港記念日」子連れで花火大会を楽しむ穴場情報

  歴史ある港として有名な横浜港、その開港記念日は6月2日。 記念日に合わせて「横浜開港祭」が実施されています。 このお祭りは1981年から「国際デープレ横浜どんたく」として開催され、 翌年1982年 …

「果物狩り」春に子供とお出かけおすすめスポット5選「関西編」

旬の季節にしか楽しめないレジャーの一つである果物狩り、 一度採れたての美味しい果物を食べると癖になってしまいますよね。 普段買い物をするスーパーには売っていない様な品種もあるのが魅力です。 同じ果物で …

「大相撲」力士の給料っていくら?階級で大違い?年金もあるの?

  厳しい大相撲の世界、各場所の結果で階級が決まるのはシビアですよね。 普段は場所中の取り組みしか見る機会がありませんが、 力士の給料体系はどの様になっているのでしょうか。 階級が関係しているのはなん …

猫のイタズラから雛人形を守れ!「やめて〜」オススメ防御法5選

  女の子の宝物として大切にされる雛人形、 いつまでも綺麗な状態で飾っておきたいと思う方は多いはず。 ただその綺麗な姿は興味を引いてしまったりもします。 ペットを飼っているご家庭ではあるあるですよね。 …