お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 5月

「短くていい」母の日のメッセージ!義母に送る感謝の一言7選!

投稿日:


実母にも「母の日」プレゼントを贈っていますが、
結婚されている方は義母にもプレゼントを選んでいる方が多いのではないでしょうか。

必ず必要という訳ではありませんが感謝の気持ちを込めて、
贈り物をした方が余計な角も立たず良好な関係を築けそうですよね。

 贈り物を選ぶだけでも大変ですが、気持ちを伝える為にメッセージカードを添えてみては?
実母には好きな事を書けますが、義母となると内容は悩みそう。
どんな事を書いたら気持ちが伝わるのか、使える一言を7選にまとめてみました。

  

どんなメッセージがいいの?


 メッセージカードを付けるというと、身構えてしまう方も多いと思います。
そんなに格式張った内容にする必要はありませんが、
きちんと伝わる様に手短に気持ちをまとめるのは難しいもの。

どんなメッセージなら気持ちが伝わりやすいのでしょうか?
ポイントとしては、

・手書きで書く
・義母とのエピソードを入れる
・相手を気遣う言葉を入れる

 自分の字に自信が無い方は、印刷されたメッセージカードを使う方もいらっしゃいます。
ただやはり気持ちが伝わりやすいのは、何といっても手書き。
せっかくのメッセージカードなら手書きに挑戦してみましょう。

また定型文は楽ですが、感動は薄くなってしまいがち。
義母のどんな点に感謝しているのか具体的なエピソードが入ると、
より気持ちも伝わり感動してもらえるメッセージになりそうです。

メッセージの最後には相手を気遣う言葉を入れると、
相手への気遣いが伺えると受け取る側としては嬉しいもの。 

気をつけるポイントは?


 内容は悩むにしても、気をつけるポイントはあるのでしょうか?
贈り物とメッセージカードを送るからには、義母にいい印象を与えたいもの。

気をつけるポイントとしては、

・表記は「お母さん」
・旦那さんにも協力してもらう

 義母は表記上、お義母さんが多いものですが他人行儀な印象を与えがち。
「母の日」を考慮するなら「お母さん」でメッセージを書きましょう。

また旦那さんの協力があればなお心強いもの。
例え自分で選んだプレゼントであっても、旦那さんと連盟にして下さいね。

やっぱり実の息子から何もないとなると、母である義母の立場的には少し寂しいものです。
連盟にしてメッセージもチェックして貰えば、もう準備はばっちり!

義母に送る感謝の一言7選!


 そうは言っても、どんな文面にすればいいのか悩むもの。
今回はおすすめの一言を7選で選んでみました。
悩んだ時や文字数が足りない時に参考にしてみて下さいね。

・いつも気遣いやお手伝いありがとうございます。
 お母さんからの助言にいつも助けられています。

・いつも私たち家族を気にかけて下さり、ありがとうございます。
 ○○さん(旦那さん)と一緒に選んでみました、
 気に入っていただけると嬉しいです。

・いつも助けて下さるお母さんに、心ばかりのお返しです。
 お母さんの好きな○○を贈らせていただきます。
 
・いつも素敵なお母さんに似合いそうなものを見つけました。
 よかったら使ってみて下さい。

・お母さんのサポート大変助かっております。
 至らぬ点も多いかと思いますが、今後ともよろしくお願いします。

・日頃何かとお世話になりながら、これといって何も出来ず申し訳ありません。
 これからも良きアドバイスよろしくお願い致します。

・なかなかお会いできる機会に恵まれず、申し訳ありません。
 いつもお母さんが送って下さるお料理やお野菜、家族みんなで美味しく頂いております。
 また今度そちらへ遊びに行かせて下さい。

まとめ


 基本的には感謝の文+エピソード+気遣う言葉があれば、
メッセージカードとしてはまとまった印象になるもの。

なのでそんなに難しく考えることはありません。
素敵なプレゼントとともに、ぜひ気持ちの伝わるメッセージカードを添えて見て下さいね。

-年間行事, 5月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

雛人形を片付ける時の防虫剤の入れ方は?どんな種類がいいの?

女の子のいるご家庭ではお守りとして飾る雛人形。 我が子の成長を見守ってくれる大切な存在となっていますよね。 きっと親御さんや祖父母からお子さんへと贈られた大切なもの、 飾る期間は短いですが長くずっと綺 …

節分の風習や文化!知られざる全国にある地域独特の面白い風習

  節分の行事として現在でも行われている豆まき。鬼を払う事で厄払いをする行事です。 あまり知られていませんが、豆まきの他にも厄払いの行事が存在しています。 行事として地域ごとに異なった面白い風習があり …

イルミネーションでクリスマスのおすすめ場所は?関西近郊で

  冬の寒さが堪える頃には外を出歩くのが億劫になりますね。 しかし、この時期に楽しみなのはクリスマスです。 街中がイルミネーションで飾られるととても煌びやかで、 クリスマスイルミネーションを見るためな …

三社祭(さんじゃまつり)の三社って?なぜ江戸時代から始まった?

江戸っ子のお祭好きは有名な話です。 その遺伝子が根付いているせいか、今でも日本人はお祭好きなのかもしれません。 まだまだ江戸っ子気質が残る東京において有名な「三社祭」、 名前は聞いた事あっても「三社」 …

ハロウィーンで仮装する?子供の衣装を簡単で安く作る方法

10月31日はハロウィーン。最近では、大人も子どもも、仮装するのが当たり前のイベントになってきました。 せっかくのハロウィーン。でも1から衣装を手作りするのは大変。100均アイテムにひと工夫をして、子 …