お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

暮らしの知恵 5月

「自動車税の季節」年間維持費は軽自動車と普通車どっちが得なの?

投稿日:

 
自動車税の季節になると、少し憂鬱になる方も多いのではないでしょうか。
軽自動車ならまだしも、普通車の場合は結構手痛い出費となりますよね。

子供がいる等の理由で大きめの車に乗っている方は特にそう感じるかもしれません。
軽自動車は一律の税額なので、あまり購入時も自動車税を気にしない方が多いでしょう。

 特に最近は車の性能が上がり、燃費が上がっているだけでなく、車の寿命も長くなってきています。
長持ちするのは嬉しいですが、新車登録から13年を超えると待っているのが増税です…。

普通車の場合はもともと高い自動車税がもっと高くなるのかと、
車の乗り替えを検討する方もいらっしゃるほど。

結局のところ年間維持費はどのくらいかかって、
軽自動車と普通車はどっちがよりお得なのでしょうか?

  

軽自動車の維持費は?


 車に乗る為の必要経費だけで考えてみると、

・自動車税   10,800円
・自動車重量税 3,300~4,400円
・自賠責保険  15,520円
・任意保険   120,000円(約10,000円/月として)
・ガソリン代  70,000円
・車検代    29,970円

任意保険は年齢や免許証の色によっても変わりますし、
ガソリン代は年間走行距離10,000kmとして燃費20km/L、ガソリン140/Lで計算。

ざっくりとですが、本当に必要な分だけで合計約25万円
他にも駐車場代や消耗品を入れると約40万円くらいにはなりそうです。

 それでも車社会の場所では車無しでの生活はままならないもの。
できるだけ維持費を安く済ませたい方に人気の軽自動車、どんなメリットがあるのでしょう。

軽自動車のメリットとしては、

・自動車税が安い
・車庫証明不要
・小回りがきく

最近の傾向として軽自動車の車体価格は上がっています。
以前よりお得感は薄れているものの車自体の性能や耐久性が向上している為、
車体としては割高感はあるが年間維持費の安さで相殺され人気を維持しています。

普通車の維持費は?


 軽自動車と同じく必要経費だけ考えてみます。
自動車税や重量税は排気量により違いますので、
今回は人気で乗られている方も多い、排気量1.5Lのコンパクトカーとして計算しています。

・自動車税   34,500円
・自動車重量税 32,800円
・自賠責保険  15,130円
・任意保険   120,000円(約10,000円/月として)
・ガソリン代  93,333円
・車検代    43,050円

ガソリン代は走行距離とガソリン単価は同じく燃費15km/Lで計算すると、合計約34万円。
軽自動車と同じく駐車場代と消耗品が入ると約49万円くらいになりそうです。

 それでもやはり普通車を買うメリットとしては、

・遠乗りも楽にできる
・5人以上乗れる
・耐久性が高い

どっちがお得なの?いくら違う?


 維持費だけで考えるならば、約9万円の差がある軽自動車と普通車。
普通車の排気量が多い場合は自動車税と重量税もそれに伴って金額が上がります。
そうなると、その差は約10万以上とも言えるのです。

維持費だけを見ると軽自動車の方が魅力的に見えますが、
結局お得かどうかは生活環境によって左右されるのでなんとも言えません。

家族が5人以上なら、普通車が1台は必要になる事が多いでしょう。
逆に独身のうちは軽自動車でも事足りる場面が多いのではないでしょうか。

 また新車登録から13年経つと税金が上がる問題もあります。
軽自動車は10,800円から12,900円と増加分もそこまでの金額ではありません。
普通車は34,500円から40,000円と一気に上がった様に感じます。

ただ、この場合もやっぱり普通車だからお金がかかるというイメージは間違いです。
普通車でもハイブリット車や電気自動車等のエコカーを購入した場合には増税はありません
むしろ減税措置の減税率は軽自動車より良いと言えるのです。

まとめ


 13年経過時の増税はよく自動車の買い替えを促す為に用いられますが、
結論は買い替えよりも長く乗り続ける方がお得。

自分のライフスタイルにあった車を長く乗り続けるのが一番の得となるのです。

-暮らしの知恵, 5月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

紫外線対策の帽子!どんな色や形がダメージを抑えてくれる?

  夏の連日の猛暑は年々厳しくなっている様に感じますよね。 日差しもジリジリと照りつけるので、外でお仕事をされている方は辛い時期と言えます。 また女性にとっても紫外線は大敵。 老化の原因とも言われる紫 …

カビ取りでお風呂の天井を安全に煙で取る方法は?おすすめは?

梅雨のじめじめした時期が終わると、 ちょっと浴室が黒ずみが気になってきますよね。 気になる度に掃除をしても、 ふと見るとまた黒カビが発生してる。 そんないたちごっこをしてる奥様は多いと思います。 なぜ …

キャンプで簡単な虫よけの方法は?強力でおすすめなのは何?

 夏のキャンプシーズンに向けてもう準備を始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか?BBQセット、テントなど道具の準備はもちろんですが虫除け対策は考えていないという方は要注意です。 キャンプ場にい …

ゲリラ豪雨の仕組みは?車の運転中はどんな行動取ればいいの?

深刻な災害が毎年起きている昨今、 ゲリラ豪雨という言葉もよく聞くようになってきました。 注意すべき集中豪雨として使われる言葉ですが、実は正式な気象用語ではありません。 従来からあるにわか雨や集中豪雨を …

猫のイタズラから雛人形を守れ!「やめて〜」オススメ防御法5選

  女の子の宝物として大切にされる雛人形、 いつまでも綺麗な状態で飾っておきたいと思う方は多いはず。 ただその綺麗な姿は興味を引いてしまったりもします。 ペットを飼っているご家庭ではあるあるですよね。 …