お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 5月

「愛鳥週間のポスター作成」過去の受賞作品から見たオススメの鳥とは?

投稿日:


 よく学校の課題となる「愛鳥週間」のポスター。
鳥を描く機会もそのポスターくらいですから、何を描くか困りますよね。

課題だから何か書かなくてはいけないけど、鳥と言っても種類は様々。
過去の受賞ポスターからよく描かれている鳥をリサーチしてみました。

 また子供でも描きやすいおすすめの鳥も調べてみました。
種類によっては難しい鳥もいますし、ポスターなら色合いも重要。
モチーフに困った際には参考にしてみて下さいね。

  

「愛鳥週間」って何?いつ?


 そもそも「愛鳥週間」とは何なのでしょうか。
どういった趣旨でいつ開催されているのか調べてみました。

「愛鳥週間」は5月10日~16日までの一週間。
野鳥保護連絡協議会によって1950年より設けられた期間で、
野鳥の活動が活発となる時期に野鳥保護の思想を普及させること目的としています。

 ポスターでも有名な「愛鳥週間」、ポスターのコンクールは1968年から開催されています。
コンクールの正式名称は「愛鳥週間用ポスター原画コンクール」。

コンクールの目的は「制作過程を通じて野性鳥類についての保護思想を高めるとともに、
愛鳥週間(毎年5月10日~16日)の普及啓発に努めること」とされています。

対象となるのは全国の小・中・高校の児童・生徒となっています。
まずは都道府県ごとに作品が集められ、審査が行われます。
そのため、締め切りも都道府県によって異なっているので注意して下さい。

最終的には、日本鳥類保護連盟へ作品が集められます。
その後にまた審査が行われ、受賞作品が決定されるのです。

過去受賞している鳥は?何?


 直近の受賞ポスターはHP上から確認する事ができます。
受賞のコメントも掲載されているので、入賞を狙う際には参考にしてみてはいかがでしょうか。

もっと過去の作品についても、Web上で閲覧する事ができます。
各都道府県の入賞作品も含めチェックしてみた所、
よく登場する鳥としてはメジロ・ツバメ・スズメ・ウグイス・ハクチョウ・フクロウなど。

 やはりモチーフとして選ばれやすいのは、身近にいる野鳥。
「愛鳥週間」のポスターにおいては野鳥・環境保護を目的としているので、
野鳥そのものの描写のみならず野鳥の住処となる環境を表す背景も審査の重要ポイントとなるのです。

保護の必要性がある環境背景を描きつつ、上手く野鳥を描写すると良いポスターになりそう。
そうはいっても野鳥についてそこまで詳しい方も少ないので、
何を描こうかについては悩みますよね。

子供におすすめの鳥は?


 子供が描いて楽しい・面白い鳥といえば、やっぱりカラフルな鳥
または何かしらの特徴のある鳥は描きやすいと思います。
そんなおすすめの鳥をご紹介します。

・カワセミ

青い宝石と呼ばれる、鮮やかな水色の体と長いくちばしが特徴的な鳥。
水辺に生息しており、都市部にも現れますが水質汚染はカワセミの天敵。
生活排水や工業排水の影響から都心から姿を消した時期もありますが、
現在では水質改善により都市部にも現れる様になっています。

・トキ

学名が「ニッポニア・ニッポン」のため、日本を象徴する鳥とも呼ばれています。
薄いピンク色の淡い朱色、トキ色とも言われる独特の色合いが美しい鳥です。
皮肉にもその美しい羽や食用として乱獲され、
ありふれた鳥だったトキが日本国内において野生絶滅してしまいました。
現在は新潟県佐渡市において繁殖活動が行われています。
人間の都合で国内では絶滅してしまった可哀想な鳥と言えますね。

・オオルリ

名前の通り雄は背中から尾まで光沢のある綺麗な瑠璃色の鳥。
ウグイス、コマドリと並び日本三鳴鳥として、美しい鳴き声でも知られています。
渡り鳥で日本には4月下旬頃に渡来し、山間や渓流沿いの森林に生息しています。
レッドリスト入りしているほど、今では数が少なくなっています。
綺麗な瑠璃色のふっくらした羽とお腹の真っ白な羽のコントラストが可愛い鳥です。

 他のおすすめとしては自分が住んでいる都道府県の鳥などはどうでしょうか?
そこでしか観測されていない野鳥もいるので珍しさもありますし、
何より地元ならその野鳥のバックグラウンドもポスターに描きやすいもの。

自分の都道府県の鳥やレッドリストを調べてみると、
ポスターのモチーフとなる野鳥を決めるヒントが見つかるかもしれません。

まとめ


 野鳥というと地味なイメージかもしれませんが、
様々な種類の鳥が色々な自然環境の中で生息しています。

生態や形態を調べると意外と勉強になりますよ。
普段は調べない野鳥について、「愛鳥週間」に調べてみて下さいね。

-年間行事, 5月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

果物狩り(味覚狩り)5月に子供とお出かけスポット5選「関東編」

5月といえばゴールデンウィークです。 子供がいるとお出かけスポットにも悩みますよね。 大人だってせっかくの連休ですから、 家族サービスもしつつ自分も休暇を楽しみたいもの。 わがままを言うならば、楽しい …

天皇陛下の正月の一般参賀はどこで何時あるの?見れるのかな?

 新年のニュースでも取り上げられる一般参賀の様子。 朗らかな笑みを湛えた皇族の方々のお姿がニュース映像でも伝えられますね。 天皇陛下によるお言葉もあり、新年の喜びを述べられています。 お言葉を聞くと、 …

雛人形を買う時、屏風の選び方は?豪華に「金」?他に種類は?

雛人形を購入の際は多くのご家族が悩みながら決めています。 今風のものから古風なものまで沢山の種類がありますよね。 段飾りや親王飾りなどスペース的な問題も出てくるかもしれません。 意見が割れて喧嘩にも発 …

入園式で失敗しないママの服!靴は?ヒールの高さはどれ位?

  小さかった我が子もいよいよ保育園・幼稚園デビュー。 その節目となる入園式は親も子供も緊張してしまいますよね。 これからお友達になるお子さんとその親御さんとの顔合わせの場でもあり、 そこまでお堅い式 …

小春日和っていつのこと?意味や使い方は?逆の日はなんて言うの?

 春の晴れた暖かい日差しの日は小春日和だなぁと感じますね。 もしかしたら口に出した事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、実はこれ間違った使い方なんです。 だって春って言葉が入っている …