お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

9月 年間行事

お彼岸に墓参りに行く意味って?正しい服装やお供え物は何?いつ行けば良いですか?

投稿日:2018年6月24日 更新日:

お彼岸の時期が近づいてきましたね。

この時期になると家族と共にお墓参り行くのではないでしょうか。
しかしながら「そもそもなんでお彼岸にお墓参りに行くの?」と
疑問に思った方ことがあるのではないでしょうか?

そんな方々の為に
「何故お墓参り行くのか?」

「正しい服装やお供え物は?」

「いつ頃に行くのが正しいの?」

といった上記の内容の疑問を解決していきます。
———————–

  

お彼岸って何?お墓参りする意味とは?

お彼岸とは簡単に説明しますと「ご先祖様や家族、自然に感謝する」と意味を込められた期間になっています。

その為、この期間は自然やご先祖様に感謝を込めてお墓参りに行くのが一般的になっています。

いつ頃に行くのが正しいの?

「春分の日」、「秋分の日」の前後3日間がお彼岸の期間になっています。

2018年の秋分の日(9月23日)で例えると
9月20日〜9月26日がお彼岸の期間となります。

また、お彼岸期間中は初日の事を「彼岸入り」、終日を「彼岸明け」、秋分、春分の日を「中日」と呼んでおり、
中日を挟んだ前後にお墓参りに行くのが一般的となっております。

ご先祖様のいる場所を「彼岸」、私たちの場所を「此岸」といい
彼岸は西に、此岸は東に位置するとされており、この時期はお日様が真東から上り、真西に沈んでいくので、
もっともご先祖様と気持ちが通じやすくなる日とされています。
その為、昔からこの時期になるとご先祖様の供養をするようにしてます。

現在ではお彼岸の期間内にお墓参りに行く人や、中日に家族で行く人などが多いです。
中日などの混雑する日を避けて行く人も少なくはありません。

お彼岸には家族全員でお墓参りに行ける日を1日でも作っておくと良いですね。

どんな服装で行けば良い? 花とかお供えする物に決まりはある?

何か法要がある場合、礼服を着ていくのが一般的ですが、お墓参りだけであれば、
普段お墓参りに行く服装で構いません。
親戚と行ったりする場合は、あまり派手すぎる服装は控えるべきでしょう
ケースバイケースの服装を心がけるとよいです。

また、花やお供え物には基本的決まりはありませんが
お彼岸に白や淡色の花(白百合やカーネーション)などの清楚な印象を与える種類をお供えすることが主流です。
季節にあった綺麗な花をお供えしてあげるのも問題ないでしょう。

また、春分の日には「ぼたもち」や秋分の日は「おはぎ」といったお供えをするのが一般的です。
春の日には「牡丹(ぼたん)」の花が咲いて、秋には「萩(はぎ)」の花が咲く為に
作られたのが由来です。

ぼたもちやおはぎは「あずき」を使った食べ物ですが、あずきは昔から「悪いことを追い払う効果」が
あるとされてきました。
その為、この時期にお供え物として使用されたり、食べたりします。

先祖が好きだった食べ物をお供えしてあげるのも問題ありません。

ご先祖様への気持ちを込めた、お供えが一番大切です。
その気持ちを忘れないようにしてお墓参りしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
お彼岸の期間中は何事にも、感謝を忘れずに過ごしたいですね。
ご先祖様に感謝の気持ちを込めて、お墓周りや普段掃除しない場所を掃除したり、
お墓を磨いてあげたりといった事をしてあげましょう。

また家族にはおいしいご飯を作ったり、普段してあげれない事をしてあげる家族サービスをして
普段支え合って生活している家族へ感謝の気持ちを伝えましょう。

お彼岸は家族やご先祖様、自然に感謝を忘れずに過ごせるといいですね。

昔からずっとあるお彼岸ですが、ご先祖様の供養を行い、自然や家族に感謝する
日本の行事、風習は変わらずに残していきたいものです。

-9月, 年間行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

カレーの日っていつ?子供が喜ぶアレンジメニューはある?

  苦手な人が少なくみんな大好きなカレーは食卓の定番メニューです。 特に子供がいるご家庭ではよく食べられているのではないでしょうか。 子供も大好きなので、野菜が入っていても食べてくれますし、 野菜嫌い …

秋の七草の子供でも分かる覚え方ってある?見つけ方は?

「春の七草」を知っている方は多くいらっしゃいますが、 実は「秋の七草」もあるのは知っていましたか? 「春の七草」ならスーパーで売っているのを見たけど、 秋は見かけないから分からないという方が多いと思い …

五月人形はどう処分すればいいの?供養するの?捨て方は?

子供の健やかな成長を願い、飾られる五月人形。 子供も小さいうちは飾らないと早く飾って!と言うくらい、 季節の行事として大切にしているご家庭が多いですよね。 ただ子供が成長していくに連れて、行事としての …

猫のイタズラから雛人形を守れ!「やめて〜」オススメ防御法5選

  女の子の宝物として大切にされる雛人形、 いつまでも綺麗な状態で飾っておきたいと思う方は多いはず。 ただその綺麗な姿は興味を引いてしまったりもします。 ペットを飼っているご家庭ではあるあるですよね。 …

クリスマスの起源や由来って?サンタクロースはどこから来るの?

  最近では11月からクリスマスの雰囲気が高まりますね。 街中がイルミネーションやクリスマスカラーに染まっていくと、 子ども達はあといくつ寝たらクリスマスか指折り数え始める頃でもあります。  そもそも …