お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 5月

五月人形はいつからいつまで飾るの?メンテナンスの仕方は?

投稿日:

 
後継となる男の子が誕生すると待ち遠しいのが初節句です。
父方、母方どちらのご実家も盛大にお祝いしたいと思いますよね。

端午の節句といえば「鯉のぼり」と「五月人形」
ご夫婦が子供の為に購入する場合もありますが、
どちらかのご両親、特に母方のご両親から贈られることが多いです。

 ひな祭りは雨水の日に飾ると良いとされていますが、
「五月人形」はいつから飾り始めればよいのでしょうか?

また片付けるのはいつ頃なのか、よく分からないですよね。
雛人形の様に片付けが遅れると結婚が遅れると聞きますが、
五月人形も片付けが遅れると良くない習わしがあるのでしょうか?

そんな五月人形を飾る時期やメンテナンスについて調べてみました。
いつも飾る時期を迷うという方は参考にして見て下さいね。

  

五月人形いつから飾る?いつまで?


 一般的には春分の日を過ぎてからが五月人形の飾り時
日柄にこだわる必要はありませんが大安、友引に飾る方が多いようです。

また他の説によれば、春分から約二週間後の清明に飾るとよいとも言われています。
いろいろな説があり一概には言えませんが、春分の日が目安となりそうですね。

 初節句の場合はちょっと早めに春のお彼岸が過ぎてから飾ってよいとされています。
ちょうど端午の節句のコーナーができるのもこの時期。
初節句の場合は、早めに購入しすぐに飾ってもよさそうですね。

本来の由来の一つとして江戸時代から戦が無くなり、
使用しなくなった兜や鎧を梅雨入り前に虫干しをした事が五月人形の起源と言われています。
日柄と気候を選んで、気持ちよく五月人形を飾ってあげて下さい。

 また片付ける時期についても諸説有り、
5月5日を過ぎるまで、梅雨入り前まで、旧暦の5月5日である6月5日まで等様々。

迷う方は5月5日を目処に片付けてあげて下さい
ひな人形の様に遅れると…という習わしは特にありません。
ただ節句という節目の飾りなので、先延ばしせず早めに片付けましょう。

片付け時の注意は?何をする?


 飾りを出す時も片付ける時も気を付けてもらいたいのが、天候です。
できるならどちらも晴れた日に行って下さい。

ひな人形もそうですが、五月人形にとっても湿気は大敵。
気を付けないと保管している間、カビやサビがどんどん進行しているかも・・・。

保管場所も湿気の少ない上の階、部屋の上の方に保管してあげて下さい。
高い位置の方が湿気も少ない事が多いので、場所選びのポイントになります。

 片付ける際に人形と一緒に防虫剤も忘れずに入れて下さい!
人形にも布や木が使われている部分があり、そこへ虫が卵を産んでしまう場合もあります。

せっかく高い五月人形を購入したなら虫食いは避けたい所です。
人形用の防虫剤はスーパーやドラッグストアで簡単に入手できますので、
大切な人形を守る為にも必ず入れてあげましょう。

壊れた時のメンテナンスは?


 どんなに大切にしていても壊れてしまう時もありますよね。
長年飾っている場合には、経年劣化によるサビも出てきてしまいます。

そこまで重大な破損で無ければ、そのまま飾るという方が大半でしょう。
それでも大切な五月人形ですから、できるならメンテナンスしてあげたいもの。

 自分でできるメンテナンスは保管時の注意や掃除程度です。
その他の修理や修繕といったメンテナンスは必ず人形師さんへお願いしましょう。

一口に五月人形といっても、作りは様々。
販売元へ修理依頼をするのが一番良い方法となります。

人形問屋さんで購入したものであれば、比較的修理も可能な場合が多いでしょう。
デパートなど販売のみの所で購入したものは、修理を請け負う人形修理の職人がいらっしゃいます。

メンテナンスをしたいがどうしたら良いのか判断しかねる場合は、
一度修理職人の方へ修理可能か判断を仰いでみてもいいかもしれませんね。

まとめ


 子供の成長を見守ってくれる五月人形はお子さんの分身の様な存在。
大切に丁寧に保管、メンテナンスをしてずっと綺麗な状態を保ってあげて下さいね。

-年間行事, 5月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏休みに子供とお出かけ!2019 おすすめイベント7選「関東編」

  子供たちが心待ちにする長期連休。 なんといっても夏休みは約1ヶ月もお休みがあります。 ある程度は遊びに行く場所もあるものの、 長期連休ともなるとお出かけ場所はマンネリ化しがち。  けれどせっかくの …

クリスマスのプレゼント。小学生が交換して喜ぶのは?おすすめは?

 楽しいクリスマスパーティーを企画されている方も多いと思いますが、 クリスマスのお祝いっていろんな所で企画されますよね。 保育園・幼稚園、学校、職場、地域でいろんな所でクリスマスを祝います。 楽しい楽 …

とっておき!バレンタインの装飾を手作り !ガーランドで大変身

 お部屋も季節によって模様替えする方もいらっしゃいますよね。 クリスマスくらいしか飾り付けをしない方もいるかもしれません。 部屋に装飾をしてもイベントが終わったら片付けもあるし面倒。 それにセンス良く …

京都の紅葉ライトアップでおすすめはどこ?穴場はないかな?

木々が美しく紅葉しているのを見ると秋を感じますよね。 紅葉している風景はどこで見ても美しいものですが、 特に京都は世界に誇れる日本屈指の紅葉スポットがいっぱいあります。  有名なスポットからゆっくりと …

「ボーリングの日」由来は?日本発祥の地はどこ?9本だった?

日本においても馴染み深いスポーツのボウリング。 スポーツとしても行なわれていますが、娯楽としても人気です。 老若男女が一緒に行えるという点においては珍しい競技でしょう。 ピンを狙ってボールを投げるとい …