お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 5月

「果物狩り」春に子供とお出かけおすすめスポット5選「関西編」

投稿日:


旬の季節にしか楽しめないレジャーの一つである果物狩り、
一度採れたての美味しい果物を食べると癖になってしまいますよね。

普段買い物をするスーパーには売っていない様な品種もあるのが魅力です。
同じ果物でも品種が違うと、見た目も味も全く違うもの。

 果物狩りに出かければ、品種の食べ比べも楽しめます。
マイナーでも美味しい品種はたくさんあります。
もしかしたら、果物狩りでお気に入りの品種が見つかるかもしれませんよ

お子さんと一緒に果物がどう実っているのかを見られるのも醍醐味のひとつ。
いい食育のきっかけになるかもしれませんね。

今回は関西で春にできる果物狩りとして「いちご」にスポットをあてて、
おすすめスポットをまとめてみました。

  

果物狩りの注意点は?何?


 まずお出かけ先を選ぶ際は、いちごの栽培方法をチェックしておきましょう。
最近では気軽にいちご狩りを楽しめる「高設栽培」が主流となっています。

私たちが普通イメージする畑に生えている状態は、「土耕栽培」という栽培方法です。
昔は「土耕栽培」が多かったのですが、果物狩りの際に土がついて汚れる。
しゃがまないと収穫できない事が気軽に楽しみたい方にとっての難点となっていました。

 そこで増えてきたのが「高設栽培」で土の代わりに人工培養土を利用し、
地面より高い位置に棚を設けて栽培する方法となっています。

この「高設栽培」なら果物狩りもしやすく、汚れる心配がありません。
また以前いちごは5月までしか採れませんでしたが、
栽培方法の変化により発育が良くなり収穫量も増えた事で6月まで採れる様になりました。

ただ栽培方法や収穫時期は農園によって差があります。
予約の必要のない農園であっても、事前の確認はして下さいね。

 他の注意点としては、トッピングの有無も事前に確認して下さい。
練乳をトッピングとして渡してくれる農園もあれば、持ち込みOKの農園もあります。

せっかく美味しいいちごを食べるなら、より美味しくいっぱい食べたいですよね?
味を変えるとまた違った美味しさがありますので、ぜひ確認してみて下さい。
トッピングとしては、練乳・チョコレート・ココアパウダー等がおすすめ。

春はやっぱりいちご!採り方は?


 美味しいいちごと言えば、赤く熟したもの。
見た目で食べ頃がすぐ分かるので、お子さんでも安心ですね。

ただもっと熟した甘いものが食べたい場合は、タネに注目して下さい。
いちごは熟すと身が更に膨らみます。
タネが身に埋まる様に身が膨らんだものは更に甘く美味しですよ。

形も丸いいちごを選んで下さいね。
ヘタが反り返っているいちごがあったら、完熟の印です

すぐに収穫してあげて下さい。

 次にいちごを採る際は、強く引っ張ってはいけません。
苗を痛めてしまと次の年はいちごが成らなくなる恐れもあるのです…。
農園の方が丹精込めて育てているいちごですから優しく扱いましょう。

いちご狩りに力は必要ありません。
熟しているいちごなら軽く持ち上げるだけで十分!

ヘタを上に持ち上げると、自然にプチっとヘタの部分で切れますよ。
ハサミを使う場合は茎をちょっと残す程度で切り取りましょう。

果物狩りのおすすめスポット5選!


 おすすめスポットも5選として選んでみました。
どこも果物狩りで人気ですので、チェックして見て下さいね。

・おさぜん農園

京都府八幡市にあるいちご農園。
14棟ものハウスを有し、12~6月中旬までいちご狩りを楽しめます
高設栽培であるのはもちろん、炭酸ガス装置といった最新設備も導入され
糖度を高める工夫をしている農園です。

・農園 紀の国

和歌山県御坊市にある農園。いちごやメロン狩りを楽しめます。
春はいちご狩りができ、1月上旬~5月中旬がシーズン。
「まりひめ」「さちのか」「章姫」といった品種を栽培しており、
高設栽培なので車椅子・ベビーカーもOK。ゆっくりといちご狩りを楽しめますよ。

・サクラファーム

和歌山県紀の川市にあるいちご農園。
「さちのか」「かおり野」「紅ほっぺ」「まりひめ」の4品種を栽培しています。
1月~5月中旬までいちご狩りを楽しめます。
普通の高設栽培ではお子さんが採りにくい高さになっていますが、
高設栽培かつベット回転方式を採用しておりお子さんが採りやすい高さになっています。
目の前にいちごがあるので、小さなお子さんも楽しくいちご狩りができますよ。

・針T・R・S ベリーファーム

奈良県奈良市にある観光農園。いちごやブルーベリー狩りが楽しめます。
いちごは狩りは12月下旬~6月まで楽しむことができます。
西日本最大規模を誇る広い園内において、ガラス温室で育てられています。
道の駅内部にある施設なので、設備もアクセスも良く人気スポットです

・淡路島フルーツ農園

兵庫県淡路市にある農園。一年を通して果物狩りが楽しめます。
いちごは狩りのシーズンは11月~6月まで。
こだわりの土耕栽培で大粒で甘いいちごが収穫できます。
園内のカフェでは果物を使用したケーキが人気です。

まとめ


 果物狩りの定番であるいちご狩りはお子さんでもできるので、
家族みんなでお出かけして美味しいいちごを食べて見て下さい。

やっぱり自分で採ったものは格別に美味しいはず。
果物狩りで旬の味覚を思いっきり堪能しましょう。

-年間行事, 5月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

年末ジャンボ 宝くじ買い方はどうする?当たりやすい売り場は?

 家族でも「もし宝くじが当たったら」なんて話した事ありませんか? 家を建てる、高級車を買う等など高額当選したらのもしも話に華がさきます。 高額当選した人は運が良かったから!と諦めつつも、 なんとなく買 …

「清明」読み方は?意味は?いつ?子供に分かりやすく説明してみよう

カレンダーを見ているとたまに「ん?」と思う事も多いですよね。 現在ではあまり話題にならない日もきちんと記載されており、 何の日だか分からない日があるのも仕方のない事です。 ただ子供に聞かれた時だけは、 …

お歳暮を義両親に送る時にいつ頃送る?手渡しにする方がいい?

  年末も近づいてくると、お歳暮の準備をする方は多いと思います。 毎年だいたい誰に贈るか決まっている事が多いですよね。 またもう贈る品物も決まってるなんて方もいらっしゃるかもしれません。  お歳暮とは …

立春っていつ?由来や意味は?節分は年に4回もあるの?

 毎年、ニュースで言葉だけは聞いている「立春」、 大体2月初めなのは分かるのですがちゃんとした日付は意識していません。 なんとなくその時期は節分の方に目が行ってしまいがち。 話題としても節分がメインで …

小正月の意味とは?由来は?どうしておしるこを食べるの?

  お正月にはお馴染みの鏡餅も小正月になると鏡開きを行います。 おしるこにして食べているご家庭も多いのではないでしょうか。 寒い時期に暖かいおしるこは堪らないですよね。 冷え切った身体に甘さが染みわた …