お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

6月 暮らしの知恵

「梅雨」はなぜ梅って書くの?別名は?毎年来るのはどうして?

投稿日:

 
梅雨入りのニュースが流れると憂鬱になる方も多いもの。
じっとりと雨ばかりが続くので、気分的にも滅入ってしまいますよね。
主婦にとっても洗濯物が乾かないし、カビは発生するし嫌な季節です。

それでも梅雨時期の雨が無いと困るのも事実。
梅雨にちゃんと雨が降ってくれないと、夏場は水不足となる恐れもあります。
貯水ダムや溜め池へ水をもたらしてくれる大切な存在でもあるのです。

 そんな梅雨はなぜ「梅」に「雨」で「つゆ」と書くのでしょう?
また梅雨以外の別名もありますが、どんな別名があるのでしょうか?

憂鬱だけど無くてはならない存在の梅雨について勉強してみましょう。

  

「梅雨」はなぜこの漢字?


 「梅雨」と書いて「つゆ」ですが、「ばいう」とも読みます。
なぜ「つゆ」にこの漢字が使われる様になったのでしょうか。
その理由を調べたら様々な説がありました。

・この時期は梅の実が熟す頃であることからという説
・この時期は湿度が高くカビが生えやすいことから
 「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、これが同じ音の「梅雨」に転じたという説
・「毎」日のように雨が降るから「梅」という字が当てられたという説

 どれが明確な由来となっているのかは定かではありません。
中国や台湾でも「梅雨」(メイユー)と言われています。

昔は中国でも日本と同じく「黴雨」の文字を使っていた事があるそうです。
また梅が熟す時期の雨という意味で「黄梅雨」とも言われているそう。

 日本だけでなく東アジア独特の気候であるので、
他の国でも同じ様に季節によるお馴染みの長雨として親しまれているのですね。

「つゆ」の別名は?何?


 「梅雨」として知られている6月特有のジメジメとした長雨。
別名としては「五月雨」(さみだれ)とも呼ばれたりしますね。

6月頃なのに「五月雨」と呼ばれるのは、旧暦と現在の暦では約1ヶ月のズレが生じているから。
同じ五月がつく言葉である「五月晴」(さつきばれ)は本来、梅雨時期の晴れをさす言葉なのです。

今と月のズレがあるので分かりにくいですが、天気は今も昔も大切な情報。
それを表す為の言葉もずっと昔から使われていたのですね。

 また「五月」は私たち日本人にとって重要な田植えの季節でもあります。
「さつき」の「さ」は田の神の事で、昔はこの時期に田植えをしたので「さつき」と呼ばれたようです。
生活に直結する田植えの重要性を鑑みて、月の名前もそれに由来するものになっているのです。

なぜ毎年梅雨があるの?


 毎年同じ時期に梅雨が訪れるのは、性質の違う気団が季節の移り変わりと共に訪れるから。
東アジアで同じく起こりますが場所により気団が異なるので、
同じく梅雨といっても状況としては若干異なり温度や気象に変化があります。

日本においては、北からのオホーツク海気団と南の小笠原気団が接近します。
気団により温度差があるので、その温度差により停滞前線が形成されます。

 その際にできる停滞前線こそが、梅雨をもたらす梅雨前線なのです。
この梅雨前線は次第に日本列島を北上して行きます。
沖縄から梅雨入りが始まり、北海道に行く頃には前線が無くなります。

梅雨前線の動きによって梅雨入りや梅雨明け時期は左右されますが、
大体は約1ヶ月程度で梅雨時期は終了します。

例年起こっている梅雨入りと梅雨明けですが、
数年に一回程度の確率でどちらも時期の特定や発表がされない年もあります。

気団のせめぎあいによって起こるものですので、
バランスの崩れや他の気圧によって影響を受けることもあります。
天気予報といっても当たらない時もありますし、予測できないのも仕方ないですよね。

まとめ


 嫌な梅雨時期もなぜ起こるのかというメカニズムや由来・意味が分かれば、
少しは憂鬱さも減るかもしれませんね。

日本に潤いを与えてくれる梅雨、少しは感謝しないとかもしれません。

-6月, 暮らしの知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

福袋で子供服のおすすめは?ハズレを引かないコツはある?

  お正月といえば初売りが楽しみの方も多いですよね。 人ごみはすごいですが、何より初売りの醍醐味と言えば福袋です。 何が入っているか分からないドキドキ感はあるものの、 金額以上の品物がGetできるチャ …

雛人形を片付ける時の防虫剤の入れ方は?どんな種類がいいの?

女の子のいるご家庭ではお守りとして飾る雛人形。 我が子の成長を見守ってくれる大切な存在となっていますよね。 きっと親御さんや祖父母からお子さんへと贈られた大切なもの、 飾る期間は短いですが長くずっと綺 …

父の日に感動させる!妻から夫へのサプライズプレゼント5選

子供の頃は実父へのプレゼントを贈る日であった「父の日」、 結婚してからは夫へ日頃の感謝を込めてプレゼントを贈る方もいらっしゃいます。 疲れて帰ってくる旦那さんが喜んでくれる様なプレゼントを贈りたいです …

梅雨の時期でもランニング!雨で体調を崩さない練習のコツ5選

日常的にランニングを行っている方にとっては憂鬱な梅雨時期。 走る意欲はあっても、天候を考えると躊躇してしまいがちですよね。 それでも自分の練習ペースをこなさないといけない方もいるでしょう。 特にマラソ …

扶養控除って子供はどうなるの?扶養で何が変わる?

会社員の方は、毎年年末になると年末調整の用紙を渡されるかと思います。 共働きのご夫婦は子供をどちらの扶養に入れるか悩む方もいるのではないでしょうか。 お子さんが生まれた際にも、どちらの扶養に入れるか悩 …