お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

6月 暮らしの知恵

梅雨の洗濯物をカラッと上手に乾かす!部屋干しのコツ7選

投稿日:


じめじめと湿気の多い梅雨時期は洗濯物が乾かず困りますよね。
どうしても乾かさなきゃという時は乾燥機も使いますが、
そうなるとやっぱり気になってくるのが電気代の問題です。

全部乾燥機を回してもいいですが、コインランドリーは大変だし…。
家の乾燥機なら入れられる容量も限られていますよね。
どうしても何か部屋干ししないと、洗濯が間に合いません。

 部屋干しにつきものなのが、生乾きによるあの嫌なニオイ。
経験して部屋干しはできるだけしないと決めている方も多いですよね。

そんな嫌なニオイを防止し、洗濯物を上手く乾かすコツを調べてみました。
梅雨時期には部屋干しも避けられません、コツを学んで上手洗濯物を乾かしましょう。

  

部屋干しのニオイ、何が原因?


 嫌な部屋干しのニオイは何が原因なのでしょうか?
梅雨時期は湿気も高く、乾きにくいのが原因なのでしょうか?

直接の原因となっているのは雑菌です。
雑菌が繁殖する事によってあの嫌な部屋干し臭が発生しています。

 雑菌が繁殖するのを抑えれば、嫌なニオイも防げることになります。
雑菌の餌になるのは汚れ、垢や皮脂が洗濯物に残っていると雑菌が繁殖しやすくなります。
また生乾きも雑菌の繁殖にとっては好都合。

原因が分かると防ぐのは簡単です。
雑菌の繁殖を防ぐべく、餌となる汚れと水分を取り除けばいいのです。
コツとしてはしっかり汚れを落として、早く乾かすこと。

干す前の注意点は?どうするの?


 それなら具体的にどうすればいいのかについて説明します。
まずは洗濯をする前から雑菌の繁殖を防ぎましょう。

洗濯物をカゴや洗濯機内に溜め込んで洗濯している方、
通気性の良いカゴならいいですが、そうでないならば雑菌を溜めている状態です。
すぐにやめましょう!濡れたものは更に別に分けておきましょう。

 脱いだ服をどうしても溜める事になるならば、
除菌・消臭スプレーを吹きかけておくのがおすすめです。

また洗濯機内に雑菌が残っているとせっかく洗った洗濯物も台無し。
蓋をあけて洗濯機も換気し、洗濯槽もクリーナーで定期的にクリーニングして下さい。

 洗濯時にもちゃんとコツがありますよ。
汚れが目立つ洗濯物は40度以上のお湯でしっかりと汚れを落としましょう。

つけ置き洗いも有効な方法です。
酸素系漂白剤でつけ置きすれば、皮脂汚れもすんなり落ちてくれます。

この2つの方法はニオイを消す際にも有効なので、
部屋干し臭のニオイが付いてしまった時にも試してみて下さいね。

部屋干しのコツ7選!


 今は部屋干しのニオイを防ぐ道具もたくさん販売されています。
上手くつかって部屋干しも気にせずカラッと乾かしてしまいましょう。

・部屋干し用洗剤を使う
・部屋干し用の柔軟剤を使う
・扇風機を使う、窓を開ける
・除湿機を使う
・部屋の通気性の良い場所に干す
・洗濯物同士の間隔を広くする
・エアコンを使う

 先程も述べましたが、部屋干しのコツはとにかく早く乾かすこと。
通気性をよく、室温を上げてより洗濯物が乾きやすい環境を整えましょう。

それでも環境的に不安な場合は部屋干し用の洗剤・柔軟剤が便利です。
洗剤は洗濯物だけでなく、洗濯槽の汚れや雑菌まで防いでくれます。
柔軟剤も専用を使えばW効果で洗濯しながら効果も実感できそうですね。

 洗濯物を干す位置も大切です。
室内の風通しよく、通気性のよいポイントを見つけて下さい。
空気が淀みやすい隅よりも、部屋の中央がおすすめです。

まとめ


 ちょっとしたコツで簡単に部屋干しの嫌なニオイは防げるもの。
梅雨時期だけは手間かもしれませんが、除菌や消臭対策が必要になります。

今回ご紹介したコツのうち、取り入れやすいものからチャレンジ!
いろいろな対策を組み合わせると、より効果的ですのでぜひお試し下さい。

-6月, 暮らしの知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

クリスマスのオーナメントを子供と手作りしたい。簡単な方法は?

12月が近づいてくると、 もう街中がクリスマス一色になってきますね。 気が早いもので11月にはもうクリスマスカラーがちらほら。 クリスマスツリーのオーナメントも色とりどりで綺麗ですよね。  そんな毎年 …

雛人形を片付ける時の防虫剤の入れ方は?どんな種類がいいの?

女の子のいるご家庭ではお守りとして飾る雛人形。 我が子の成長を見守ってくれる大切な存在となっていますよね。 きっと親御さんや祖父母からお子さんへと贈られた大切なもの、 飾る期間は短いですが長くずっと綺 …

女性の為の引っ越しやる事リスト!準備や手続き忘れちゃダメ!

 考えるだけで大変そうな引越し作業、やる事は山のようにあります。 事前準備から事後の手続きに至るまで実際には何をしてよいのやら…。 独身時代は単身で身軽に引越しできましたが、 家族での引越しの場合には …

夏至っていつ?意味や由来は?子供に分かりやすく説明するなら?

カレンダーにも記載がある夏至、子供に聞かれることもありますよね。 1年で1番日の長い日なんだよ、と説明してもきっと子供は?顔でしょう。 なんでそうなるの?と聞かれたら、あなたは理由を説明できますか? …

子供にサングラス!?参考にしたいオーストラリアの紫外線対策

 女性の皆さんは欠かさず行っている方も多い紫外線対策。 近年の猛暑の影響もあり、お子さんにも紫外線対策は必須の状況です。 一般的な対策としては日焼け止めの塗布や帽子の着用など。 大人の場合は自分でどう …