お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

6月 年間行事

6月2日は「横浜開港記念日」子連れで花火大会を楽しむ穴場情報

投稿日:

 
歴史ある港として有名な横浜港、その開港記念日は6月2日
記念日に合わせて「横浜開港祭」が実施されています。

このお祭りは1981年から「国際デープレ横浜どんたく」として開催され、
翌年1982年から正式に「横浜開港祭」がスタートしました。

港への感謝を示し、市民と共に開港日を祝う市民祭として位置づけられ、
毎年開港記念日に合わせ2日間にかけて港付近で様々なイベントが催されています。

 イベントの中でも特に人気なのが、夜に開催される花火大会です。
夏の花火大会より一足早く花火を見られる嬉しい機会、
見逃せないイベントですがやはり混雑は必至の人気イベントとなっています。

子連れの場合は、混雑する場所に行くのは大変ですよね。
今回は「横浜開港祭」の花火大会基本情報から穴場情報までをまとめてみました。
行ってみたいけど、子供がいるから…と二の足を踏んでいた方も参考にして見て下さいね。

  

花火大会はいつ?どこでやるの?


 2日間行われる「横浜開港祭」、日程は6月2日付近の週末に行なわれています。
花火大会も日程によって変更があるので注意が必要ですが、2日目に行われる事が多い様です。

花火大会の正式なイベント名は「ビームスペクタクルinハーバー」
お祭りのフィナーレを飾るイベントとして、花火だけでなく音と光の演出も楽しめます。

場所:みなとみらい地区の臨港パーク
時間:約40分程度(2018年は19時20分~20時00分)

 打ち上げ場所が臨海パークメインステージの海上沖となっており、
海上から打ち上げられる花火を音と光の演出がより一層盛り上げてくれる花火ショーとなっています。

打ち上げ花火も約4000発、壮大な演出と一緒に見る花火は圧巻の美しさと言えるでしょう。
演出と一緒に花火を楽しめるエリアはやはり人気で早い時間に満員となります。

入場規制も行われるので、しっかりゆっくり花火が見たい方は有料観覧がおすすめです。
2018年はチケットぴあでペア6000円程、有料でもいいならば遊覧船や屋台船もおすすめです。

交通規制はある?場所取りのルールは?


 毎年2日間で約80万人が来場するとも言われている「横浜開港祭」、
混雑は避けられないので当然交通規制がしかれています。

オフィシャルサイトにて交通規制の範囲が確認できますが、
はっきり言ってとても複雑になっていますので公共交通機関を利用しましょう。
会場周辺に駐車場も無いので、車で行くのはおすすめできません。

 また花火を観覧できるエリアも指定があります。
2018年は10のエリアに分けられており、
メインステージに近い③~⑤は入場規制がある激戦の場所となっています。

指定エリアにおいておすすめなのが、
メインステージ左右にある①・②、⑤・⑦、⑥・⑨です。

時間がある方なら場所取りもできますので、
早めに訪れてゆっくり食事をしながら花火の時間を待つのもいいでしょう。

ただメインとなる④エリアとカップヌードルミュージアム付近の⑤エリア、
この2エリアは場所取りにもルールがあるので注意して下さい。

場所取りできるのは当日のみ。
ブルーシート1.8m×2.7m対して必ず1名居なければいけません
無人の場合は撤去対象になってしまうので要注意です。

花火大会の穴場はどこ?


 演出はさて置き花火が見られればいいなら穴場を狙いましょう。
子連れでも穴場ならゆっくりと花火鑑賞を楽しめますよ。

・山下公園

少し遠いので花火は小さめですが、人気の穴場となっています。
屋台にも近いので便利でカップルに人気のスポットです。
木々が多いので、見えやすい場所の確保が必要です。

・港の見える丘公園

こちらも遠いので花火は見らえても小さめになります。
ただ小さくとも花火は良く見える穴場です。
帰りもスムーズに帰れるのもおすすめポイントです。

・ポートサイド公園

みなとみらい方面を一望できる絶好のロケーションです。
お洒落な公園や高層マンションが立ち並ぶ地区で夜景も楽しめるスポットです。
園内はライトアップもあり雰囲気も抜群、花火も公園も楽しめそうです。

・大黒ふ頭

車が無いと厳しい穴場となっています。
遠いので小さいですが花火は見れますよ。ゆったりと鑑賞したい方向きの穴場です。
夜景も綺麗なので、合わせて楽しむのも良さそうですね。

まとめ


 人気のイベントだけあって会場近くに行く場合は、混雑は避けられません。
ただ指定観覧エリアも①・②、⑥~⑩は比較的ゆとりがある様です。
子連れでも時間があれば狙ってみてもいいかもしれません。

-6月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏休みに子供とお出かけ!2019 おすすめイベント7選「関東編」

  子供たちが心待ちにする長期連休。 なんといっても夏休みは約1ヶ月もお休みがあります。 ある程度は遊びに行く場所もあるものの、 長期連休ともなるとお出かけ場所はマンネリ化しがち。  けれどせっかくの …

「夏祭りの屋台」小学生に圧倒的人気!親子で楽しむオススメ10選

夏といえば花火と夏祭り、子供にとっては心待ちのイベントですよね。 普段と違った雰囲気の中で、屋台を巡るのがお祭りの醍醐味。 お祭りでしか味わえないグルメもあり、大人にもお祭り好きはいるものです。 買い …

こどもの日っていつから?由来は?アメリカと子育ての違い5選

 GW終盤の5月5日は「こどもの日」であり、祝日となっています。 最近では男女関係なくお子さんがいるご家庭はお祝いする事も多いですよね。 スーパーやデパートでも「こどもの日」にちなんだ物がたくさん。 …

大相撲の立会い「制限時間いっぱい」たまに早い時あるのはなぜ?

見合ってはっけよい残った!これが一般的な相撲の掛け声のイメージですよね。 他のスポーツと違って審判は行事と呼ばれ、 相撲競技を取り仕切っている行事がスタートである立合い指示している様に見えます。 ただ …

小満(しょうまん)って何の日?意味は?オススメの過ごし方は?

 「小満」と言っても読めない方も多いのではないでしょうか。 カレンダーにかろうじて書いてあるものの、 意味としては全く知らないという方ばかりでしょう。 簡単に「小満」(しょうまん)と暦にはあっても、 …