お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

6月 年間行事

6月2日は「横浜開港記念日」子連れで花火大会を楽しむ穴場情報

投稿日:

 
歴史ある港として有名な横浜港、その開港記念日は6月2日
記念日に合わせて「横浜開港祭」が実施されています。

このお祭りは1981年から「国際デープレ横浜どんたく」として開催され、
翌年1982年から正式に「横浜開港祭」がスタートしました。

港への感謝を示し、市民と共に開港日を祝う市民祭として位置づけられ、
毎年開港記念日に合わせ2日間にかけて港付近で様々なイベントが催されています。

 イベントの中でも特に人気なのが、夜に開催される花火大会です。
夏の花火大会より一足早く花火を見られる嬉しい機会、
見逃せないイベントですがやはり混雑は必至の人気イベントとなっています。

子連れの場合は、混雑する場所に行くのは大変ですよね。
今回は「横浜開港祭」の花火大会基本情報から穴場情報までをまとめてみました。
行ってみたいけど、子供がいるから…と二の足を踏んでいた方も参考にして見て下さいね。

  

花火大会はいつ?どこでやるの?


 2日間行われる「横浜開港祭」、日程は6月2日付近の週末に行なわれています。
花火大会も日程によって変更があるので注意が必要ですが、2日目に行われる事が多い様です。

花火大会の正式なイベント名は「ビームスペクタクルinハーバー」
お祭りのフィナーレを飾るイベントとして、花火だけでなく音と光の演出も楽しめます。

場所:みなとみらい地区の臨港パーク
時間:約40分程度(2018年は19時20分~20時00分)

 打ち上げ場所が臨海パークメインステージの海上沖となっており、
海上から打ち上げられる花火を音と光の演出がより一層盛り上げてくれる花火ショーとなっています。

打ち上げ花火も約4000発、壮大な演出と一緒に見る花火は圧巻の美しさと言えるでしょう。
演出と一緒に花火を楽しめるエリアはやはり人気で早い時間に満員となります。

入場規制も行われるので、しっかりゆっくり花火が見たい方は有料観覧がおすすめです。
2018年はチケットぴあでペア6000円程、有料でもいいならば遊覧船や屋台船もおすすめです。

交通規制はある?場所取りのルールは?


 毎年2日間で約80万人が来場するとも言われている「横浜開港祭」、
混雑は避けられないので当然交通規制がしかれています。

オフィシャルサイトにて交通規制の範囲が確認できますが、
はっきり言ってとても複雑になっていますので公共交通機関を利用しましょう。
会場周辺に駐車場も無いので、車で行くのはおすすめできません。

 また花火を観覧できるエリアも指定があります。
2018年は10のエリアに分けられており、
メインステージに近い③~⑤は入場規制がある激戦の場所となっています。

指定エリアにおいておすすめなのが、
メインステージ左右にある①・②、⑤・⑦、⑥・⑨です。

時間がある方なら場所取りもできますので、
早めに訪れてゆっくり食事をしながら花火の時間を待つのもいいでしょう。

ただメインとなる④エリアとカップヌードルミュージアム付近の⑤エリア、
この2エリアは場所取りにもルールがあるので注意して下さい。

場所取りできるのは当日のみ。
ブルーシート1.8m×2.7m対して必ず1名居なければいけません
無人の場合は撤去対象になってしまうので要注意です。

花火大会の穴場はどこ?


 演出はさて置き花火が見られればいいなら穴場を狙いましょう。
子連れでも穴場ならゆっくりと花火鑑賞を楽しめますよ。

・山下公園

少し遠いので花火は小さめですが、人気の穴場となっています。
屋台にも近いので便利でカップルに人気のスポットです。
木々が多いので、見えやすい場所の確保が必要です。

・港の見える丘公園

こちらも遠いので花火は見らえても小さめになります。
ただ小さくとも花火は良く見える穴場です。
帰りもスムーズに帰れるのもおすすめポイントです。

・ポートサイド公園

みなとみらい方面を一望できる絶好のロケーションです。
お洒落な公園や高層マンションが立ち並ぶ地区で夜景も楽しめるスポットです。
園内はライトアップもあり雰囲気も抜群、花火も公園も楽しめそうです。

・大黒ふ頭

車が無いと厳しい穴場となっています。
遠いので小さいですが花火は見れますよ。ゆったりと鑑賞したい方向きの穴場です。
夜景も綺麗なので、合わせて楽しむのも良さそうですね。

まとめ


 人気のイベントだけあって会場近くに行く場合は、混雑は避けられません。
ただ指定観覧エリアも①・②、⑥~⑩は比較的ゆとりがある様です。
子連れでも時間があれば狙ってみてもいいかもしれません。

-6月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2019年の立夏はいつ?意味は?する事や食べ物はどうするの?

季節が過ぎてゆくのは早いもので春が過ぎるともう夏が来ます。 年々猛暑が体に堪え、暑い夏が嫌になっている方も多いでしょう。 そんな季節の始まりを告げるのは「立夏」です。 ただ立夏になったからといって、全 …

天皇陛下の正月の一般参賀はどこで何時あるの?見れるのかな?

 新年のニュースでも取り上げられる一般参賀の様子。 朗らかな笑みを湛えた皇族の方々のお姿がニュース映像でも伝えられますね。 天皇陛下によるお言葉もあり、新年の喜びを述べられています。 お言葉を聞くと、 …

敬老の日のプレゼントは何?喜ばれる孫の手形の手作り作品

9月の第三週の月曜日は敬老の日。いつもお世話になっている、おじいちゃん、おばあちゃんへの感謝のしるしとして、お子さんと一緒にプレゼントを作ってみてはどうでしょうか?孫からのプレゼントに、おじいちゃん、 …

梅雨の洗濯物をカラッと上手に乾かす!部屋干しのコツ7選

じめじめと湿気の多い梅雨時期は洗濯物が乾かず困りますよね。 どうしても乾かさなきゃという時は乾燥機も使いますが、 そうなるとやっぱり気になってくるのが電気代の問題です。 全部乾燥機を回してもいいですが …

失敗しない!卒園式でビデオ撮影を成功させるコツ7選!

園の行事も卒園式でラスト、せっかくの最後の日はビデオで残したいと思う方も多いはず。 写真はまだ撮りなれていますが、ビデオとなるとなかなか撮る機会もありません。 普段あまり使わないビデオ、引っ張り出して …