お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

6月 暮らしの知恵

ジューンブライドっていつから?起源は?どうして雨の季節に?

投稿日:


花嫁姿は女性の憧れですが、その中でも特別なのがジューンブライド。
6月の花嫁は幸せになれると言われており、
ジューンブライドに憧れて6月に結婚式を挙げる女性もいる程です。

今や知らない人はいないほど認知度の高いジューンブライドですが、
いつからある習慣なのでしょうか?またなぜ6月なのでしょう?

 ジューンブライドという言葉は知っているものの、
内容についてなぜ?と言われるとうーん…と答えられないですよね。

今回は知っている様で知らないジューンブライドについてまとめてみました。

  

ジューンブライドとは?いつからある?


 日本におけるジューンブライドが登場したのは1967年頃のこと。
知っている方も多いかもしれませんが、ホテル・ブライダル業界の戦略として始まりました。

6月と言えばちょうど日本は梅雨時期に当たります。
雨の日が多く、湿度もあるジメジメとした雰囲気もあり、
挙式には不向きな時期として挙式を控えるカップルに不人気でした。

 そこで6月の売上アップをはかるため
ホテル・ブライダル業界が広めたのがジューンブライドの言い伝えです。

ジューンブライド自体はきちんと以前からヨーロッパにある習慣で、
日本にもその週間を輸入する形で言い伝えを広めました。

当時はあまり効果も無く、認知度も低かったのですが、
空調機器の発達から6月の結婚式も徐々に増えジューンブライドも浸透した様です。

起源や由来は何?どうして6月なの?


 ヨーロッパの習慣であったジューンブライド、その起源や由来を調べると3つの説が登場します。

・ローマ神話を起源とする説

英語で6月はJune(ジューン)ですが、
これはローマ神話の主神の妻Juno(ユノ)に由来するとされています。
女神であるユノは、結婚・出産そして育児の象徴として崇められ、家庭の受護神とされています。
そんな女神が守護する6月は結婚にぴったりという事でローマ神話を起源とする説です。

・結婚の解禁月を起源とする説

ジューンブライドの習慣があるヨーロッパでは3~5月は農作業の最盛期。
そんな忙しい時期に結婚をしていられないとその期間は結婚禁止になっていました。
農作業が落ち着く6月は結婚が解禁になる月だったのです。
解禁月の6月になると多くの人から祝福を受け、
多くのカップルが結婚式を挙げていたことを由来とする説です。

・ヨーロッパの気候を起源とする説

ヨーロッパの6月は気候も良く、天気の良い日が多い月。
天候にも恵まれる事が多い6月に結婚式を挙げれば多くの人に祝福され
結婚生活も幸せなものになるとする説。

 どれが本当の起源や由来なのかはっきりしていませんが、
現在のところローマ神話を起源とする説が最も有力視されています。

どの説を見てもなんとなく6月になった由来は理解できますが、
そのまま日本に当てはまるかと言うと疑問な部分も多いですよね。

実際の結婚式はいつが多いの?


 ヨーロッパにおいては6月は結婚式に向いている時期とされていますが、
日本において実際にジューンブライドは多く行なわれているのでしょうか?
憧れのジューンブライドですが、実際はどうなのか調べてみました。

結婚式に人気のシーズンは春と秋。
逆に不人気なシーズンは夏と冬。
6月はというと微妙な位置でやや人気よりくらいでしょうか。

 最も結婚式の多い月は10・11月。ついで春の4~6月です。
なんとなくは分かりますが、やはり気候によって人気が左右される様です。

気候の安定している秋は雨も少なく結婚式のハイシーズン。
行楽の秋とも言う様に、ゲストを招きやすいので人気の季節となっています。

 そう考えると6月は梅雨時期にも関わらず、結婚式を挙げるカップルは少なくありません。
それだけジューンブライドは憧れになっているのが分かりますよね。

今は殆どの式場が全天候型なので、
天候を気にせずに憧れのジューンブライドも遠慮なく行えそうです。

ただ遠方からのゲストが多い場合や年配のゲストが多い場合には、
やはり天候の面もあり足元も悪くなってしまうので避ける方もいらっしゃいます。

まとめ


 ジューンブライドの正しい起源は分かりませんが、
ローマ神話の女神ユノを由来としていると考えるとロマンチックで素敵ですね

-6月, 暮らしの知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ガーデニングがもっと楽しくなる!日焼け予防法オススメ5選

春から夏にかけては天候にも恵まれてガーデニングにも最適。 いよいよシーズン到来となる時期なので、ガーデナーも心待ちにしている季節でしょう。 晴れた天気のよい日はガーデニング日和で作業もどんどん進みます …

苗字の日っていつ?語源や由来は?カッコいいのもあるかな?

鈴木さん、佐藤さん、山田さん。 日本人はみな生まれた時に苗字を親から譲り受けますよね。 今では当たり前になっている、私たちの苗字ですが、昔はそうではなかったのです。 苗字について調べてみると、いろいろ …

いつから始めれば?自宅で簡単!初心者でも出来る梅酒の作り方

飲みやすく口当たりもいい梅酒は女性にも人気ですよね。 よく飲み会の席でも梅酒を頼む方は多いのではないでしょうか。 ロックでもソーダ割りでも美味しく、アルコールもキツく感じないのが嬉しいところ。 癖もな …

土用の日の「土用殺」って何?意味は?旅行や引っ越しNGの方位は?

土用と言えばお馴染みなのは土用の丑の日でしょう。 主にうなぎですが「う」の付く食べ物を食べると良いとされていますよね。 同じ土用でも「土用殺」はご存知でしょうか? 実はこの「土用殺」にはやってはいけな …

夏日・真夏日・猛暑日・酷暑日の違い!何度から呼び方が変わるの?

夏が近づく季節になるとニュースで耳にする機会が増える、夏日という言葉。 次第に本格的な夏が到来すると、真夏日や猛暑といった言葉に変わってきます。 なんとなく温度によって呼び方が変わっているんだろうなぁ …