お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 7月

子供に分かりやすく伝える七夕の由来!願い事をなぜ笹に飾るの?

投稿日:


七夕は誰もが知っている通り7月7日、
スーパーや商店街など身近な所で七夕の笹が綺麗に飾られていますよね。

ちょうど七夕飾りの付近には短冊の記入スペースがあり、
親子連れで来られた方が願いを書いた短冊を笹に飾る様子も伺えます。

 どんな願いが書かれているのか気になり、つい見てしまう方もいるのではないでしょうか。
「背が伸びますように」「ケーキ屋さんになれますように」等、
七夕の短冊には微笑ましい願い事がたくさん書かれているのを見かけます。

ですがふと考えると、七夕はいつ頃始まったものなのでしょうか?
笹に願いを書いた短冊を飾りますが、なぜ笹なのでしょう?

意外と知らずに行事として行っている方も多いはず、今回は七夕についてをまとめてみました。
お子さんにも分かりやすい由来も調べてみましたよ。

  

七夕っていつから?由来は?


 七夕の由来を調べると、もともとは中国の行事でした。
中国においては織女と牽牛の伝説や『西京雑記』という書物に乞巧奠(きこうでん)が記されています。

乞巧奠とは7月7日に七針に糸を通す風習のことで、
織女と牽牛の伝説とその風習が結びつき現在知られている七夕の原型になったと言われています。

 その後、日本に七夕が伝わって来たのは奈良時代のこと。
日本においては棚機津女(たなばたつめ)の伝説と結びついたとされています。
棚機津女とは機織りをする女性を指す言葉です。

七夕は7日の夕方という意味で「しちせき」と呼ばれていましたが、
日本の織姫伝説「棚機津女」(たなばたつめ)と混ざり七夕(たなばた)になったとされています。

なぜ短冊に願いを書いて笹に飾るの?


 もとは中国の行事である七夕ですが、短冊を笹に飾るのは日本しかしていません
そう聞くとちょっと驚く方も多いかもしれませんね。

七夕が日本に広く伝わり、短冊を笹に飾るようになったのは江戸時代の頃と言われています。
なぜ笹を使ったのかというと、笹は天高く成長する生命力の象徴。
更にはよく神事にも用いられており、厄除けの力を持つとされていたから。

また、笹の擦れ合う音が神様を招くとも言われていました。
精霊や神様が宿る依代(よりしろ)として使われていたからとも言われています。

 どちらにせよ、神聖な植物とされる笹に願い事を書いた短冊を飾ることで、
その願いが天に通ずると考えられてきた様です。

感覚的にはおみくじをより高いところへ結びたくなる気持ちに似ているかもしれませんね。

子供に分かりやすい七夕の由来は?


 お子さんに七夕を説明する際には、
やれ中国の行事が伝来した等の説明は難しすぎますよね。

やはり分かりやすく七夕を伝えるなら、織姫と彦星の伝説でしょう。

 天の神様の娘であり、とても働き者で織物が上手な織姫。
毎日一生懸命に機織りの仕事に励んでいました。

年頃になった織姫のために、結婚相手を探す天の神様。
天の川のほとりで牛を飼う彦星が結婚相手として連れてくるのです。

彦星も仕事熱心で誠実な青年、
お互いに好きになり二人はめでたく結婚します。

 しかし、働き者だった二人は恋に夢中になり働かなくなってしまうのです。
見かねた天の神様が注意しても、二人は働こうとしません。

怒った天の神様はついに二人を天の川の両岸へ別々に引き離してしまいます
最愛の恋人との別れを悲しむ二人、少しだけ天の神様も怒りを解きます。

また二人が以前の様にまじめに働くならば一年に一度7月7日の夜に会う事を許してくれました
その後、二人は一生懸命に働き毎年7月7日だけ天の川の上で再会を果たすのです。

 誰もが知っている七夕の伝説ですが、
子供に分かりやすく説明するのにはぴったりですね。

まとめ


 伝説としては少し悲しく切ない由来となっていますが、
願いを叶えられる日でもあるのが七夕です。

ぜひ願い事を書いて、素敵な七夕飾りへと飾ってみて下さい。

-年間行事, 7月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

今年のバレンタインは和菓子もアリかも!大福のおすすめ5選

 バレンタインデーといえば定番はチョコレートですが、チョコレートばかり貰っても困るもの。 美味しいですがいっぱいあると少し変わり種も欲しくはなってしまいますよね。 できれば食べ物の方が食べてしまえば残 …

お花見っていつから始まった?なぜ桜なの?起源や由来は?

季節になると咲き誇る美しい桜。 人々の目を楽しませてくれる季節の風物詩でもあります。 桜と言えば毎年お花見をされる方も多いはず。 日本ではお馴染みのお花見ですが、いつから行なわれているのでしょうか。 …

五月人形はどう処分すればいいの?供養するの?捨て方は?

子供の健やかな成長を願い、飾られる五月人形。 子供も小さいうちは飾らないと早く飾って!と言うくらい、 季節の行事として大切にしているご家庭が多いですよね。 ただ子供が成長していくに連れて、行事としての …

お中元っていつ渡す?喜ばれるにはどんな挨拶を添えるの?

「夏の元気なご挨拶~」という某CMを聞くと、 今年のお中元はどこで頼もうかなぁなんて考え始める頃ですよね。 スーパー・百貨店ではシーズンになるとコーナーもできはじめ、 毎年決まっている品はあるもののコ …

入園式で失敗しないママの服!靴は?ヒールの高さはどれ位?

  小さかった我が子もいよいよ保育園・幼稚園デビュー。 その節目となる入園式は親も子供も緊張してしまいますよね。 これからお友達になるお子さんとその親御さんとの顔合わせの場でもあり、 そこまでお堅い式 …