お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

暮らしの知恵 7月

夏休みに子供とお出かけ!2019おすすめイベント7選「関西編」

投稿日:

 
連日の猛暑日に大人は気が参ってしまいますが、
子供は暑い夏もなんのその元気いっぱいに夏休みを謳歌しています。

暑いからあまり外には出たくない大人の気持ちも露知らず、
子供としては休みの日にはどこかへ出かけたい子が多いですよね。

 せっかくの休日だからと休みたい気持ちも分かりますが、
子供の夏休みは長い様で一緒に過ごす時間となるとそんなにはありません。

そう考えると少しは家族サービスも頑張ろうという気持ちになるのではないでしょうか。
夏休みはイベントも盛りだくさん、気になるイベントへお出かけしていい思い出を作りましょう。

  

夏といえば、やっぱり花火!


 日本の夏といえば夏祭りと花火は欠かせないイベントです。
花火を見ると「あぁ、夏だなぁ」と感じる方は多いはず。

豪快さと繊細さを兼ね備えた花火は美しく、
ドン!という打ち上げ音が体に響くのもまた心地よく感じますよね。
夏のイベントの代表格である花火のおすすめをご紹介します。

①スターライトイリュージョン

和歌山マリーナシティで行われる花火イベント。
名物として定着しており、花火と音楽のコラボが楽しめます。
あの有名CMでお馴染みのKINCHOプレゼンツのイベントだけあって、
花火はそんじょそこらの花火とは訳が違います。
花火デザイナーによる最新の打ち上げ花火が見れるのがこのイベントの魅力。
進化する花火技術も感じられるイベントとなっています。

②建部大社 船幸祭

滋賀県大津市の瀬田唐橋周辺で行われるお祭り。
歴史あるお祭りで日本武尊が船団を従え、海路をたどられた故事に基づいています。
祭りのクライマックスである神輿を乗せたご座船が「瀬田の唐橋」に近づくと、
その動きに合わせて打ち上げ花火が打ち上がります。
船の明かりと花火が水面を照らす幻想的な雰囲が味わえるお祭りです。

③みなとこうべ海上花火大会

兵庫県神戸市の神戸港で打ち上げられる会場花火大会。
沖合からの打ち上げのため、広い範囲で花火を鑑賞することができます。
神戸の風物詩としても名高い花火イベントで毎年大盛況です。
もともと神戸の夜景は1000万ドルの夜景として有名ですが、
そんな綺麗な夜景をバックに花火が打ち上げられる様はまさに壮観です。

夏を涼しく楽しむイベント!


 2018年は連日の真夏日でお出かけする気力も失せるくらいでした。
年々熱くなっている様に感じる夏ですが、
そんな夏でも涼やかに過ごすイベントに出かけて気分をリフレッシュしましょう。

④真夏の雪まつり

夏の避暑地として有名な兵庫県神戸市の六甲山カンツリーハウス。
そこで夏の恒例イベントとして行われているのが真夏の雪まつりイベントです。
約100トンもの雪を広場に敷き詰め、宝探しや雪玉ストラックアウトなど
夏でありながら涼しい遊びを楽しむことができます。
他にも縁日コーナーや流しそうめんもあり1日思い切り楽しめるイベントとなっています。

⑤南紀白浜温泉 キャンドルイルミネーション

和歌山県の綺麗な白浜で行われるイルミネーションイベント。
昼でも綺麗な白い砂浜を夜はキャンドルのイルミネーションでライトアップ。
キャンドルの暖かい光が、白浜を照らし夜は幻想的な雰囲気に早変わり。
キャンドルへメッセージを書き込んで願いを込める体験もおすすめです。
ひと夏の思い出としてキャンドルに願いを託してみるのはいかがでしょうか。

サマーフェスタへ参加しよう!


 各地で行われるサマーフェスタは夏の思い出作りにもぴったり。
実際に体験を通して学ぶ事ができるので、お子さんにはいい勉強になりそうですよ。

⑥びわ湖大津館 サマーフェスタ

滋賀県大津市にあるびわ湖大津館で行われるサマーフェスタ。
季節の花々に囲まれた自然豊かな環境で親子で楽しめるイベントが満載。
カヌー教室やスタンドアップパドルボート体験といったびわ湖ならではの体験もあり、
思いっきり体を動かして普段できない様な体験を楽しめます。
また花火大会やイベント最終日の納涼祭など夏の思い出が盛りだくさんです。

⑦KIXサマーフェスタ

大阪府泉佐野市にある関西の玄関口、関西国際空港で行われるサマーフェスタ。
期間中は空港内が華やかな装飾で彩られるのはもちろん、様々なイベントも楽しめます。
毎年趣向を凝らした演出がなされ、2018年には空踊24Hとして力を入れていましたが、
残念ながら台風の影響によりあえなく中止となりました。
毎年力が入っているイベントだけに2019年は更にパワーアップが予想されます。
昼も夜も楽しめる関西国際空港の魅力を思う存分に楽しめるイベントです。

まとめ


 暑いからとだらけてばかりだともったいない!
夏は楽しみなイベントが数多くあります、ぜひご家族でお出かけ下さいね。

-暮らしの知恵, 7月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「小暑」「大暑」っていつ?意味や由来は?どんな風習があるの?

季節をある一定の期間で区切った「二十四節気」、 それだけだと何だかよく分かりませんが夏至や冬至は有名ですよね。 その仲間であるのが「小暑」や「大暑」です。 読み方としては「しょうしょ」、「たいしょ」と …

お正月の遊びで子供が喜ぶおすすめは?ランキングにしちゃえ!

 お正月になると家族や親戚が集まって賑わうお家もありますよね。 大人はおせち料理をつまみにお酒を飲めばお正月休みを満喫できますが、 子供はする事もないので大抵は暇をしていたりしたもの。 最近では1人で …

親の介護で公的サービスを受けるには?子育てでお金ない家庭は?

 高齢化が進んでいる現在ですが、 元気な高齢者も多く介護なんてまだ先と考えている方も多いのではないでしょうか。 近くにいても自分の祖父母や両親は元気だからと思っていると痛い目を見るかもしれません。 年 …

防災って子どもにどうやって教えるの? ゲームや遊びにできないかな?

地震、台風、火災などの災害は、いつ起こるか分かりません。 しかし、普段から防災について考えたり、災害に備えておくことはとても重要です。しかし、小さな子どもにも分かりやすく伝えるには、工夫が必要ですね。 …

今からでも間に合う!夏のダイエットに最適な運動とタイミング

女性にとっては永遠の課題とも言えるダイエット。 ダイエットとリバウンドを繰り返して、万年ダイエット中という方もいるのではないでしょうか。 巷にはいろいろなダイエット方法が溢れていますが、 やはり劇的な …