お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 7月

土用の丑の日の意味や由来って?小学生に分かりやすく説明しよう

投稿日:

 
土用の丑の日というとうなぎを食べるご家庭が多いはず。
スーパー等でものぼりやPOPで頻繁に目にしますよね。

なんとなく土用の丑の日にはうなぎを食べるのが習慣化していますが、
どうしてそんな習慣ができたのでしょうか。

 昔からその時期にうなぎを食べるといいと聞いた事はある様な…。
実際の由来や意味は分からないという方が多いのではないでしょうか。

今回はもしお子さんに理由を聞かれた時にも大丈夫な様に、
簡単に分かりやすく土用の丑の日を解説してみました。

  

土用の丑の日、意味や由来は?


 土用の丑の日はうなぎを食べる日という認識でいる方も多いですが、
そもそもの「土用の丑の日」とはどういう意味を持っているのでしょうか。

「土用」とは、五行に由来する暦の雑節で四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間を指します。
また「丑の日」とは十二支の事で、旧暦では毎日の日付にこの十二支が割り振られています。

つまりその2つの条件が重なる日が「土用の丑の日」に当たるのです。
簡単に言うと、「夏の立秋前18日間で、暦の十二支が丑である日」。
年によっては2回ある場合もあります。

 「土用の丑の日」の意味は分かったかもしれませんが、
なぜうなぎを食べる様になったのでしょうか。

それは江戸時代の発明家 平賀源内によるアイディアによってできたと言われています。
この時期にうなぎが売れず困ったうなぎ屋から相談を受け、思いついた宣伝文句というのが通説です。
他にも太田蜀山人によるという説、鰻屋の春木屋善兵衛によるとする説もあります。

なぜうなぎを食べる様になったの?


 うなぎが滋養強壮に良いのは皆さんもご存知の通りです。
『万葉集』にもうなぎが夏バテに効果があるという記載もあります。
確かにうなぎにはビタミンAやBが豊富で疲労回復の効果が期待できます。

その他にも江戸時代中期までには土用に食されていた食材がありました。
土用しじみ、土用餅(あんころ餅)、甘酒です。

 土用しじみは整腸効果や夏バテ防止効果があり、
「土用のしじみは腹の薬」と言われていたほどです。

土用餅(あんころ餅)は土用入りの日の縁起物として宮中から民間に広がりました。
甘酒はビタミンBを多く含み安価で手頃なため、夏の飲み物として親しまれていたそうです。

うなぎの他にも「う」の付く食べ物を食べると良いとする民間伝承もありました。
うどん、梅干し、瓜がよく食べられていた食材です。
うどんは消化吸収がよく胃に優しく、梅干は食欲不振の解消と疲労回復効果。
また瓜には体内の余分な熱を冷ます効果があります。
様々な食べ物があるなかで平賀源内によるキャッチコピーが民間伝承と結びつき、
現在の「土用の丑の日にはうなぎ」が習慣となりました。

うなぎの違い?関東と関西何が違う?


 うなぎと言えば代表的な食べ方は蒲焼ですが、
関東と関西で料理方法が違うのはご存知でしたでしょうか。

まずはうなぎのさばき方から違っており、
関東は背開き・関西は腹開きという違いがあります。
関東は武士の文化であった為、切腹を連想させる腹開きが嫌がれたそうです。

 また関東風は蒸した後に焼きますが、関西風は何度も返して焼きます。
最初に蒸す関東の方が、脂が落ちてややあっさりした味になります。
関西は皮がパリパリで堪らない食感です。

関東の蒸し焼きは「臭み」をとるという意味もあるそうです。
うなぎの脂を楽しみたいという方には関西風がおすすめですね。

ただ天然うなぎの旬である冬には皮が厚くなります。
その際には関東風の様に蒸した方が食べやすくおすすめです。

まとめ


 今では当たり前の様に食べている土用の丑の日のうなぎ、
どんな効果があるか分かるとしっかり食べて精をつけようという気持ちも高まりますね。
夏バテに気をつけて、暑い夏を乗り切りましょう。

-年間行事, 7月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

全国交通安全運動はいつから?なぜ春と秋にあるの?

普段から車を運転するドライバーにとっては、特に気を遣う期間である「全国交通安全運動」。 いつ行っているか具体的には分かりませんが、 時期になるとパトカーをよく見かけたり、道路で旗を持つ人を見かけたりし …

「運動会の季節」春に行う?それとも秋?いつから変わったの?

誰もが体験している運動会。思い出話の際にエピソードとして出てくる事もしばしば。 お子さんがいるご家庭は自身の運動会の話をお子さんにする機会もあるのではないでしょうか。 ご両親の年代によっては同じ運動会 …

旧正月。2019年はいつからいつまで?春節飾りは逆にする?

中国人観光客による爆買が話題になってから注目されるようになった春節。 日本人には馴染みの無い言葉なので何の事やらという方も多いかもしれません。 貿易関係のお仕事をされている方は、悩みの種になる事もあり …

招き猫の意味は?由来は?腕の上げ方って右、左どっちが正解?

唐突ですが「招き猫」をご存知でしょうか? カラオケのお店の名前にもなってますよね 笑 平日だと安くて便利です^^ そんなお店の名前にもなってしまう「招き猫」ですが、 よく金運が上がるなどと耳にしたこと …

小春日和っていつのこと?意味や使い方は?逆の日はなんて言うの?

 春の晴れた暖かい日差しの日は小春日和だなぁと感じますね。 もしかしたら口に出した事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、実はこれ間違った使い方なんです。 だって春って言葉が入っている …