お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

2月 年間行事 暮らしの知恵

恵方巻きの起源や由来は?なぜ黙って食べる?どんな意味が?

投稿日:


もはや定番になっている恵方巻き、
季節になるとどこもかしこも恵方巻きの予約販売を始めますよね。

ちょっと前までは節分は豆まきだけでしたが、
いつの間にか定番メニューとして恵方巻きが定着しました。

 そんな恵方巻きいつの間にか定着しただけに、
起源や由来については知らない方が多いかもしれません。

恵方を向いて黙って食べなければならないというルールは有名ですが、
明確なルールはどんなものがあるのでしょうか。

今回は恵方巻きについてを調べてみました。
これを読んで、節分の際も迷うことなく恵方巻きにかぶりつきましょう。

  

恵方巻きの起源は?由来は?


 恵方巻きの起源についてを調べてみると、いろいろな説が出てくること…。
前年ながらどれが正しいという説は無い状態だそうです。

どんな説があるのかというと、

・大正時代の大阪花街での縁起担ぎを起源とする説
・大阪の船場で商売繁盛を祈願した事を起源とする説
・秀吉の家臣の堀尾吉晴が出陣の前日に巻き寿司のようなものを食べて大勝利した事を起源とする説

秀吉の家臣の説はその当時に海苔が存在していない事から有り得ないと言われています。
他にも諸説あるのですが、どれも決定打に欠けており由来が分からない状態です。

 それでも共通している点がない訳ではありません、
いずれも関西地方で始まった風習であるとする説は有力視されています。

一番古い恵方巻きの資料として残っているのが1932年、
大阪鮓商組合による当時のチラシに記載されています。

チラシにもきちんと恵方を向き、
無言で一本の巻き寿司を丸かぶりするとその年は幸運に恵まれると書かれています。

当時から恵方巻きが存在していただけでなく、
その独特のルールも一緒に宣伝されていた様ですね。

恵方巻きのルールって?何?


 では、きちんとご利益を得るために守らなくてはいけないルール。
まぜそんなルールが存在するのか、その意味や理由についてを見てみましょう。

恵方巻きを食べる時のルールは、3つ。

①一人一本食べること

なぜ一本丸々食べなくてはいけないのかと言うと、
切り分けずに食べる事で良縁が続く様にという願いが込められているから。
その為、できるだけ休まずに食べるべしとされています。

②恵方を向くこと

恵方とはその年の福を司る神様である「歳徳神」がいる方角のこと。
方角は「十干」、10種類存在しておりそれぞれ4つの方角が当てはめられている。

甲(きのえ)・己(つちのと)なら東北東
乙(きのと)・庚(かのえ)なら西南西
丙(ひのえ)・辛(かのと)・戊(つちのえ)・癸(みずのと)なら南南東
丁(ひのと)・壬(みずのえ)なら北北西

③食べ終わるまで無言でいること

食べている途中で話をしてしまうと福が逃げてしまうと言われています。
食べている最中は心の中で願い事を唱えながら食べ、
すべて食べ終わるまで無言でいるとご利益が得られると考えられています。

 ルールだけみるとカンタンな様に見えますが、
毎年なかなかルールを守れない方も多いのではないでしょうか。

意外と一本丸々食べるとなると厳しいものがありますよね。
結構食べづらさもあり、食べるに時間もかかるので無言でいるのも大変です。

自分で作る?具材は何を入れる?


 恵方巻きがここまでメジャーな節分の食べ物になったのは、
大手コンビニエンスストアの販売戦略として全国的に恵方巻きの販売を始めたから。

1989年にセブンイレブンにより全国販売される様になり、
それをきっかけにいろいろな販売店により取り扱われるようになったのです。
皆さんが思っているよりも恵方巻きが広まったのは案外最近のこと。

いまでは豪華な具材が入った恵方巻きの予約販売が定番ですが、
あまりにも豪華なものは太さも立派で食べにくいかもしれませんね。

 ルールに則って食べたい!という方は、手作りもおすすめです。
手作りならばご飯や具を少なめにすれば、細めの恵方巻きもできちゃいますよ。

一般的な具材としては七福神にちなんだ7種類が良いとされています。
かんぴょう、きゅうり、しいたけ、卵、桜でんぶ、あなご、サーモン、まぐろなど。
7種類じゃないといけない訳ではないので、お好きな具を入れて下さい。

まとめ


 まだ小さいお子さんは生ものNGなので、手作りすれば美味しく食べてもらえますね。
今年こそはご利益を得られる様に楽しみながらルール意識して恵方巻きを食べてみて下さい。

-2月, 年間行事, 暮らしの知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

潮干狩りに行こう!子連れで楽しめるオススメ穴場「関東編」

GW中に遊びに行きたいけど、どこに行くか迷っている方は潮干狩りがおすすめ。 潮の満ち引きにより貝の採れやすさは左右されますが、 一生懸命探して貝を見つけた時の感動は何とも言えずよい思い出になりそう。 …

カレーで子供が喜ぶサイドメニューと副菜のおすすめベスト3!

 カレーは安心して食卓に出せる人気メニューですよね。 大人から子供まで大好きなカレーは家庭の定番メニューでもあります。 家庭の味が出やすいので、お店のカレーも美味しいですが 実家のカレーを食べるとほっ …

梅雨の洗濯物をカラッと上手に乾かす!部屋干しのコツ7選

じめじめと湿気の多い梅雨時期は洗濯物が乾かず困りますよね。 どうしても乾かさなきゃという時は乾燥機も使いますが、 そうなるとやっぱり気になってくるのが電気代の問題です。 全部乾燥機を回してもいいですが …

お正月の遊びで子供が喜ぶおすすめは?ランキングにしちゃえ!

 お正月になると家族や親戚が集まって賑わうお家もありますよね。 大人はおせち料理をつまみにお酒を飲めばお正月休みを満喫できますが、 子供はする事もないので大抵は暇をしていたりしたもの。 最近では1人で …

夏日・真夏日・猛暑日・酷暑日の違い!何度から呼び方が変わるの?

夏が近づく季節になるとニュースで耳にする機会が増える、夏日という言葉。 次第に本格的な夏が到来すると、真夏日や猛暑といった言葉に変わってきます。 なんとなく温度によって呼び方が変わっているんだろうなぁ …