お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

2月 年間行事

さっぽろ雪まつりはいつ?オススメの楽しみ方は?ライトアップは何時?

投稿日:


毎年ニュースでは見ている「さっぽろ雪まつり」、
巨大な雪像は映像で見ても迫力満点の出来栄えですよね。

いつかは見てみたいなぁと考えている方も多いはず。
例年多くの観光客が訪れていますが具体的な開催時期はいつなのでしょうか。
またどんな見所があるのかも気になる所ですよね。

 今回は一度は行ってみたい「さっぽろ雪まつり」についてを調べてみました。
行く前に抑えておいてもらいたいポイントをまとめましたので、
行きたいと考えている方は参考にしてみて下さいね。

  

開催時期はいつ?会場はどこ?


 「さっぽろ雪まつり」の開催時期は毎年2月上旬。
例年ですと1週間程度の期間で開催されています。

一見しただけで作るのに大変な労力がかかる雪像ですが、
たった1週間しか見られないとなるとなんだかもったいない気分になってしまいますね。

そう考えると開催期間中はとても貴重なイベント期間、
それを目当てになんと毎年200万人を超える人が訪れるそうです。

 会場は大きく3つの会場に分かれています。
大通り、すすきの、つどーむの3つがメイン会場です。

開催する年にもよるかもしれませんが、
2019年にはつどーむ会場が1月末から開催。
他の2箇所よりやや早い開催期間となっていました。

つどーむ会場はすべり台など雪遊びや雪とのふれあいがメインの会場です。
そういった違いもあり、開催も少し早めなのかもしれません。

オススメの楽しみ方は?見所は?


 オススメはお昼過ぎ(13時)くらいから西12丁目の市民雪像からスタート。
屋台もたくさんあるので途中に食べ物や飲み物を売店で購入しながら、大通り公園に向かって観て行くコース。
ゆっくり写真とかも撮りながら歩けば、公園に着くあたりには日が落ちてライトアップされる時間になります。

平日の昼間ならあまり人ごみも気になりませんが、夜になるとライトアップもあり混雑してきます。
昼過ぎからゆっくりと雪像を見て歩き、メイン会場ではライトアップを楽しむのがオススメです。

 ライトアップの時間帯は16時頃から。
つどーむはライトアップがありませんが、大通会場は22時・すすきの会場は23時まで。
最終日になるとどの会場も22時までになりますので注意して下さい。

ライトアップも見所ですが、プロジェクションマッピングも毎年見所の一つになっています。
白く綺麗な雪像を彩るプロジェクションマッピングは感動的です。

気をつけるポイントはある?


 いざ行こうと思うときに気をつけてもらいたいポイントが“寒さ対策”です。
北海道だから寒いのは当たり前と思うかもしれませんが、侮ると痛い目にあいますよ。

もともと寒い地方の方なら慣れているかもしれませんが、
やはり北海道の寒さは気合を入れて対策しないとせっかくの雪まつりも楽しめないレベル。

マイナス何度の世界ですので、それを凌げる服装をして出かけましょう。
肌着にシャツ、セーターにジャケットを着込みその上からダウンを着ましょう。

もちろんですが、マフラーや帽子、手袋は忘れずに!
寒さや冷えは末端から。寒くて痛いと雪像鑑賞どころではありませんよね。
厚手の靴下や靴用のホッカイロ、雪道も安心の靴も用意があると安心です。

 3つの会場を移動する場合はバスや地下鉄を利用する方が多いですが、
歩いて移動を考えている方もできるだけ地下を通って移動しましょう。

地下なら寒さももちろん防げますし、
歩きなれない雪道は危ないのでできるだけ避けていきましょう。

またできるだけ綺麗な状態の雪像を見たい方は、
開催時期のなるべく早い時にいくのがオススメです。

やはり期間も後半になると徐々に型崩れしてくるそうなので、
より綺麗な状態を鑑賞したい方は1日目に行くのがいいでしょう。

会場もたくさんの人が訪れるので、
次第に雪が踏み固められてだんだんとアイスバーン状態でガタガタになるそう。
会場の悪路を避ける為にも、開催時期の早めに訪れた方がいい様です。

まとめ


 迫力満点の巨大な雪像はまさに芸術品の様な美しさ。
夜はライトアップされ、さらに綺麗な姿を見せてくれるので昼も夜も楽しめます。
「さっぽろ雪まつり」、ぜひ一生に一度は見てみたいですね。

-2月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

キャンプに行ったら子供に何やらせる?安全で喜ぶのはどんな事?

子供が夏休みに入るとキャンプに行くというご家庭は多いんじゃないでしょうか。 夏の定番ともいえるキャンプですが何かをするといっても大人がメインで動く事になって、子供は暇してるなんて事ありませんか? 大人 …

2月21日は「漱石の日」夏目漱石の由来は?いつから始まったの?

誰もが知っている有名作家である夏目漱石、 学校の教科書でも作品が使われており代表作を知らない人はいないほど。 ただ作品を知っていてもその人物については知らない方も多いのではないでしょうか。 お札にもな …

雛人形のお雛様の「十二単」。昔は本当に着てたの?意味はあるの?

古典や歴史の授業でも登場する「十二単」。 雛人形が着ているアレの事かと誰もが想像しますよね。 見る分には綺麗で和服の美しさを際立たせますが、 現代人から言わせるとそんなに重ね着してどうするの?とも思い …

イルミネーション関東近郊でおすすめは?上手く撮影するコツは?

 街を彩る綺麗なイルミネーションが見られ始めると、 大人でもなんだか浮き足立つようなウキウキした気分になりますね。 冬の寒さや年末に向けての忙しさもあり、 荒んでしまう大人たちにすら癒しを与えてくれる …

ご年配・高齢者に人気のお中元!おすすめギフト&プレゼント7選

  毎年手配する方は多くても、年の離れた方宛だと何を贈っていいのか迷いますよね。 せっかくだから喜んでもらいたいという気持ちでお中元を選びますが、 逆に迷惑にならないか気遣ってしまうのが日本人らしい所 …