お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 暮らしの知恵 7月

天神祭りを子連れで楽しむ!おすすめ穴場スポット!トイレは?

投稿日:


日本三大祭の一つである天神祭、毎年多くの観客が押し寄せます。
都会で行われる大きなお祭りであり、屋台数も多く家族にも大人気。

子連れでもお祭りを楽しみたい方は大勢いるはずですが、
最大のネックとなるのがあの人ごみでしょう。

 時間によっては身動きができなくなる程の人ごみ、
そこへ子連れで行くのは危険です。

それでもお祭を楽しみたい方のために、穴場スポットをご紹介します。
無料でという訳にはいきませんが、花火もゆっくりと鑑賞できますよ。

また子供がいるとトイレも一苦労ですよね。
今回はトイレについての情報も調べてみましたよ。

  

どの駅を使えばいいの?避けるべきは?


 毎年150万人もの人が訪れる天神祭、公共交通機関も混雑します。
ちゃんとどの駅を使うべきか調べておかないと、何時間も身動きが取れないなんて事も・・・。

子連れでそうなってしまったら、どうなるかは目に見えていますね。
混雑にはまってお子さんがトイレに間に合わず、悲惨な状態で帰宅した方もいらっしゃいました。

 打上げ花火を間近で鑑賞できる桜之宮公園は人気のスポットでもあります。
その為、最寄駅の桜ノ宮駅や天満橋駅は混雑必至。

もし公共広告機構を使うなら、京橋駅がおすすめです。
京橋駅はJR・京阪・地下鉄すべてにエレベータが設置されています。
子連れやベビーカーでの移動が楽チンで、天満橋や桜ノ宮ほど混みません。

 花火の帰りは皆一斉に帰るので、帰りも駅は混雑します。
最寄駅はもちろん行きも帰りも避けましょう。

少し離れていますがJR東西線の大阪城北詰駅なら混雑回避ができます。
急がば回れという事も多いくらいの混雑ですので、少し迂回して帰った方がいいかもしれません。

おすすめの穴場スポットって?どこ?


 関西を代表するお祭りですので、どこも混雑しているのは仕方ないもの。
そうはいっても子供を混雑の中に連れて行くのは勇気がいりますよね。

そんな時におすすめなのがレストランの予約です。
どこも人気なので早めの予約が必要ですが、トイレ問題もレストランなら考える必要なし。

ゆっくりと美味しい食事を楽しみつつ、花火も鑑賞できるので一石二鳥。
値は張るかもしれませんが、特等席での花火鑑賞はいい思い出になるでしょう。

 おすすめのスポットとしては、

・帝国ホテル
・ホテルニューオータニ大阪
・ザ・ガーデンオリエンタル大阪
・阪急32番街 空庭ダイニング

ホテルのレストランを利用すれば子連れを気にする事なく、お祭りを満喫できます。
ホテルはお値段的に…という方は阪急32番街 空庭ダイニングなら少しリーズナブル。

ただどこを予約するにしても早めの電話が必要。
またちゃんと花火が見られる席かの確認も忘れずに行いましょう!

トイレ問題!?どこにある?


 狭いポイントに多くの人が集まってしまう事で問題となるのはトイレ。
大規模なお祭りなので臨時で仮設トイレも設置されますが、
衛生的に問題があったりそれでも数が足りなかったりと心配になります。

人気スポットである桜之宮公園の場合は、いくつか仮設トイレが設置されます。
仮設トイレは嫌!という方は百貨店やドンキホーテのトイレを利用する方が多いです。

 また他の地点で鑑賞される方は最寄りの公園や駅を調べておきましょう。
人気スポットでもある都島橋なら鶴満寺公園や長柄東公園、毛馬桜乃宮公園が徒歩10分以内。
天神橋筋六丁目駅も徒歩10分程度で行けるので、チェックしておきましょう。

花火の前後は人の動きが収集するので、早めにトイレは済ませておきましょう。
お子さんのいるご家庭なら常識かもしれませんが、トイレは早め早めが功を奏します。

まとめ

 

 賑やかなお祭りや花火を子連れでも楽しみたいイベントです。
きちんと下準備をすれば子連れでも充分楽しめますよ。
行きたい方はきちんと準備を忘れずに当日に臨みましょう。

-年間行事, 暮らしの知恵, 7月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「ガーデニングの季節」初心者も大丈夫!5月に植える夏の花7選

お花のあるお家ってなんだか憧れますよね。 家に帰るとお花の香りがするのもとても素敵だと思います。 ガーデニングや園芸が上手なお家は近所でも評判になるもの。 難しいから、きっと自分はできない…と思ってい …

子供にサングラス!?参考にしたいオーストラリアの紫外線対策

 女性の皆さんは欠かさず行っている方も多い紫外線対策。 近年の猛暑の影響もあり、お子さんにも紫外線対策は必須の状況です。 一般的な対策としては日焼け止めの塗布や帽子の着用など。 大人の場合は自分でどう …

雛人形を片付ける時の防虫剤の入れ方は?どんな種類がいいの?

女の子のいるご家庭ではお守りとして飾る雛人形。 我が子の成長を見守ってくれる大切な存在となっていますよね。 きっと親御さんや祖父母からお子さんへと贈られた大切なもの、 飾る期間は短いですが長くずっと綺 …

クリスマスの起源や由来って?サンタクロースはどこから来るの?

  最近では11月からクリスマスの雰囲気が高まりますね。 街中がイルミネーションやクリスマスカラーに染まっていくと、 子ども達はあといくつ寝たらクリスマスか指折り数え始める頃でもあります。  そもそも …

父の日に送る手作りプレゼント!小学生でも出来るオススメ7選

  少し不格好でも手作りのプレゼントはとても嬉しいですよね。 苦労して作った分、気持ちが込められている様に感じます。 幼稚園、保育園の頃は似顔絵が定番だった父の日のプレゼントも、 小学生になると作れる …