お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

11月 2月 年間行事

2月9日は「漫画の日」由来は?いつの時代から漫画は始まった?

投稿日:


 もはやジャパンカルチャーとして海外でも受け入れられる程、
日本文化の代名詞的な存在である漫画。

私たちにとってはとても身近な存在ですよね。
そんな漫画にも記念日があるのはご存知でしょうか。

 好きな漫画の発売日は調べる方はいるかもしれませんが、
漫画の日となるとあまりいつか調べる方はいないかもしれません。

今回は漫画の日についてその由来や日本における漫画の歴史をまとめてみました。

  

「漫画の日」由来は?何?


 漫画の日と簡単に検索するといろいろな日付が出てきます。
記念日なのに複数の日が出てくるので驚かれる方もいるかもしれませんね。

「漫画の日」として定められているのは、2月9日と11月3日

2月9日はあの有名な漫画本専門古書店「まんだらけ」によって定められました。
11月3日は日本漫画家協会と一部の出版社により定められたものです。

 記念日としての名前は同じなのに日付が違うのには、きちんと理由があります。
日本の漫画文化を語る際に欠かせない人物である手塚治虫さん。

漫画の神様としても有名ですよね、日本で知らない人のいない漫画家と言えるでしょう。
実は2月9日は手塚治虫さんの命日で、11月3日が誕生日
それが由来となってどちらの「漫画の日」も制定されているのです。

漫画の神様?何がすごいの?


 「漫画の日」の由来を聞くと、流石漫画の神様と言われるだけあるなぁと感じますね。
ただ手塚治虫さんの凄さは調べれば調べるほどとんでもない人だと分かるのです。

凄いのは分かっているけど、具体的に凄さが分からないよ。
なんて方の為にいくつか具体的に紹介したいと思います。

・手塚治虫全集はギネスブックにも掲載されている。

数多くの漫画を生み出した事でも有名な漫画家だけあって、
全集ともなるとギネスブックにのるレベルの巻数となります。
何十年も漫画を休まず書かないといけない計算になるほどの枚数。
死ぬ間際まで漫画を書き続けていたのもすごいですよね。

・漫画のアシスタント制度を作った。

今では当たり前となっている週刊少年漫画雑誌。
「週刊少年サンデー」や「週刊少年マガジン」が世界初ですが、
もちろんどちらにも手塚治虫さんが関わっています。
ずっと人気漫画家として第一線で活躍する手塚治虫さんは、
世界で始めて漫画のアシスタント制度を作り漫画制作を行いました。
「ベタ」という漫画における黒塗りの言い方も、
手塚治虫さんによって生み出されたのだそうです。

いつから漫画は始まった?


 日本の漫画の歴史を振り返ってみると、
最古の漫画は平安時代の「鳥獣人物戯画」であると言われています。

今の漫画とは異なっていますが、小動物たちが擬人化され楽しげな様子が伺えます。
海外の方からすれば、擬人化などに“日本らしさ”が現れているのかもしれませんね。

 その後、戯画や浮世絵が江戸時代に人気を博します。
弟子の絵手本として描かれた「北斎漫画」が有名どころとして挙げられます。
他にも浮世絵師として有名な歌川広重や歌川国芳も戯画を書いています。

江戸時代になると「吹き出し」の様な漫画の技法も登場。
デフォルメされた「鳥羽絵」や「大津絵」と呼ばれるものも現れてきました。

幕末には1862年に日本初の漫画雑誌「ジャパン・ポンチ」が発行されます。
1930年代には「のらくろ」などが単行本化され大ヒットするものの、
第二次世界大戦中は多くの漫画が出版禁止となりました。

 戦後は紙芝居の影響もあり、漫画文化は一気に浸透。
貸本を経て、高度経済成長に伴いどんどん漫画が普及する様になります。

ちょうど紙芝居や貸本で漫画に親しんだ子供たちが大人になり活動を初め、
手塚治虫さんや石森章太郎さんが漫画家として活躍、現在に繋がる漫画文化に発展するのです。

まとめ


 日本の漫画は文化として認められるほど歴史のあるもの。
たかが漫画と思わずに、記念日には日本の文化としての「漫画」に親しみましょう。

-11月, 2月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

成人式の着物レンタルの相場は?姉妹や卒業を控えている時は?

  成人式ではやはり振袖姿が目を引きます。 普段は見かけない華やかな振袖を多くの新成人が着ているのを見ると、 自然とお祝いの気持ちとともに日本の和服って素敵だなぁと改めて感じますよね。  素敵だなと思 …

節分の由来は?運気の変わり目で金運アップする方法とは?

 毎年2月3日が近づくとスーパーで豆まきの豆が売られています。 お子さんがいる場合は学校やご家庭で豆まきをする方も多いことでしょう。 節分と言えば代表的な行事は豆まきです。 豆まきは掛け声と共に豆を投 …

ご年配・高齢者に人気のお中元!おすすめギフト&プレゼント7選

  毎年手配する方は多くても、年の離れた方宛だと何を贈っていいのか迷いますよね。 せっかくだから喜んでもらいたいという気持ちでお中元を選びますが、 逆に迷惑にならないか気遣ってしまうのが日本人らしい所 …

今年の夏は親子で行ってみよう!「日本三大花火大会」とは?

  夏の風物詩である花火大会、どこで花火を見ても充分綺麗ですが、 規模の大きな規模の大会だと花火も豪華で見ごたえがあります。 有名な花火大会は数多くありますが、 やはり一度は見てみたいのが「日本三大花 …

雛人形を片付ける時の防虫剤の入れ方は?どんな種類がいいの?

女の子のいるご家庭ではお守りとして飾る雛人形。 我が子の成長を見守ってくれる大切な存在となっていますよね。 きっと親御さんや祖父母からお子さんへと贈られた大切なもの、 飾る期間は短いですが長くずっと綺 …