お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

2月 年間行事

2月21日は「漱石の日」夏目漱石の由来は?いつから始まったの?

投稿日:


誰もが知っている有名作家である夏目漱石、
学校の教科書でも作品が使われており代表作を知らない人はいないほど。

ただ作品を知っていてもその人物については知らない方も多いのではないでしょうか。
お札にもなっているので、顔は知っているけど…という方はいるかもしれませんね。

 今回はそんな夏目漱石についてまとめてみました。
夏目漱石にちなんだ「漱石の日」ペンネームの由来についてをご紹介します。
人柄について知ると、以前から知っていた作品もまた違った見方ができるかもしれませんよ。

  

「漱石の日」はいつ?由来は?


 「漱石の日」という記念日は2月21日。
由来としては1911年(明治44年)、文部省が夏目漱石に文学博士の称号を贈ると伝えます。
それに対し、漱石は「自分には肩書きは必要ない」として辞退。

その出来事に由来して2月21日は「漱石の日」と呼ばれているのです。
ちなみに,この時に幸田露伴や森鴎外は学位記を受けています。
辞退して受けとらなかったのは夏目漱石だけ。

 せっかく肩書きをもらえるなら、貰っておけばいいのにと思ってしまいますよね。
でもそこには夏目漱石らしい理由があるのです。

『小生は今日まで、ただの夏目なにがしとして世を渡って参りましたし、
 これから先も、やはりただの夏目なにがしで暮したい希望を持っております。
 従って私は博士の学位を頂きたくないのであります』

これが辞退を伝える手紙の一節として書かれた文章です。
漱石自身の「反権威主義」の考え方がよく現れており、
夏目漱石それ以上でもそれ以下でもないと宣言する様な文章がかっこいいですね。

ペンネームの由来は?どこから?


 そんな揺るぎない信念を持っていた漱石ですが、
本名は夏目金之助という名前です。

夏目漱石というのはいわゆるペンネームなのです。
その由来を調べると漱石と関係の深い俳人が登場します。

その俳人とは正岡子規、文集の巻末文を漱石が引き受けた縁で友情をはぐくみます。
その際に始めて「漱石」というペンネームを使用しました。

 もともとは正岡子規が使用していたペンネームのひとつだったそうです。
その由来は「石に漱ぎ流れに枕す」という故事から付けられたと言われています。

晋の孫楚が「石に枕し流れに漱ぐ」と言うべきところ、うっかり「石に漱ぎ流れに枕す」と言ってしまいます。
ただの言い間違いをこじつけ、
「石に漱ぐのは歯を磨いて丈夫にするため、流れに枕するのは俗事を聞いた耳を洗うため」と言い張ります。

その事から頑固者・偏屈者や意地っ張りという意味があるそうです。
なんだかわざわざ博士号を辞退してしまう漱石にはぴったりという気がしますね。

執筆はいつから始まったの?


 漱石の経歴を見てみると恥かきっ子として生まれ、養子に出されるなど波乱万丈な幼少期を過ごしています。
それでも生まれながらの出来の良さを兄に見込まれて大学へ進学します。

しかしその後は長兄、次兄や三兄の妻との死別と次々に近親者を亡くし、
漱石はその影響からか厭世主義・神経衰弱に陥ってしまいます。

精神的な病に悩まされる文豪は多くいますが、漱石もその一人。
大学卒業後はイギリス留学を経て、教員として生活します。
その間も漱石は極度の神経衰弱に苦しむのです。

 漱石が作家として執筆をするきっかけとなったのは、
意外にも漱石が苦しんでいた神経衰弱でした。

この症状を緩和する為に高浜虚子の勧めで執筆を始めたのです。
1904年に執筆を始め発表されたのが処女作でもある『吾輩は猫である』。
処女作も好評を博し、執筆を続け次第に作家として活動する様になります。

まとめ


 文豪として知られる夏目漱石ですが、執筆を始めたきっかけは意外なもの。
漱石の波乱万丈の人生によって味わい深いキャラクターやストーリーが生まれているのが分かりますね。

-2月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

敬老の日のプレゼントは何?喜ばれる孫の手形の手作り作品

9月の第三週の月曜日は敬老の日。いつもお世話になっている、おじいちゃん、おばあちゃんへの感謝のしるしとして、お子さんと一緒にプレゼントを作ってみてはどうでしょうか?孫からのプレゼントに、おじいちゃん、 …

初詣に車で行ける穴場?関西近郊ならいつ行けばいいのかな?

お正月と言えば欠かせないのが初詣です。 元旦にお雑煮を食べてひと段落したら「よし、そろそろ…」と、 ご家族で出かける家庭も多いのではないでしょうか。 三が日には参拝客も多く混雑する神社ばかり。 有名な …

雛人形が怖い!本当の起源とひな祭りにまつわる「恐ろしい歌」

季節になると飾られる綺麗な姿の雛人形、 もう平気になったかもしれませんが子供の頃は少し怖くも感じます。 雛人形に限らず、日本人形はとても精巧に作られており、 なんだか動き出しそうな気がするのが怖さを引 …

成人式の意味や由来は?いつから始まったの?なぜ振袖なの?

 お正月が明けた1月15日、街に出ると成人式を終えた若者がいっぱい。 振袖や袴姿は華やかで、街中で見かけると「あぁ、成人の日だったんだな」と実感します。 もうすでに成人式を何年も前に終えてしまった身と …

こどもの日の「鯉のぼり」意味は?何歳まで出すの?室内でも良いの?

  五月晴れの空に泳ぐ「鯉のぼり」、季節を感じさせてくれるアイテムの一つですよね。 風にたなびくその姿は色鮮やかで美しく、男の子に限らず女の子も楽しみにしているのではないでしょうか。 この季節になると …