お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 暮らしの知恵 3月

雛人形を買う時、屏風の選び方は?豪華に「金」?他に種類は?

投稿日:


雛人形を購入の際は多くのご家族が悩みながら決めています。
今風のものから古風なものまで沢山の種類がありますよね。

段飾りや親王飾りなどスペース的な問題も出てくるかもしれません。
意見が割れて喧嘩にも発展するご夫婦もいるくらい、
雛人形選びって一生ものになるので大変な作業ですよね。

 今回はそんな雛人形選びについてちょっと違った観点からまとめてみました。
雛人形の飾りとして大切な「屏風」にスポットライトを当ててみましたよ。

悩んでいる方ももう購入した方も、
雛人形の「屏風」に少し注目してみませんか?

  

雛人形の屏風、選び方は?


 今回なぜ「屏風」に注目してみたかというと、
最近は雛人形がセットで販売されている事が多いですよね?
季節になると百貨店やデパートで綺麗に飾られている姿を見かけます。

セットで販売されており、10万円~となかなか高価な品物となっています。
お人形と屏風、セットによっては道具屋飾り台なども付いていますが、
それぞれの価格がいくらくらいになっているのか考えた事はあるでしょうか。

 もちろん雛人形というくらいなんだから、
雛人形が一番高額に決まっているじゃないか!と言う方ばかりでしょう。

実は最近主流のセットに多いのが、屏風と飾り台が中心のセット
人形の価格よりも倍以上のコストをかけて屏風や飾り台が作られています。

信じられないかもしれませんが、
実は屏風や飾り台といった飾りが豪華な程に見栄えが良くなるのです。

その為、主役である人形へのコストを削るセットすらあるほど。
本末転倒な気もしますが、それだけ屏風が大切なのも理解してもらえると思います。

なぜ「金」が主流なの?


 やはり豪華に見えると言うと「金屏風」です。
結婚式など一般的なお祝いの場面でもよく使われていますよね。

なぜ金屏風が主流かというと、
豪華に見えるお祝いに相応しいという理由もありますが、
洋装・和装どんな服装にでも合い主役を引き立ててくれるから。

 もちろん屏風にもいろいろな種類があります。
二曲屏風、六曲屏風など折りたたむ面の種類もありますが、
材質も木や漆塗りのものもあります。

上張りと言われる表になる面も定番の金箔だけでなく、
絹や和紙、砂子などの素材によって違った表情が出てきます。

柄の描かれた華やかな種類もあり、
定番は桜や富士などのおめでたい柄が定番です。

変えたい場合はどうする…?

雛飾り1屏風

 気に入って購入したけど雰囲気を変えたい時、
経年劣化によってシミができてしまったという時もありますよね。

そんな時には屏風だけでも変えてみませんか
屏風だけでも一気に雰囲気が変わる事もありますし、
よりお人形が際立つものを選べば一体感もきちんと保てます。

 屏風や飾りだけ、単品での販売もあります。
セットでの購入が多いですが、人形と道具を別で購入する方もいらっしゃいます。

全て自分の気に入ったものを選びたいこだわり派の方は、
お店を巡ってそれぞれお気に入りを選ぶという選び方もいいかもしれませんね。

まとめ


 雛人形の人形自体はそもそもあまり大量生産に向いていません。
工芸品に近いものですので、高いものなら一点ものに近いお人形ばかりです。

本当に気に入る雛人形を見つけたら、それは運命的な出会いと言えます。
悩みは多いかもしれませんが、満足できる雛人形が見つかるといいですね。

-年間行事, 暮らしの知恵, 3月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

厄年の女って年齢は幾つなの?どんな事に気を付ければいいの?

お正月に初詣に行くと「厄年」になる年齢が早見表で出ていたりします。 ちらっと見たことがある方もいるのではないでしょうか? 私なんかは早見表を見た時に、 「え?ほとんどずっと厄年みたいなものなんだ・・・ …

海の日2019年はいつ?由来は?子供と楽しむイベント穴場は?

 海の日がニュースで報道される際には、 よく海開きの映像が流されるので海の日=海開きのイメージが強いかもしれません。 でも実は海開きが必ず海の日に行われている訳ではないのです。 それならなぜ海の日とい …

夏の花、子供でも大丈夫!育てやすくて手入れ簡単オススメ10選

 夏になると小学生のお子さんは自由研究に四苦八苦しますよね。 また植物のお世話が課題として出る学校もあるでしょう。 特にお花は成長する過程も楽しいですが、 花を咲かせた瞬間はお世話の成果が目に見えて本 …

今年の夏は親子で行ってみよう!「日本三大花火大会」とは?

  夏の風物詩である花火大会、どこで花火を見ても充分綺麗ですが、 規模の大きな規模の大会だと花火も豪華で見ごたえがあります。 有名な花火大会は数多くありますが、 やはり一度は見てみたいのが「日本三大花 …

「愛鳥週間のポスター作成」過去の受賞作品から見たオススメの鳥とは?

 よく学校の課題となる「愛鳥週間」のポスター。 鳥を描く機会もそのポスターくらいですから、何を描くか困りますよね。 課題だから何か書かなくてはいけないけど、鳥と言っても種類は様々。 過去の受賞ポスター …