お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 雑学 3月

雛人形が怖い!本当の起源とひな祭りにまつわる「恐ろしい歌」

投稿日:


季節になると飾られる綺麗な姿の雛人形、
もう平気になったかもしれませんが子供の頃は少し怖くも感じます。

雛人形に限らず、日本人形はとても精巧に作られており、
なんだか動き出しそうな気がするのが怖さを引き立てていますよね。
特に夜はあまり見ないように過ごしていた方もいるのではないでしょうか。

 実は華やかで綺麗なイメージのある雛人形ですが、
怖く見える理由としてはその起源が関係しているかもしれません。

お守りとして守ってくれるものには違いありませんが、
本当の起源は悲しくもあり少し怖くも感じます。

今回はそんな雛人形の起源や歌にまつわるちょっと怖い話をまとめてみました。

  

雛人形の起源は怖い?


 そもそも人形というのは雛人形に関わらず、
呪術的な道具として使われていたものが発展したものです。

ではひな祭りの起源はどんなものかというと、
起源は漢の時代の中国にまで遡ると言われています。

昔、漢の時代の徐肇(じょちょう)という男がおり、3人の女児をもうけます。
それにも関わらず3人とも3日以内に死んでしまうのです。

その嘆き悲しむ様子を見た同じ村の人たちが酒を持ち、
3人の女児の亡骸を清めて水葬します。
これがひな祭りの起源であると言われています。

 平安時代になると、「上巳の祓い」と言い、3月3日に陰陽師を呼びお祓いをさせ、
自分の身に降りかかる災難を自分の生年月日を書いた紙の人形(ひとがた)に移らせて川に流しました。

この厄払い様子は今でも「流しびな」の行事として残っています。
この紙のひな人形が発展し、現在のひな人形になったとされているのです。

昔は子供の死亡率が高く、小さいうちに亡くなるお子さんも多くいました。
子を思う親の思いから生まれた雛人形ですが、
本当の亡骸から現在の形に変わったと考えると少し怖い気もしますね。

ひな祭りの「恐ろしい歌」って?


 ひな祭りになるとよく歌われている「うれしいひなまつり」
替え歌を歌って遊んでいた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただタイトルが「たのしいひなまつり」の割に曲調はなんだか暗いですよね。
実はこの歌にも作者に関係する悲しい逸話があるのです。

歌の二番目の歌詞は、

『 お内裏様(だいりさま)と おひな様
  二人ならんで すまし顔
  お嫁にいらした 姉様に
  よく似た官女の 白い顔 』

 歌詞を改めて見るとなぜここでお姉さんの話が出てくるのか。
姉様に似た白い顔?ちょっと怖い感じがしていた方もいるのではないでしょうか。

結婚式でお粉を塗り、綺麗にお化粧をしていただけなのでは?
そういった解釈もできるかもしれません。

ただ作詞家であるサトウハチローさんはお姉さんがいましたが、
結婚が決まった矢先に若くして結核で亡くなられてしましました。

この歌が短調なのはハチローの姉へのレクイエムだからであるとの解釈もあります。
なんにせよ亡くなった姉に対する作者の悲しみが表れているのかもしれませんね。

ひな祭り歌は間違ってる?


 この「うれしいひなまつり」は誰もが歌えるひな祭りの歌として有名です。
2007年には日本の歌百選にも選ばれるほどのメジャーなもの。

子供の頃は無邪気に歌っていたかもしれませんが、
大人になってから歌うと疑問に思う所が多々あるのではないでしょうか。

これは歌中に間違った描写が含まれているのが原因。
作詞家のサトウハチローさんも間違いに気づいたのですが、
その頃にはこの歌が日本中に広まりずっとこの曲を嫌っていたのだとか。

 では、どこが間違っているのか見てみましょう。

2番の歌詞で「お内裏様とお雛様,二人並んですまし顔」とあります。

ただお内裏様というのは男雛と女雛、二人を指し示す言葉。
「お雛様」も同じく全体または内裏雛の二人を指す言葉です。

更に3番の「~すこし白酒 めされたか あかいお顔の右大臣」とありますが、
実際は見ている側の右手にいるのは左大臣であり、本当の右大臣は色白の若者なのです。

まとめ

 
 作詞家さんのうっかりミスもあれど、「うれしいひなまつり」は馴染み深い曲です。
恐い歌では無く、サトウハチローさんのわが子へ、若くして亡くなった姉への思いが詰まった
女の子の為の日本の名曲であると言えそうですね。

-年間行事, 雑学, 3月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

成人式の意味や由来は?いつから始まったの?なぜ振袖なの?

 お正月が明けた1月15日、街に出ると成人式を終えた若者がいっぱい。 振袖や袴姿は華やかで、街中で見かけると「あぁ、成人の日だったんだな」と実感します。 もうすでに成人式を何年も前に終えてしまった身と …

お彼岸に墓参りに行く意味って?正しい服装やお供え物は何?いつ行けば良いですか?

お彼岸の時期が近づいてきましたね。 この時期になると家族と共にお墓参り行くのではないでしょうか。 しかしながら「そもそもなんでお彼岸にお墓参りに行くの?」と 疑問に思った方ことがあるのではないでしょう …

ハロウィーンで仮装する?子供の衣装を簡単で安く作る方法

10月31日はハロウィーン。最近では、大人も子どもも、仮装するのが当たり前のイベントになってきました。 せっかくのハロウィーン。でも1から衣装を手作りするのは大変。100均アイテムにひと工夫をして、子 …

五月人形はいつからいつまで飾るの?メンテナンスの仕方は?

  後継となる男の子が誕生すると待ち遠しいのが初節句です。 父方、母方どちらのご実家も盛大にお祝いしたいと思いますよね。 端午の節句といえば「鯉のぼり」と「五月人形」。 ご夫婦が子供の為に購入する場合 …

果物狩り(味覚狩り)5月に子供とお出かけスポット5選「関東編」

5月といえばゴールデンウィークです。 子供がいるとお出かけスポットにも悩みますよね。 大人だってせっかくの連休ですから、 家族サービスもしつつ自分も休暇を楽しみたいもの。 わがままを言うならば、楽しい …