お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 雑学 3月

二人目の女の子が誕生!雛人形はどうする?もう一つ買う?

投稿日:


女の子にとっては大切な行事であるひな祭り、
その際には欠かせない存在として雛人形が綺麗に飾られます。

何体ものお人形が飾られる段飾りは華やかな美しさがあって素敵ですよね。
1人目のお子さんの時には奮発して買ってしまうご家族もいるのではないでしょうか。

 ただ悩むのは二人目、三人目の時ですよね。
一人目の時は張り切って買ったものの、
その次となると予算的にもスペース的にも厳しいものです。

親からすると差を付ける様で申し訳ないやら、頭が痛いやら。
そんな方の為に、今回は二人目の女の子がいる場合どうしているかを調べてみました。
今まさに悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい。

  

二人目、雛人形どうする?


 まずは、雛人形を買う?買わない?の疑問から見てみましょう。
そもそもの雛人形の意味は「厄除けのお守り」としてのもの。

降りかかる災厄からお子さんを守る為に、人型の人形をお守りにするのです。
自らの厄を身代わりに引き受けてくれる人形ですので、
基本的には1人につき一つが望ましいもの。

 でも上の子には段飾りを買っているし、もう一つは無理・・・。
そういうご家庭もたくさんあると思います。

いいものを揃えようとすると結構な金額となりますし、スペースだって限られています。
子供が小さいうちはお家に遊ぶ場所も確保しなくてはいけないし、仕方ないですよね。
それでもあまり差を付ける様な事はしたくない難しい親心。

そんな時にはちょっと考え方を変えた人形選びをしてみてはいかがでしょうか。

人形はどれを選ぶ?

市松人形

 あまり差は出したくないという方は、人形の種類を変えてみましょう。
雛人形の種類を変えて、親王飾りを選んでみたりするのもいいですよね。

また二人目のお子さんの場合には市松人形や浮世人形を用意する方もいます。
同じ雛人形だと比べる感じになるので、雛人形以外を選択する様です。

 桃の節句というと雛人形をすぐに連想してしまいがちですが、
市松人形や浮世人形もちゃんと厄を引受けお子さんを守ってくれる節句に相応しいもの。

地域によっては二人目のお子さんは他の人形を購入し、
雛人形の横に飾ってひな祭りをお祝いするのも普通に行なわれているそうです。

ちょっと雛人形とは違った子供らしいお顔の市松人形、
嫁入り道具としても用いられるおめでたい場に相応しい浮世人形。
どちらもまた違った人形の良さがあっておすすめです。

人形以外でもいいの?


 現在はお子さんの死亡率もぐんと下がり、厄を引き受けるという本来の意味は失われがち。
そういった考えから、雛人形を共有するご家庭もある様です。

ただそれだけでは可哀想ということで、
人形以外のものを人数分用意する事が多いみたいです。
 
 どんなものかというと、名前入の幟や木札
雛人形は一つでもその他の道具を増やしてあげる方法。

 その他の方法としてはつるし雛を購入し、一緒に飾る方もいます。
どちらにせよ雛人形のみでなく、他のものも一緒に飾れば一段と華やかな雰囲気。
ひな祭りの記念の写真もよりいい写真が撮れそうですよね。

 その他の方法として最初は親王飾り、次は三人官女と徐々に増やしていく方法
次第に段飾りに近づきバージョンアップさせるなんて方もいらっしゃいました。
そういう方法も姉妹で楽しめるのでいいのかもしれませんね。

まとめ


 お祝いすべき嬉しいひな祭りも親にとっては悩みの種。
1人ひとつが望ましいとは言え、絶対ではないので最終的には考え方の問題。

それぞれのご家庭で相応しい選び方があると思いますので、
あまり深く考えずお子さんが楽しくひな祭りを迎えられる様に準備できるといいですね。
素敵で思い出に残るひな祭りになる様に早めに策を考えておきましょう。

-年間行事, 雑学, 3月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2/23は富士山の日。なんで静岡県の学校だけ休み?他の県は?

 富士山といえば日本が世界に誇る名峰です。 2013年には関連の文化財と共に世界文化遺産に登録されています。 登録名は「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」。知っていましたか? 私は当初なんて長い名前で登 …

「八十八夜」って2019年はいつ?子供に分かりやすく説明しよう

歌で有名な八十八夜ですが、実際にいつかと言われると分からないもの。 ましてなんで八十八なのか?と聞かれても、困る方が多いのではないでしょうか。 大人はそんなものと思っていても、 子供って割とそういった …

2019年の立夏はいつ?意味は?する事や食べ物はどうするの?

季節が過ぎてゆくのは早いもので春が過ぎるともう夏が来ます。 年々猛暑が体に堪え、暑い夏が嫌になっている方も多いでしょう。 そんな季節の始まりを告げるのは「立夏」です。 ただ立夏になったからといって、全 …

今年の夏は親子で行ってみよう!「日本三大花火大会」とは?

  夏の風物詩である花火大会、どこで花火を見ても充分綺麗ですが、 規模の大きな規模の大会だと花火も豪華で見ごたえがあります。 有名な花火大会は数多くありますが、 やはり一度は見てみたいのが「日本三大花 …

こどもの日っていつから?由来は?アメリカと子育ての違い5選

 GW終盤の5月5日は「こどもの日」であり、祝日となっています。 最近では男女関係なくお子さんがいるご家庭はお祝いする事も多いですよね。 スーパーやデパートでも「こどもの日」にちなんだ物がたくさん。 …