お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 雑学 3月 4月

「イースター」とは何の日?由来・意味は?オススメ楽しみ方7選

投稿日:

 
言葉だけなら皆が知っている「イースター」
海外ではクリスマスと並ぶメジャーなイベントですが、
日本においてはそこまでメジャーなイベントではありません。

テーマパークでは季節になるとイースターイベントが行われているので、
そこからイースターを知ったという方も多いでしょう。

 楽しそうなイベントとして知られている「イースター」ですが、
本来は何の日でどういった由来や意味があるのでしょうか。

今回は「イースター」についてをまとめてみました。
オススメの楽しみ方もご紹介しますので、
今年は楽しくイースターを過ごされてはいかがでしたでしょうか。

  

「イースター」って?何の日?


 そもそもの「イースター」はキリスト教が由来しており、
十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する日。

「復活祭」と呼ばれるもので、英語から「イースター」とも呼ばれています。
キリスト教にとってはとても大切な日である事が分かりますよね。

各国ごとに日にちは違いますが、
基本的には「春分の日が過ぎて最初の満月が出た後の次の日曜日」に行われます。
日付は違っても必ず日曜日に行われ、
国によっては翌日の月曜日もイースターホリデーとして休日になります。

また株式市場もイースター前日~月曜まで休場となる程です。
日本では実感が無いかもしれませんが、そこまでメジャーかつ大切な行事。

 日本においては英語での表記である「イースター」として知られていますが、
ギリシャやロシアなどでは「パスハ」と呼ばれています。
ちなみに日本正教会でも「パスハ」と呼んでいるそうです。

英語圏からのテーマパークから知った方が多いのか、
日本でもイースターが主流で宗教行事というよりもお祭のイメージが強いですよね。

卵?うさぎ?由来や意味は?


 イースターといってイメージに強く残っているものは。
カラフルなイースターエッグやイースターバニーではないでしょうか。

テーマパークや雑貨屋さんにも、
そういったイースターモチーフのカラフルな可愛い小物が並びます。
それぞれ、どういった由来や意味があるのかを調べてみました。

まずイースターエッグですが、
見た目には動かない卵から新しい生命が生まれ出ることから、
死と復活を象徴しているといわれておりイースターのシンボルとなっています。

今ではカラフルなイースターエッグですが、もとは赤い卵だったとされています。
マグダラのマリヤがキリストの復活を知らせるためにローマ皇帝に献上したのが赤い卵。
起源は諸説あり、伝承のひとつに過ぎませんが色を塗る習慣の起源とされています。

 イースターバニーについては西方教会のみの習慣であり、
16~17世紀にかけて定着したもので最近できたばかり。
ウサギは多産であることから豊穣の象徴とされています。

オススメの楽しみ方7選


 日本ではあまり馴染みの無いイースターですが、
海外ではいろいろな楽しみ方でイースターというお祝いを楽しんでいます。

オススメの楽しみ方としては、

①イースターエッグを手作り

フォークで小さい穴を一つ開け、少しずつ穴を広げます。
あまり穴が大きくならない様に注意しながら、中身を全て出しましょう。
黄身は爪楊枝で潰すと出てきやすくなりますよ。
軽く水ですすぎ乾かしたら、綺麗にペイントや飾り付けをして完成!

②お部屋を飾り付け

せっかくのイベントですので、イースターの雰囲気にお部屋も飾り付けしましょう。
白ゆりはイースターリリーと呼ばれ、聖母マリアを象徴する花。
ぜひ飾りに取り入れて可愛らしくお部屋をデコレーションしましょう。

③エッグロール

名前の通り卵を転がす遊びです。
転がす方法は棒でもスプーンでも何でもOK。
ホワイトハウスでも毎年恒例となっている伝統的な遊びです。

④エッグレース

卵を運ぶ遊び。日本の場合、運動会でも見かけますよね。
スプーンやおたまの上に卵を乗っけて運ぶ速さを競います。

⑤エッグハント

イースターと言えば、エッグハントは欠かせません。
隠したイースターエッグを探し出すゲームです。
アメリカでは卵型のチョコを隠したり、卵型ケースにお菓子が入っているのが定番。
子供は夢中になってしまいそうですね。

⑥イースター料理

イースターエッグを作る際に、どうしても卵の中身が余ります。
そんな時には卵料理でイースターをお祝いしましょう。
名物料理としては「デヴィルスエッグ」という料理。
ゆで卵の黄身をくり抜き、黄身とマヨネーズやマスタード、パプリカパウダーを混ぜます。
混ぜたものを半分に切ったゆで卵の白身に詰めれば完成です。
おつまみにもぴったりで、大人ついつい止まらなくなりそう。

⑦ボンネットパーティー

帽子を被ったり仮装したりするイースターに行われるパーティー
ニューヨークで行われるパレードが有名です。
工夫を凝らした帽子を被り、皆さん楽しそうな様子。
いつか日本でもハロウィンの様にメジャーになるかもしれませんね。

まとめ


 まだ日本においては馴染みのないイースターですが、
意味や由来を知った上でイースターを楽しく過ごしてみてはいかがでしょうか。

-年間行事, 雑学, 3月, 4月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「幼稚園の入園準備」これだけあれば大丈夫!オススメ10選

やっと幼稚園・保育園への入園が決まって一安心と思いきや、 お母さんはゆっくり休んでいる暇もありません…。 入園準備は簡単そうに思われるけど意外と大変なのです。 園からの説明を聞いた後に準備を進めますが …

三社祭(さんじゃまつり)の三社って?なぜ江戸時代から始まった?

江戸っ子のお祭好きは有名な話です。 その遺伝子が根付いているせいか、今でも日本人はお祭好きなのかもしれません。 まだまだ江戸っ子気質が残る東京において有名な「三社祭」、 名前は聞いた事あっても「三社」 …

「子供の運動会」暑さ対策とマナーが大事。日除けの日傘は大丈夫?

  子供の運動会といえば大事なイベントの一つでもあります。 お母さんは手の込んだお弁当を準備、お父さんは撮影担当なんてお家も多いのでは? 親にとって学校行事における子供の姿はとても新鮮に映るもの、 「 …

6月22日は「かにの日」由来は?ズワイとタラバ、人気なのは?

みなさん大好きな甲殻類のあの蟹、 あまり知られていませんが記念日があるのはご存知でしょうか。 日本人は蟹好きで知られており、昔からご馳走とされています。 今でも年末年始は蟹が欠かせないという方もいらっ …

忘年会の挨拶を面白くするには?最後の手締めって何?やり方は?

  忘年会で皆でわいわい飲むとやっと一年終わると身にしみて実感します。 楽しめればそれだけで忘年会として大成功!とも言えるのですが、 一年の終わりという大切な節目の役割もある忘年会で「挨拶」は欠かせま …