お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

雑学 4月

4月14日は「タイタニック号の日」衝撃・驚愕の都市伝説10選

投稿日:


知らない人がいないくらい有名な「タイタニック号」、
一躍世界中の人が知ることになったのは映画「タイタニック」の影響でしょう。

映画を通して伝えられている悲惨な海難事故、
アカデミー賞を受賞する名作として広く知られている映画作品です。

 ただ事実は小説よりも奇なりという話がある様に、
「タイタニック号」にまつわる都市伝説はたくさん語られています。

都市伝説なので真偽の問題はあるものの、どんな話があるのか気になりますよね。
テレビ番組でも何度か紹介されていますが、都市伝説についても調べてみました。

映画では悲しいラブストーリーがメインに描かれていましたが、
違った側面を知ると「タイタニック号」の知られざる一面が見られるかもしれません。

  

「タイタニック号」どんな船?


 「タイタニック号」はホワイト・スター・ラインという会社が所有していた船。
船籍としてはイギリス、オリンピック級の客船であり特徴としてはその豪華な内装でしょう。

造船家のアレクサンダー・カーライルとトーマス・アンドリューズによって設計され、
北アイルランドのベルファストにあるハーランド・アンド・ウルフ造船所で建造されました。

 「タイタニック」の名前で広く知れ渡っていますが、
正式名称は「RMS(Royal Mail ShipまたはSteamer)Titanic」。
RMSとは英国郵便汽船を意味しており、実際に船上で手紙の投函も可能だったそうです。

「タイタニック号の日」って?意味は?


 映画「タイタニック」でも悲劇的な海難事故の様子が描かれていますが、
実際の事故の様子はどうだったのでしょうか。
「タイタニック号の日」とはどんな意味を持つ日なのかを見ていきたいと思います。

タイタニック号沈没事故は皆さんご存知の通り、当時最大の死者数を出した海難事故です。
事故内容としては処女航海中にニューヨーク港に向けて航行中、海氷に衝突して船体が破損。

 全16区画のうち5区画も穴が空いてしまい乗務員はすぐに遭難信号弾と無線での助けを求めます。
タイタニック号が処女航海へ出発したのは1912年4月10日、事故は4月14日に起こりました。

この時にタイタニック号が発した信号が世界で初めてのSOS信号と言われており、
4月14日は「タイタニック号の日」または「SOSの日」と呼ばれています。

タイタニックに纏わる都市伝説10選


 現代の分析によると防げたかもしれない海難事故とされており、
事故の経緯を辿るとヒューマンエラーによる事故という面が浮き彫りになります。

普通に考えれば有り得ないと思える様な事も起きているのです。
都市伝説も含め、語られている“不思議”について集めてみました。

①タイタニック号の姉妹船も事故を起こしている
②タイタニック号は船体をすり替えられた姉妹船
③沈没前にボヤ騒ぎがあった
④見張りはなぜか肉眼で行われていた
⑤常時22ノット以上の速度(最高は24ノット)
⑥事前に6件もの海氷の警告を受けていた
⑦救命ボートが足りなかった
⑧映画「タイタニック」以前に映画が作られている
⑨事故は乗せていた「ミイラの呪い」によるもの
⑩タイタニック号に乗り生き残った日本人男性がいる

 実はこれ②⑦⑨以外は本当の話です。
②は有名な都市伝説ですが、姉妹船でも見た目の違いは明白で不可能。

そしてすり替えられたとされる姉妹船「オリンピック号」ですが、
タイタニック号の沈没の際には救難信号を救助に向かった船でもあります。

石炭を粉にしていたので、ちょっとしたボヤは日常茶飯事でしたが、
加減ができず燃焼するまで速度は落とせない状態です。

人為的ミスにより双眼鏡がロッカーに置かれたまま、
肉眼での見張りとなりその状態で22ノットという速度は非常識とも言われています。

 ⑨の「ミイラの呪い」により船長の様子が普段とは違ったとも言われていますが、
異常な速度も自身最後の航海において「ブルーリボン賞」という大西洋最速横断記録を狙ったとされています。

実はミイラが乗せられた記録は無く、乗船客の旅の暇つぶしで話した噂話と言われています。
また⑦は映画でもシーンとして描かれていますが、
救命ボートの数は十分なのに定員に満たない人数で船を出してしまったのです。
本来ならばもっと救えたはずの命、緊急時に人の本性が出るのかもしれませんね。

まとめ


 ちなみに⑩の日本人男性は細野正文さんという方で、
なんとミュージシャン細野晴臣さんのお爺さんに当たるのだそうです。

生き残っていなかったらYMOも無かったのですね。
意外な繋がりだなぁと感じる方も多いのではないでしょうか。

-雑学, 4月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ゴルフ マスターズっていつから?出場資格はどうすれば取れる?

ゴルフをやらない方も耳にした事がある大会の一つである「マスターズ」。 海外の一流選手と共に日本人プロゴルファーが戦っている姿はよくニュースで取り上げられます。 特に日本人が活躍した年は、ニュースでも大 …

子供にサングラス!?参考にしたいオーストラリアの紫外線対策

 女性の皆さんは欠かさず行っている方も多い紫外線対策。 近年の猛暑の影響もあり、お子さんにも紫外線対策は必須の状況です。 一般的な対策としては日焼け止めの塗布や帽子の着用など。 大人の場合は自分でどう …

初心者必見!自宅でバーベキューを楽しむ!コツと準備7選

毎年暖かくなってくると、近所でもどこかからいい匂いが・・・。 ちょっと駐車場などスペース広めのお家や庭先など、 ご自宅でBBQを楽しむ方も見受けられます。 手軽に自宅で友人たちを招いて楽しく食事をする …

「寒の戻り」の意味は?いつ頃の時期?反対語の「暑の戻り」って?

 温度差の激しい季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもあります。 それを表す言葉として「寒の戻り」と言われますが、正確な意味をご存知でしょうか? 日本語、特に気象や季節に関係する言葉は難しいですよね …

7月4日はアメリカの「独立記念日」どこからいつ独立したの?

アメリカの独立記念日、「インデペンデンスデイ」は有名ですね。 他の国にも独立記念日はあるものの、アメリカの場合は段違いの知名度を誇っています。 世界のリーダー、類を見ない先進国であり大国となっているア …