お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 雑学 5月

「八十八夜」って2019年はいつ?子供に分かりやすく説明しよう

投稿日:


歌で有名な八十八夜ですが、実際にいつかと言われると分からないもの。
ましてなんで八十八なのか?と聞かれても、困る方が多いのではないでしょうか。

大人はそんなものと思っていても、
子供って割とそういった細かな所が気になるものですよね。

 今回は「八十八夜」の意味を、
子供に分かりやすく説明ができるようまとめました。

ふと考えるとなぜ夜を数えるのか不思議に思っていた方もいると思います。
その理由についても調べてみましたよ。

  

八十八夜って?2019年はいつ?


 そもそも「八十八夜」とは何かというと、雑節のひとつ。
季節の移り変わりを掴むために作られたもので、節分や彼岸の仲間です。

「八十八夜」とは言うものの、何を起算として数えるのでしょうか。
その答えとしては「立春」になります。

「立春」を起算として88日目、立春の87日後の日が「八十八夜」に当たります。
2019年で言えば、「立春」が2月4日ですので「八十八夜」は5月2日

 なぜ八十八なんて中途半端な日を大事にしているのかというと、
農作業を始める基準として用られていたから。

八十八歳を米寿と呼ぶように、「米」という漢字は八十八に分解できます
気候も落ち着いてきたこの季節、農作業に適しているとされています。
農家にとっては作業の目安となる大切な日だったのです。

お子さんに説明する際には、

「春から夏に変わって行く時期で農家さんが立春から88回寝て待って、
          農作業を始めるスタートの日にしているんだよ」

そんな風に説明してあげると分かりやすいかもしれません。
子供にとってもお正月のように、寝て待つのは分かりやすいですよね。

なぜ夜が付くの?理由は?


 子供と違って次第に寝て待つという考えが無くなってしまう大人、
正直夜を数えるくらいなら日で数えた方が分かりやすいと思ってしまいますよね。

ただ八十八夜の場合は夜を数える理由がちゃんとあるのです。
その理由は2つあります。

 

ます1つ目の理由としてもともと「太陰暦」を使っていたから。

今ではお馴染みの「太陽暦」「グレゴリオ暦」は太陽を基準と考えます。

月の満ち欠けを基準としていた「太陰暦」の時代を考えれば、
夜を数えるのもあまり変には感じませんよね。

2つ目の理由としては農業に関係

「八十八夜の別れ霜」や「八十八夜の泣き霜」というものがあります。

農作物に被害を出す遅霜が発生する時期でもあり、その霜は夜から明け方にかけて発生します。
「夜に注意」という意味を込めて、「夜」という字が付いているとも言われています。

お茶との関係は?茶摘みの歌?


 「八十八夜」と聞くと誰もが思い浮かべる「茶摘み」という歌。

『夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る
 あれに見えるは茶摘みぢやないか
 あかねだすきに菅(すげ)の笠

 日和(ひより)つづきの今日このごろを
 心のどかに摘みつつ歌ふ
 摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
 摘まにゃ日本(にほん)の茶にならぬ』

歌にもある様に、「八十八夜」は茶摘みの時期でもあります。
この頃に積まれた茶葉は「新茶」や「一番茶」と呼ばれ、
冬に養分を蓄えた栄養価の高さが特料です。

 「新茶」「一番茶」は地域によっても時期が違いますが、
この時期のお茶は健康に良いとされており、
病気にならないとか長生きできるとも言われています。

また「あかねだすきに菅(すげ)の笠」と「摘まにゃ日本(にほん)の茶にならぬ」、
この部分には様々なバリエーションが存在しています。

お茶で有名な宇治周辺において、

京都府宇治市    「茜襷に菅の笠」
京都府相楽郡和束町 「摘まにゃ和束の茶にならぬ」
奈良県奈良市    「摘まにゃ田原の茶にならぬ」

地名が入り、地域ごとの茶摘み歌になるのは納得ですが、
「茜襷に菅の笠」とは何か気になる方もいるのではないでしょうか。

これはお茶を摘む時に掛けられるもの。
茜には止血効果があり指先を怪我しやすい茶摘み時に、
たすきの茜成分をすり込みながら作業を行うそうです

茶摘みでお馴染みのあの衣装にもちゃんと理由があるのですね。

まとめ


 この時期にしか飲めない新茶、ぜひゆっくりと味わってみたいものですね。

-年間行事, 雑学, 5月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「夏祭りの屋台」小学生に圧倒的人気!親子で楽しむオススメ10選

夏といえば花火と夏祭り、子供にとっては心待ちのイベントですよね。 普段と違った雰囲気の中で、屋台を巡るのがお祭りの醍醐味。 お祭りでしか味わえないグルメもあり、大人にもお祭り好きはいるものです。 買い …

イルミネーション関東近郊でおすすめは?上手く撮影するコツは?

 街を彩る綺麗なイルミネーションが見られ始めると、 大人でもなんだか浮き足立つようなウキウキした気分になりますね。 冬の寒さや年末に向けての忙しさもあり、 荒んでしまう大人たちにすら癒しを与えてくれる …

「幼稚園の入園準備」これだけあれば大丈夫!オススメ10選

やっと幼稚園・保育園への入園が決まって一安心と思いきや、 お母さんはゆっくり休んでいる暇もありません…。 入園準備は簡単そうに思われるけど意外と大変なのです。 園からの説明を聞いた後に準備を進めますが …

七夕の願い事!大人が叶えて欲しいランキング!ベスト5

七夕になると飾られる笹の葉と色とりどりの短冊、 日本の夏の風物詩とも言える光景となっていますよね。 小さな短冊にはいろいろな願い事が書かれています。 中には子供の可愛らしい願い事が多く見受けられます。 …

紫外線対策の帽子!どんな色や形がダメージを抑えてくれる?

  夏の連日の猛暑は年々厳しくなっている様に感じますよね。 日差しもジリジリと照りつけるので、外でお仕事をされている方は辛い時期と言えます。 また女性にとっても紫外線は大敵。 老化の原因とも言われる紫 …