お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

6月 暮らしの知恵 雑学 5月

初心者必見!自宅でバーベキューを楽しむ!コツと準備7選

投稿日:


毎年暖かくなってくると、近所でもどこかからいい匂いが・・・。
ちょっと駐車場などスペース広めのお家や庭先など、
ご自宅でBBQを楽しむ方も見受けられます。

手軽に自宅で友人たちを招いて楽しく食事をする様子を見ると、
自分もやってみたいと少し憧れますよね。

 いつもはキャンプ場に出かける時にしかやらないBBQですが、
家でできるとなると遠出をする面倒もなく気軽に行えそうな気がします。

今回はそんな自宅でBBQをやりたい方向けに、
気をつけるポイントやコツ・準備するものなどをまとめてみました。
普通のBBQとは違いますので、事前に準備やリサーチを万全にしておきましょう。

  

気をつけるポイント?何?


 1番に気をつけてもらいたいポイントは「ご近所」への配慮です。
どんなに気をつけてもBBQをする際には、煙が出てしまうもの。

風向きは当日じゃないと分からないかもしれませんが、
煙が流れてご近所迷惑にならない様にどこにBBQコンロを置くか検討しておきましょう。

 また時間帯にも注意が必要です。
夜にBBQを行うにしても、7時~8時には焼き終わる様にしましょう。

また家の中で休めるスペースを作ってあげる事も必要です。
お子さんがいる場合やお酒を飲んだ場合に使用するといいでしょう。

やはりBBQをするとなると賑やかになってしまいがち。
そういった時は室内へ促すことで、近所への配慮をして下さいね。

 苦情が無いから大丈夫とも思うかもしれませんが、
意外とネット上の掲示板などには自宅BBQへの苦言が多いのも事実です。

お国柄、面と向かって苦情を言う事は少ないのでしょうが、
あまり無遠慮にBBQを行っていると思わぬご近所トラブルに見舞われるかも。
ご近所さんへの配慮はこれでもかと思うほど、しっかりと行いましょう。

手軽に安く済ませたい!どうする?


 自宅でBBQをする理由としては“手軽さ”でしょう。
キャンプ場へ出かけて行う場合は、いろいろな道具が必要になりますよね。
自宅で行う場合は、工夫して家にあるものを上手に使ってBBQができます。

軒下で行う場合は、レジャーシートを軒下から垂らして日除けにできますし、
ランタンが無くても家から電源を伸ばせば簡単にライトが使えます。

 座る場所もレジャーシートだけだと痛くなりますので、
座布団を持ってくるなど工夫してみて下さい。
小人数ならクーラーボックスを椅子がわりにしても楽ですね。

他にもレンジを使って予め加熱をしておく事もできます。
野菜は火が通りにくいので、レンチンして置くとすぐ食べられていいですよ。
外での際はできない技ですが、自宅BBQならではの時短技となっています。


 自宅でBBQをする際のコツとしては先程も述べた様に、
家にあるものを上手く活用することです。

必要な準備としては、

①場所を決める
②あるものを確認
③代用できるものを探す
④無い道具を購入
⑤食材を購入
⑥防虫キャンドルの用意
⑦着火剤を使う

基本的に用意するのは家に無い、本当に必要なものだけで十分です。
ただできるならば、煙が少なくなるBBQコンロや炭を使用するのをオススメします。

煙が出る原因は肉の脂が炭に直接付いてしまうこと。
消煙BBQコンロなら、それを防いでくれるので煙もだいぶ抑えられます。
他の道具は必要最低限に抑え、そういった所でお金をかけてもいいかもしれません。

 よく当日のトラブルとして挙げられるのが虫や着火時の問題
防虫まで気が回らず、光で虫が寄って来たなんて話や、
着火が思いの外時間がかかり全然BBQを楽しめなかったなんて人も。

そこは上手く道具をつかってさっと解決しておきましょう。
事前に道具を準備しておけば当日焦る必要なく、楽しくBBQができますよ。

まとめ


 自宅でBBQが夢でマイホームを購入した方もいるかもしれませんね。
きちんと準備をして、ご近所への配慮も忘れずにBBQを楽しんで下さい。

-6月, 暮らしの知恵, 雑学, 5月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子供のスキーウェアの下に着るものは?おすすめは何かある?

いざスキー場へ家族で出かけるとなると、まずは道具について考えますよね。 板やブーツ、ウェア等は既に揃えたという方やその場レンタルを考えている方もいらっしゃるでしょう。 道具も揃ったし、完璧!と思いがち …

「幼稚園の入園準備」これだけあれば大丈夫!オススメ10選

やっと幼稚園・保育園への入園が決まって一安心と思いきや、 お母さんはゆっくり休んでいる暇もありません…。 入園準備は簡単そうに思われるけど意外と大変なのです。 園からの説明を聞いた後に準備を進めますが …

英会話を子供にいつから習わせればいい?身につくコツはある?

 昔とだいぶ子ども達が学ぶ教科が変わりましたね。 ダンスに英語と親の私達の時代には考えられない教科もあります。 算数や国語なら子どもにも教えられるけど、 「英語教えて!」と言われても困ってしまいますよ …

成人式のネイルの合わせ方は?セルフネイルおすすめ便利グッズ

日常生活においてもネイルは欠かせないという方がいらっしゃるほど、今や定番となっているネイルアート。 普段はしないという方も、せっかくの成人式となると気になってくる所ですよね。 いつもネイルをしている方 …

夏のボーナスの使い道!欲しい物、やりたい事、オススメ7選

頑張って働いてもらえるボーナス、何に使おうかワクワクしますよね。 ボーナスなので出るか出ないかは会社の業績次第ではありますが、 ある程度あてにしている方もいるはすです。  奥さんは旦那さんのボーナスを …