お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 雑学 3月 5月

「十三参り」っていつ?意味や由来は?服装は着物じゃなきゃダメ?

投稿日:


関西では有名ですが、全国的には知られていない「十三参り」。
皆さんはどのようなものかご存知でしょうか。

特に京都においてはメジャーな行事であり、
京都嵐山 法輪寺は「十三参り」で有名なお寺になっています。

 今回は関西に伝わる風習「十三参り」について調べてみました。
知らなかったという方も、機会があれば行ってみてもいいかもしれませんね。

  

「十三参り」はいつ?意味は?


十三参りは、数え年で13歳になった男の子と女の子が、虚空蔵菩薩に親子で参拝する行事のことです。
もともとは京都を中心に関西で盛んに行われていましたが、
現在ではもっと広範囲において行っている方もいらっしゃるようです。

「数え年」とは生まれてから関わった年を数える方法のこと。
生まれた年を1歳としてしまうので、
満年齢で考える「周年」を基本としている現在では分かりにくいですよね。

 「十三参り」はいつ行う行事かというと、
数え13歳になった3月13日から5月13日に行われます。

虚空蔵菩薩は十三番目に誕生した智恵と福徳を司る菩薩知恵とされており、
参拝した子供もその知恵を授かれると言われているのです。

どんな由来があるの?


 「十三参り」の由来については諸説存在しています。
いくつか由来と言われているものをご紹介させていただきます。

①半元服を由来とする説

半元服は昔で言うところの大人の仲間入りを表しており、
半人前の扱いではあるものの地域社会においての役割も持つ年齢でした。

②厄払いとして行っているとする説

13歳といえばちょうど干支が一回りし、厄年を迎える歳です。
そこから厄払いの意味としてお参りをしていたとも言われています。

③虚空蔵菩薩は十三番目に誕生したことに由来する説

「十三参り」の数字に着目した説であり、
13歳と十三番目の菩薩という所から派生したとする説です。

 はっきりとどれが正しい由来か分かっていませんが、
総じて七五三の延長としてイメージしてもらえると分かりやすいでしょう。

13歳というと小学校を卒業し、中学校へ入学する時期になります。
子供の開運や学業成就として知恵を授かりに参拝する方が多く、
「知恵詣り」や「智恵もらい」とも呼ばれています。

服装は着物?場所は決まっているの?


 お参りというと服装は着物でなくてはいけないと思われがちですが、
特に正式に着物を着なくてはいけないと決まっているわけではありません。

ただ正装としては男の子は羽織袴、女の子は晴れ着とされています。
また女の子の場合は大人の寸法に着物を合わせる「肩上げ」や「腰上げ」を行います。

これは仮止めをして寸法を合わせた状態で参拝をし、
帰宅後にその仮止めの糸を切るのが正式な作法であると言われています。

理由としては大人の仲間入りの一環として、
着物を着た状態での立ち振る舞いを身につけさせる事を目的としているそうです。

ただ先に述べたように必ず着物を着なくてはいけないわけではありません
フォーマルな装いを意識して、スーツやワンピースでの参拝も多く行われています。

 また関西においては京都嵐山の法輪寺・大阪の太平寺・奈良の弘仁寺が有名ですが、
遠方の方は流石にお参りに行くのは大変という方もいらっしゃるでしょう。

もしかしたら虚空蔵菩薩へのお参りが厳しい地域もあると思います。
必ず特定のお寺にお参りが必要なわけではありませんので、
お宮参りを行った場所や氏神様へのお参りでも問題はありません

まとめ


 「十三参り」で有名な京都嵐山の法輪寺には「渡月橋」という橋があり、
お参りが終わっても橋を渡り切るまでは後ろを振り返ってはいけないと言われています。
もし振り返ると授かった知恵が戻ってしまうとの言い伝えもあるそう。

子供の健やかな成長を願う晴れの日として、
知らなかった方も「十三参り」を行ってみてはいかがでしたでしょうか。

-年間行事, 雑学, 3月, 5月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

さっぽろ雪まつりはいつ?オススメの楽しみ方は?ライトアップは何時?

毎年ニュースでは見ている「さっぽろ雪まつり」、 巨大な雪像は映像で見ても迫力満点の出来栄えですよね。 いつかは見てみたいなぁと考えている方も多いはず。 例年多くの観光客が訪れていますが具体的な開催時期 …

果物狩り(味覚狩り)5月に子供とお出かけスポット5選「関東編」

5月といえばゴールデンウィークです。 子供がいるとお出かけスポットにも悩みますよね。 大人だってせっかくの連休ですから、 家族サービスもしつつ自分も休暇を楽しみたいもの。 わがままを言うならば、楽しい …

6月22日は「かにの日」由来は?ズワイとタラバ、人気なのは?

みなさん大好きな甲殻類のあの蟹、 あまり知られていませんが記念日があるのはご存知でしょうか。 日本人は蟹好きで知られており、昔からご馳走とされています。 今でも年末年始は蟹が欠かせないという方もいらっ …

「放生会」なんて読む?意味は?子供に分かりやすく説明してみた

  皆さん「放生会」の読み方って分かりますか? 地域によってはお祭として行われているので、 逆に分からない人なんているの?と思うかもしれませんね。 一般的な読み方としては「ほうじょうえ」。 福岡の方は …

年末ジャンボ 宝くじ買い方はどうする?当たりやすい売り場は?

 家族でも「もし宝くじが当たったら」なんて話した事ありませんか? 家を建てる、高級車を買う等など高額当選したらのもしも話に華がさきます。 高額当選した人は運が良かったから!と諦めつつも、 なんとなく買 …