お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

6月 年間行事 暮らしの知恵 雑学

6月22日は「かにの日」由来は?ズワイとタラバ、人気なのは?

投稿日:


みなさん大好きな甲殻類のあの蟹、
あまり知られていませんが記念日があるのはご存知でしょうか。

日本人は蟹好きで知られており、昔からご馳走とされています。
今でも年末年始は蟹が欠かせないという方もいらっしゃいますよね。

 蟹とひとくちに言っても、いろいろな種類があります。
代表的な種類としてはズワイガニやタラバガニが有名ですよね。

主婦ならその価格差を知っているかもしれませんが、
価格以外のそれぞれの違いについてご存知でしょうか。

今回はそんな蟹の記念日「かにの日」の由来から、
ズワイガニとタラバガニの違いや人気までを調べてみました。

  

6月22日「かにの日」の由来は?


 年末年始など冬場によく食べられる蟹ですが、なんと記念日は6月22日
私たちが考えている冬の味覚の王様といったイメージからかけ離れています。

この「かにの日」は1990年、あの「かに道楽」によって制定されました。
蟹のリアルな巨大看板で有名な「かに道楽」による記念日なのですね。

 6月22日に「かにの日」を制定した理由としては2つあり、

50音で考えると「かに」の「か」は6番目。そして「かに」の「に」は22番目にあたります。
そこから6月22日を「かにの日」に制定したそうです。

もう一つの理由としては、星座によるもの。

十二星座の中に「蟹座」がありますよね。
実は6月22日というのは星座の「蟹座」最初の日にあたるそうです。

 大阪の企業らしく面白い発想力ですが、
「かに道楽」の意図としては蟹の冬場のイメージを変えたかったとの事。
確かに冬場も美味しい蟹ですが冬場・夏場などに限らず、
いつ食べても美味しいとアピールしたかったのかもしれません。

ズワイとタラバの違いは?


 一般的に販売されている種類として代表的なズワイガニとタラバガニ。
販売価格を見ると、圧倒的に高いのがタラバガニです。

なぜ高いかと言うと、タラバはアメリカや中国、韓国での需要が高く
産地がオホーツクやベーリングと限られていることなどの希少価値も合わさって高い価格になります。

数年前に、日本での在庫過多のため、一瞬ズワイガニより安くなったこともありました。
現在ではタラバ2,000~1万円、ズワイ1,000~5,000円程度で販売されています。

 また他の違いも見ていきましょう。見た目からして両者は違っています。
タラバは見た目からして大きくトゲトゲ、ズワイは小ぶりでツルツルしています。

足の数も異なり、タラバが太く4対8本、ズワイが細く5対10本
味の違いとしてタラバがタンパクで大味、食べごたえのある味。
ズワイは繊細で甘みが強く、蟹の旨みが強い味。

1番の違いとしては、生物学的な分類の違いがあります。
実はタラバガニとは言うものの、分類上はヤドカリ上科にあたります。
対してズワイガニはケセンガニ科と蟹としての分類です。

どちらの蟹が人気なの?


 タラバガニがヤドカリと聞いて驚いたかもしれませんが、
蟹として長年人気で食されて続けているのも事実です。
どちらの蟹が人気かというのは、難しい所。

そのまま食べるなら身の量によって食べごたえがあるのがタラバ、
量は少ないものの旨みが強いのがズワイです。

身は好みによって人気が分かれますが、
カニ味噌を味わいたい方はズワイガニをおすすめします。
ズワイは濃厚な味噌が有名ですが、タラバはカニ味噌がほとんどありません。

 おすすめの調理法として、タラバはカニ鍋、ズワイは茹でガニやカニしゃぶ
またズワイにおいては産地によるブランドガニがありますので、
産地によってまた違った味わいがあるのも特徴でしょう。

結局、どちらが人気かという部分においては、
食べ方や味の好みが大きく影響することになりそうです。

まとめ


 どちらの種類も美味しいことには変わりありません。
ぜひ「かにの日」には黙々とかに料理に舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。

-6月, 年間行事, 暮らしの知恵, 雑学
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

今からでも間に合う!夏のダイエットに最適な運動とタイミング

女性にとっては永遠の課題とも言えるダイエット。 ダイエットとリバウンドを繰り返して、万年ダイエット中という方もいるのではないでしょうか。 巷にはいろいろなダイエット方法が溢れていますが、 やはり劇的な …

「果物狩り」春に子供とお出かけおすすめスポット5選「関西編」

旬の季節にしか楽しめないレジャーの一つである果物狩り、 一度採れたての美味しい果物を食べると癖になってしまいますよね。 普段買い物をするスーパーには売っていない様な品種もあるのが魅力です。 同じ果物で …

五月人形はどう処分すればいいの?供養するの?捨て方は?

子供の健やかな成長を願い、飾られる五月人形。 子供も小さいうちは飾らないと早く飾って!と言うくらい、 季節の行事として大切にしているご家庭が多いですよね。 ただ子供が成長していくに連れて、行事としての …

成人式の髪型で狙えインスタ映え!どれ位の長さの髪が必要?

 成人式といえば普段とは違う振袖姿が特別感を演出してくれますよね。 振袖に合わせてヘアメイクも完璧に仕上げたいと考えるのは当然です。 困るのはどんな髪型にするべきか、 振袖に合う髪型なんていつもしない …

「子連れでビアガーデン」楽しむ注意点とオススメ7選「関東編」

夏になるとCMが流れ始めるビアガーデン、楽しそうな雰囲気でいいですよね。 夏季限定の楽しみでもあり、季節を満喫できる場所です。 行きなれている方は毎年のお楽しみになっているかもしれませんが、 始めて行 …