お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

6月 年間行事 暮らしの知恵 雑学

6月16日は「和菓子の日」どんな由来?開催イベントも楽しい!

投稿日:


日本が誇る食文化として和食がありますが、
お菓子においても日本特有の和菓子が存在します。

茶道文化と共に育まれて来たこともあり、
お茶との相性は抜群で日本人にとってはほっと一息つける甘味です。

 私たちに馴染みのある和菓子の記念日、「和菓子の日」は知っていますか。
記念日っていっぱいある割にどんな日かについては、知らない事が多いですよね。

今回は「和菓子の日」の由来から、和菓子と季節の関係、
そして「和菓子の日」のイベントについてをご紹介します。

  

「和菓子の日」?どんな由来?


 6月16日は「和菓子の日」、知らない方も多いと思いますが、
その由来も和菓子と同様に歴史あるものになっています。

西暦848年に仁明天皇が御神託に基づいて、
6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供え、
疫病を除け健康招福を祈誓して「嘉祥」と改元したという由来に基づいています。

 6月16日にお菓子をお供えすることが行事として受け継がれ、
室町時代には「嘉祥の日」として名付けられます。

「嘉祥」とは文字通り「めでたいしるし」のこと。
豊臣秀吉が「嘉祥の祝」を恒例として行っていたとの記載もあり、
江戸時代には大名、旗本など御目見得以上の諸士にお菓子が配られる日となりました。

民間においても、「嘉祥喰」といって銭十六文で菓子や餅十六個を求め食べるしきたりや、
十六歳の袖止め(振り袖をやめて詰め袖にする)をする「嘉祥縫」という風習があります。

長い歴史の中で6月16日はおめでたい行事として受け継がれてきたものです。
「和菓子の日」もその流れを現代に復活させる為の記念日として全国和菓子協会が1979年に制定しました。

季節を表す和菓子?例えば?


 なかなか季節感を感じられなくなっている現代においても、
和菓子だけは日本の四季を重んじて季節感を大切にしています。

1・2・3月 春
4・5・6月 夏
7・8・9月 秋
10・11・12月 冬

 それぞれの季節に適したモチーフを使って作られており、
上生菓子・練りきりは季節ごとに形を変えて作られています。

それだけではなく、季節限定で作られる和菓子も私たちを楽しませてくれます。
例としては、花びら餅、草餅やうぐいす餅、水羊羹など。

またお供えものとしても和菓子は定番ですので、
節供ごとにその季節を表す代表的な和菓子がありますよね。

おはぎや桜餅、柏餅、お月見団子など、
季節を表し私たちの生活に溶け込んで和菓子が存在しています。

和菓子の日、イベントは?


 そんな「和菓子の日」由来ある記念日だけに、
祭事として続いているイベントがあります。

『日枝神社 山王嘉祥祭』

赤坂の日枝神社において6月16日に執り行われる山王嘉祥祭。
徳川家康により江戸幕府が開かれて以来、行われている大変由緒ある祭事です、
幕府の重要な催しのひとつでしたが、明治以降この催しは一度途絶えてしまいました。
ちょうど全国和菓子協会が「和菓子の日」を制定と同じく、1979年6月16日に復活しています。
「和菓子の日」制定の由来となった催事であり、毎年東京和菓子協会の技術者が和菓子を神前でつくって奉納します。
奉納されたお菓子はもちろん、参拝者にご神供として配られます。
 
 他にも同じ様な行事が明治神宮で行なわれています。
こちらは「和菓子の日」当日ではありませんが、
記念日に近い休日に和菓子を目の前で作り、無料配布してくれるイベントとなっています。

まとめ


 普段はどちらかと言うと、洋菓子を食べる機会が多い現代ですが、
「和菓子の日」というおめでたい行事にちなんでこの日は季節の和菓子を楽しんでみましょう。

手作りならではの繊細な細工、餡子の優しい甘さに癒されてみてはいかがでしたでしょうか。

-6月, 年間行事, 暮らしの知恵, 雑学
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

防災って子どもにどうやって教えるの? ゲームや遊びにできないかな?

地震、台風、火災などの災害は、いつ起こるか分かりません。 しかし、普段から防災について考えたり、災害に備えておくことはとても重要です。しかし、小さな子どもにも分かりやすく伝えるには、工夫が必要ですね。 …

GWに旦那は仕事で家にいない!奥さんと子供だけで楽しむプラン

 世間的にも賑わうGWの期間中。お出かけする方も沢山いるでしょう。 世間の雰囲気もあり、子供達もお出かけに向けて期待しますよね。 両親揃ってGWが休みという場合には、泊まりの旅行なんて方もいらっしゃる …

三社祭(さんじゃまつり)の三社って?なぜ江戸時代から始まった?

江戸っ子のお祭好きは有名な話です。 その遺伝子が根付いているせいか、今でも日本人はお祭好きなのかもしれません。 まだまだ江戸っ子気質が残る東京において有名な「三社祭」、 名前は聞いた事あっても「三社」 …

無料の穴場!春休み子供の遊び場お出かけスポット「関東編」

  休みになると子供を連れてお出かけという方も多くいらっしゃると思います。 楽しそうに子供たちが遊んでいる様子を見ると、いろんな場所へ連れて行きたくなるもの。 そうは言っても、子連れとなると行く先は限 …

七夕の願い事!大人が叶えて欲しいランキング!ベスト5

七夕になると飾られる笹の葉と色とりどりの短冊、 日本の夏の風物詩とも言える光景となっていますよね。 小さな短冊にはいろいろな願い事が書かれています。 中には子供の可愛らしい願い事が多く見受けられます。 …