お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

6月 年間行事 暮らしの知恵 雑学

「ボーリングの日」由来は?日本発祥の地はどこ?9本だった?

投稿日:


日本においても馴染み深いスポーツのボウリング。
スポーツとしても行なわれていますが、娯楽としても人気です。
老若男女が一緒に行えるという点においては珍しい競技でしょう。

ピンを狙ってボールを投げるという単純な競技でありながら、
ストライクを取るのはなかなか難しいもの。
ついつい熱中してしまうのが面白さと言えるでしょう。

 そんなボウリングにも記念日は存在しています。
今回は記念日である「ボウリングの日」の由来や発祥の地についてを調べてみました。

また芸能人においてもボウリング好きは多いですが、
サザンオールスターズの桑田佳祐さんが大のボーリング好きなのは知っていますか?
桑田佳祐さんのボーリング愛についてもまとめてみました。

  

「ボウリングの日」?由来は?


 「ボウリングの日」が制定されたのは1972年。
社団法人日本ボウリング場協会(BPAJ)が6月22日を「ボウリングの日」と定めました。

普通に発音する時はボーリングですが、スポーツを表す際には「ボウリング」
よくイメージする球の”bowl”はゲルマン語に由来する食器や容器を意味する言葉。

「ボウリング」の場合は”bowl” という英語であり、由来はラテン語で「泡」や「瘤」を意味する “bulla”。
“bowl”は「ボウリングをすること」などを意味しており、”bowl”とは異なります。
一見大差ない様に思えても、「ボウリング」が正解なのです。

 そんな「ボウリングの日」はどんな由来があるかというと、

江戸時代末期の文久元年(1861年)、6月22日付の長崎で発行された英字新聞に、
長崎出島に外国人向けボウリングサロンがオープンしたと広告が入った、という資料が残されているから。

実際に1990年には石碑と解説板が建立されており、
日本におけるボウリング発祥の地として長崎の大浦町に石碑が現存しています。

今ではピンが機械によって自動で並べられますが、
その頃はピンは、自動ではなく、児童が立てていたとか。

ボウリングの発祥の地は?どこ?


 日本におけるボウリング発祥の地は長崎として、世界における発祥の地はどこでしょうか。
現在我々になじみ深いのは、10本のピンを使う「テンピン・ボウリング」

この「テンピン・ボウリング」の発祥は、19世紀のアメリカです。
ただし、テンピン・ボウリングは、17世紀にヨーロッパからアメリカ大陸に入植してきたピューリタンたちが、持ち込んだゲームが原型となっています。
その時は9本のピンを菱形に並べており、「ナインピン・ボウリング」と呼ばれていました。

ナインピン・ボウリングは、宗教改革で有名なマルチン・ルターが考案したそうです。
しかし、それ以前も様々な形で「ボールでピンを倒す」ことは行われていたそうです。

古代エジプトの遺跡からもピンとボールと思われる物が見つかっていると言われていますが、
これがボウリングの起源だったとも言われています。

 近代のボウリングは、中世ドイツにおいてマルティン・ルターが悪魔払いの宗教儀式を基に作成したもの。
彼は、宗教家としてだけではなく、まちまちだったピンの数を9本に統一し、現在のボウリングの基本的ルールを、統一した功労者でもありました。
その結果、ボウリングは特に、宗教家たちの間で人気のスポーツとして栄えたそうです。

 そして、17世紀に多数の清教徒たちが移住した事で、アメリカ合衆国でもボウリングが盛んになった。
しかし、ボウリングを対象にした賭け事が、絶えなかったため、
当時のアメリカ政府は「9本のピンをボールで倒すゲームはしていけない」という決まりを出しました。

そこでピンを10本に増やし、法律の穴を抜ける事が可能になり、現在、そのルールが、今のボウリングのルールとなっています。
他にも18世紀にイギリス貴族の間で芝生の上で、9本のピンを立てて行う9ピンボウリングが行なわれていたとも言われています。

現在の基本ルールとなっている「テンピン・ボウリング」は、
9本がダメなら10本と屁理屈の様に生まれたものだったのですね。

サザン桑田佳祐さんとボウリング?


 ボウリング好きの芸能人として有名なサザンオールスターズの桑田佳祐さん。
『レッツゴーボウリング』という歌まで作っています。

ボウリング好きが高じて、ボウリング特集雑誌の編集もしたりしましたから、
とにかくボウリングを盛り上げたいという気持ちも強いようです。
若い頃はプロを目指していたとかで腕前も相当なもの。

『レッツゴーボウリング』という歌は自身の名前を付けたボウリング全国大会「KUWATA CUP 2019」のためのもの。
全国のボウリング場で販売されたボウリング場限定パッケージCDが存在するなど、
桑田佳祐さんのボウリング愛が炸裂していますよね。

まとめ


 減少傾向にあるボウリング場ですが、娯楽でもあり、体を動かして皆が楽しめるスポーツでもあるボウリング。
最近してないななんて方は、ぜひボウリングで久々に汗を流してみてはいかがでしょうか。

-6月, 年間行事, 暮らしの知恵, 雑学
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

逆効果!受験生がヤメて欲しい親の態度。すぐ改めるべき5選!

子供にとっては人生を左右する場面といえる受験。 努力は報われると信じながら勉強する姿を心配している親御さんも多いと思います。 あまり勉強している姿が見られないお子さんには、 「もっと勉強しないと!」な …

さっぽろ雪まつりの雪像の作り方は?誰がいつから作るの?

見事な雪像が並び立つ「さっぽろ雪まつり」、 毎年ニューズで取り上げられる様子はお馴染みになっていますよね。 あの細かく作り込まれた雪像や氷像を見ると、 本当に雪や氷だけで出来ているとは信じられないクオ …

秋にキャンプを予定している初心者必見。手ぶらでの楽しみ方は?

キャンプやバーベキューというと、夏のイメージがありますが、実は秋にも向いているんです!秋は夏よりも気温が低くなってきますし、蚊などの虫も少なくなってきます。また、空気もからっとしていて、晴天にも恵まれ …

6月10日「時の記念日」意味や由来は?子供に分かりやすく説明!

いまでは腕時計やスマホを持ち、いつでもどこにいても時間が分かります。 特に日本は電車・バスもほぼ時刻通りに運行しており、 世界中から賞賛されるほど時間をきっちり守る国民性と言われています。 今では当た …

子供にサングラス!?参考にしたいオーストラリアの紫外線対策

 女性の皆さんは欠かさず行っている方も多い紫外線対策。 近年の猛暑の影響もあり、お子さんにも紫外線対策は必須の状況です。 一般的な対策としては日焼け止めの塗布や帽子の着用など。 大人の場合は自分でどう …