お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

暮らしの知恵 雑学 7月 8月

夏日・真夏日・猛暑日・酷暑日の違い!何度から呼び方が変わるの?

投稿日:


夏が近づく季節になるとニュースで耳にする機会が増える、夏日という言葉。
次第に本格的な夏が到来すると、真夏日や猛暑といった言葉に変わってきます。

なんとなく温度によって呼び方が変わっているんだろうなぁとは思いますが、
実際に何度からどの呼び方に変わるのかまで知っている方はどの程度いらっしゃるでしょうか。

 最近では猛暑や酷暑といった言葉も夏ではお馴染みの言葉となっています。
2018年の気象庁会見それを上回る「災害レベルの暑さ」「命の危険がある暑さ」という表現も使われました。

どんどん暑さが増していく日本の夏、その呼び方を詳しく調べてみました。
漠然と暑い日なんだではなく、きちんとした違いを知って暑さ対策を行いましょう。

  

猛暑と酷暑?違いは何?


 そもそも、昔は猛暑や酷暑なんて言葉聞いたことなかったなぁという方もいるのではないでしょうか。
毎年の暑さによって耳にタコくらい連発されているので、もはやお馴染みのフレーズとして定着していますが、
実は猛暑日や酷暑日という用語は最近できたものです。

表現としてはニュースにおいて使用されることはありましたが、
「予報用語」への仲間入りは結構最近のこと。

 2007年の4月から「予報用語」に付け加えられた言葉ですが、
ただ仲間入りをしたのは「猛暑日」だけ。酷暑日という言葉も聞きますが、
お天気キャスターの方が数年前から使用しているだけで「予報用語」ではありません。

なので猛暑日と酷暑日は明確な違いはなく、
視聴者への注意喚起として特に暑い日を「酷暑日」と呼んでいるようです。

呼び方の違いは?何度で変わる?

 
 具体的に何度で呼び方が変わるのかを調べてみると、

・夏日 …最高気温が25度以上の日
・真夏日…最高気温が30度以上の日
・猛暑日…最高気温が35度以上の日

 ちなみに「熱帯夜」は夕方から翌日の朝までの最低気温が25℃以上になる夜のことをいいます。
夏日以上の真夏日や猛暑日が増えている昨今、寝苦しい夜も増えそうですね。

逆の言葉、寒い日を指す言葉についてもついでに調べてみました。
夏に関しては3つの用語があるので、対応する用語があるかと思いますよね。

意外な事に冬の寒い日を示す用語は2つだけ
冬日と真冬日だけなんです。

・冬日 …最低気温が氷点下の日
・真冬日…最高気温が氷点下の日

これだけしかないので、猛暑や酷暑と対になる用語は無い状態。
ただ関東で真冬日はほぼ皆無なので、あまり使われない用語と言えるかもしれません。

温暖化の影響?暑い日は増えている?


 やはりここ近年の暑い夏から感じるのは温暖化の影響です。
ただ都市部においてはヒートアイランド現象の影響が強いそうですね。

気象庁の最近30年間(1988~2017年)統計を見てみても、
真夏日の平均年間日数は約1.1倍に増加。猛暑日においては約2.0倍に増加しています。
熱帯夜については約1.7倍に増加。

 最近暑い夏が続くなぁというのは体感だけでなく、データにも表れていますね。
近年で言えば2018年は異常な暑さを観測しており、
日本における最高気温の41.1℃が埼玉県熊谷市にて記録されました。

他の地点においても41℃を超す記録が続き、
同じ年に3度も41℃以上を記録する観測史上初の出来事だったそうです。

まとめ


 代表的な暑い夏としては1994年、2013年、2018年。
なんと1994年には猛暑日が年間最多の45日、連続最多22日も続いています。
年々厳しくなる暑さですが、気温に合わせた対策で夏を乗り切りましょう。

今年もしっかりと水分や塩分補給で熱中症対策をしないと怖い暑さとなりそうですね。
具合が悪くなったらもう手遅れです。
その前に意識して早め早めの対策を忘れずに行うようにしましょう。

-暮らしの知恵, 雑学, 7月, 8月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

競馬の天皇賞の起源は?観戦や馬券購入の楽しみ方のコツは?

競馬ファンにはお馴染みの「天皇賞」、 歴史も古く格式あるレースとして知られていますよね。 ただ最近では競馬というとギャンブルの側面もある為、 そもそもの起源や歴史は意識される事が少ないでしょう。  ま …

いつから始めれば?自宅で簡単!初心者でも出来る梅酒の作り方

飲みやすく口当たりもいい梅酒は女性にも人気ですよね。 よく飲み会の席でも梅酒を頼む方は多いのではないでしょうか。 ロックでもソーダ割りでも美味しく、アルコールもキツく感じないのが嬉しいところ。 癖もな …

子供のスキーウェアでおすすめは?賢い選び方は?暖かい?

  冬といえばウィンタースポーツが楽しみな方も多いのでは? 子供と一緒にゲレンデに繰り出せば、冬の遊びを満喫できます。 雪国育ちなら珍しくもない雪ですが、普段あまり降らない所にお住まいなら 雪が積もっ …

紫外線対策の帽子!どんな色や形がダメージを抑えてくれる?

  夏の連日の猛暑は年々厳しくなっている様に感じますよね。 日差しもジリジリと照りつけるので、外でお仕事をされている方は辛い時期と言えます。 また女性にとっても紫外線は大敵。 老化の原因とも言われる紫 …

合宿免許に一発で受かるコツ!延長、延泊せずに最短でゲット!

免許が取得できる年齢になると、早く免許を取りたいとウズウズする方もいるでしょう。 多くの方は家から近くの教習所まで通って、運転免許を取得します。 学校終わりや長期休みを利用しながら、学科と実技をこなし …