お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

暮らしの知恵

親の介護で公的サービスを受けるには?子育てでお金ない家庭は?

投稿日:

 高齢化が進んでいる現在ですが、
元気な高齢者も多く介護なんてまだ先と考えている方も多いのではないでしょうか。

近くにいても自分の祖父母や両親は元気だからと思っていると痛い目を見るかもしれません。
年齢を重ねるごとに、一度病気や怪我をするといきなり状況が悪化します。

今まで元気だったのに信じられないと思うくらい老いや衰えはいきなりくるものです。
自分の親に限ってなんて思っているうちに急転直下で直面するかもしれない介護の問題。

 いずれは必要になる知識ですので、勉強してみましょう。
お金もかかる問題ですので費用面の備えも必要となりますよ。

  

「介護」何から始める?

 いざ「介護」が必要な段階となったら、
まずは公的サービスを受けられるように「要介護認定」が必要となります。

公的介護保険は40歳以上から国民全員が加入しています。
要介護認定において介護が必要と判断された際に介護サービスを受けれらます。
65歳以上の人は「第1号被保険者」、40~64歳の人は「第2号被保険者」となります。

第1号の65歳以上の方は介護が必要となった原因が何であれ公的介護サービスを受けられますが、
40~64歳の第2号の方は原因が老化に起因する特定の病気(特定疾病)でないとサービスを受けられません。
年齢とその原因により、公的サービスを受けられない場合があるのです。

 「要介護認定」は各市区町村への申し込みが必要となります。
また申し込み後、2回の判定を経て要介護度が判定されます。

1次判定では市区町村の担当者から聞き取り調査と主治医よりの意見書でレベル分けされます。
2次判定では1次判定の結果をもとに審査会が審査を行い要介護度の判定にいたります。

この判定により要介護の方にどういったサービスがどの程度の頻度で必要かが判定され、
その介護度に合わせて受けられるサービスや支給限度額が変わってきます。

いくらかかる?お金の問題

 では実際に介護に必要となるお金について見ていきましょう。
生命保険文化センターによると介護費用の月平均は7万9000円とのことです。

もちろん平均の金額でしかたないので、介護の必要度合いにより金額は増減します。
また介護期間が長期に渡れば、当然それだけ負担総額は増えていくのです。 
 
確かに介護認定により公的サービスが受けられ、
負担割合は1割か2割と言っても家計への負担は避けられませんね。

 事前に家族や兄弟間で「親の介護」についての話合いをおすすめします。
私の両親も親の介護を経験しており、事前の取り決めが必要と話していました。

もちろん介護する側の負担についての話合いも大切ではあるのですが、 
介護される側の意思がある場合は尊重しないと介護はスムーズにいきません。
「子に面倒はかけたくない」という親心もあるので難しい問題です。

子育てと介護「ダブルケア」

 「ダブルケア」という言葉はご存知でしょうか?
近年の晩婚化の影響により、子育てと親の介護を同時に担う状態の事です。
特に三十代から四十代の働き盛りで直面する方が多いこの「ダブルケア」。

社会問題となる程にダブルケアの悩みを抱えている方が沢山いらっしゃいます。
子育て中のため時間的な負担が増え、働いていても勤務時間を減らす方もいる様です。

働きたいけど子育てと介護がありとってもじゃないが時間が無く働けない。
そうなるとより介護費用の負担が家計に重くのしかかってきますよね。

 もし介護の費用が高額になった場合には、高額介護サービス費制度を使ってみて下さい。
支払った自己負担額が一定金額を超えた時、超えた分のお金が戻ってくる制度です。

所得などの条件により区分分けされ、上限の自己負担額が定められています。
事前に上限金額がどの区分に入るのか確認しておきましょう。

 自治体によっては各自治独自で介護サービスを行っている所もあります。
自治体主導のサービスは無料や安価でサービスを受けられる事が多いので、
ダブルケアでお金がないご家庭はぜひ調べて利用する事をおすすめします。

まとめ

 まだ先だと考えがちな「親の介護」ですが、
案外近い将来の話となってしまうかもしれないのです。

ご両親も老後の蓄えは考えているでしょうが、
介護の実態としてそれだけでは足りない場合が大半となっています。

 介護は始まったらいつ終わるのか分かりません。
親の介護、自分の老後にかかるお金の問題もありますが、
学費など子どもにもお金を残しておかなくては困りますよね。

今のもし介護が必要となったら?という段階で、
「親の介護」を含めたライフプランを改めて考える必要がありそうです。

-暮らしの知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

防災って子どもにどうやって教えるの? ゲームや遊びにできないかな?

地震、台風、火災などの災害は、いつ起こるか分かりません。 しかし、普段から防災について考えたり、災害に備えておくことはとても重要です。しかし、小さな子どもにも分かりやすく伝えるには、工夫が必要ですね。 …

春のアウトドアを楽しむ!5月のキャンプに最適な服装とは?

  連休にしか行けないアウトドア、キャンプに行く予定の方も多いのではないでしょうか。 街中から離れて、自然の多い場所でリフレッシュするのも休日のいい過ごし方ですよね。 独身時代からアウトドア好きでキャ …

夏日・真夏日・猛暑日・酷暑日の違い!何度から呼び方が変わるの?

夏が近づく季節になるとニュースで耳にする機会が増える、夏日という言葉。 次第に本格的な夏が到来すると、真夏日や猛暑といった言葉に変わってきます。 なんとなく温度によって呼び方が変わっているんだろうなぁ …

開運グッズで効果のある面白いのは?おすすめはありますか?

あまりスピリチュアル的なものは信じないという方も、 開運と言われるとちょっと気になってしまう事ありませんか? 効果が定かでないから、怪しげだからと嫌煙してしまいがちですが、 ユニークで面白い開運グッズ …

夏休みの宿題をさっさと終わらせる方法!小学生の為のコツ7選

楽しい休みにおいて厄介な存在である夏休みの宿題。 長期連休である夏休みだけあって、その宿題の量も納得のボリューム感。 毎年早く終わらせ様と考えつつも、 なんだかんだと後回しになってしまうなんて方も多い …