お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

年間行事 暮らしの知恵 雑学 7月 8月

暑中見舞い・残暑見舞いを出す!いつからいつまでに出せばいい?

投稿日:


言葉としてはよく耳にする暑中見舞い残暑見舞い
夏に送る季節の便りであることは誰もが知っているかと思います。

ただいざ出そうとなると、いつ頃出せばいいのか迷いますね。
書き出しや内容はどうするのか等も分からない方は多そうです。

 今回はそんな暑中見舞い・残暑見舞いについてをまとめてみました。
夏休みの宿題として先生へ暑中見舞いを送るという課題が出るなんて話もあります。
お子さんの宿題が出た際、困らないようにどうすればいいのか学んでおきましょう。

  

暑中見舞いはいつ?残暑見舞いはいつから?


 一般的に言われている暑中見舞いの期間としては、

・夏の土用(立秋前、約18日)~立秋の前日(8月6日)
・小暑(7月7日)~立秋の前日(8月6日)
・梅雨明け~立秋の前日(8月6日)

梅雨明けを目安にすると地域によっての差があるので、
分かりにくい場合は小暑(7月7日)を目安にすると良いでしょう。

 暑い夏に対して相手を気遣うお見舞い状ですので、
暑さのピークが過ぎたら今度は残暑見舞いへと切り替わります。

特に決まりがあるわけではありませんが、
一般的には立秋を一区切りとして、それ以降は残暑見舞いを出しましょう。

暑さを感じなくなった頃に残暑と言われても、
季節外れになってしまうので送る際は8月中を目安にする事が多いようです。

書き方はどうするの?内容は?


 暑中見舞い・残暑見舞いともに、書き方に特に決まりはありません。
ただ一般的な書き方をみてみると、

①季節の挨拶
「暑中or残暑お見舞い申し上げます」

②自分の近況や相手の様子を尋ねる言葉
「我が家では、この夏、朝顔のグリーンカーテンを作りました」
「暑い日が続いておりますが、元気にお過ごしでしょうか」

③相手を気遣う言葉
「暑さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます」
「暑さはおさまる気配もございません。御身大切にお願い申し上げます」

 拝啓や敬具などは不要です。
そう考えると意外に簡単に書けそうな気がしますよね。

最後は日付が入ります。
「○年○月」のみや「○年盛夏」でも大丈夫です。

送る目的としてはお見舞い状ですので、何より相手を労わる気持ちが大切。
内容は簡単でいいので、涼やかなイラストや写真を入れて送りましょう。

ハガキはどうする?何を使うの?


 自分でハガキを手作りするのは大変という方もいますよね。
年賀状の場合は作成サービスが沢山ありますが、
暑中・残暑見舞いとなると既製ハガキはあまり見かけません。

そういった際に便利なのが郵便局の「かもめ~る」です。
郵便局の総合印刷サービスとして、もちろん暑中・残暑見舞いにも特化しています。

 注文できる期間は2018年では8月24日まで、
例年8月中に郵送できるよう少し早めに受付を終了しているので注意が必要です。

イラストやデザインも種類豊富にテンプレートが揃えられ、
文章も個人向けからビジネス用まで文例もよりどりみどりです。
もちろん自由に文章を編集することもできます。

あまり使われていない暑中・残暑見舞いですが、
お見舞いの内容が入っていればいろいろな用途で使用可能です。

引越し、転勤、結婚、出産など報告をしたい事が重なった際は、
暑中・残暑見舞いで報告することもできます。

かもめ~るでも写真を入れるタイプが作成できますので、
そういった報告を兼ねたい方には写真入りのハガキがおすすめです。

なんといってもかもめ~るの楽しみは「くじ付き」である点。
お年玉付き年賀ハガキのように、豪華商品があるのも嬉しい所。
 

まとめ


 あまり出す機会のない暑中・残暑見舞い、
受け取る側からすればわざわざ出してくれると嬉しく感じますよね。

今年の夏は筆まめになるべく、暑中・残暑見舞いを出してみてはいかがでしょうか。

-年間行事, 暮らしの知恵, 雑学, 7月, 8月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

さっぽろ雪まつりの雪像の作り方は?誰がいつから作るの?

見事な雪像が並び立つ「さっぽろ雪まつり」、 毎年ニューズで取り上げられる様子はお馴染みになっていますよね。 あの細かく作り込まれた雪像や氷像を見ると、 本当に雪や氷だけで出来ているとは信じられないクオ …

旧正月。2019年はいつからいつまで?春節飾りは逆にする?

中国人観光客による爆買が話題になってから注目されるようになった春節。 日本人には馴染みの無い言葉なので何の事やらという方も多いかもしれません。 貿易関係のお仕事をされている方は、悩みの種になる事もあり …

敬老の日のプレゼントは何?喜ばれる孫の手形の手作り作品

9月の第三週の月曜日は敬老の日。いつもお世話になっている、おじいちゃん、おばあちゃんへの感謝のしるしとして、お子さんと一緒にプレゼントを作ってみてはどうでしょうか?孫からのプレゼントに、おじいちゃん、 …

無料の穴場!春休み子供の遊び場お出かけスポット「関西編」

  子供を連れて行けるお出かけスポットって悩みますよね。 子供向けのスポットでないと、出かけても子供が飽きてしまうこともしばしば。 大きなショッピングモールは設備も整っていて楽ですが、ワンパターン過ぎ …

土用の丑の日の意味や由来って?小学生に分かりやすく説明しよう

  土用の丑の日というとうなぎを食べるご家庭が多いはず。 スーパー等でものぼりやPOPで頻繁に目にしますよね。 なんとなく土用の丑の日にはうなぎを食べるのが習慣化していますが、 どうしてそんな習慣がで …