お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

暮らしの知恵

厄年の女って年齢は幾つなの?どんな事に気を付ければいいの?

投稿日:


お正月に初詣に行くと「厄年」になる年齢が早見表で出ていたりします。
ちらっと見たことがある方もいるのではないでしょうか?

私なんかは早見表を見た時に、
「え?ほとんどずっと厄年みたいなものなんだ・・・。」と
あまり信じていないものの少しびっくりした記憶があります。

 気にする方も気にしないという方も、女性の厄年はいつなんでしょうか?
どんな事に気を付ければいいのか、厄払いの方法とともに見ていきましょう。

  

「厄女」って何?いつの事?

 まず「厄年」とは何か?というと、
「災厄、災難が降りかかりやすい」とされる年齢の事です。

この考え方自体は平安時代から存在し、
由来は定かで無いものの陰陽師の安倍晴明から広まったという説があります。

平安貴族達は陰陽道によって吉凶を占い、
良くない方角を避け、日が悪ければ外出しないなんて事もあった様です。
現代の私達はそんな事できませんが、やはり「厄年」と言われると気になりますね。

 「厄年」は男女で訪れる年齢が異なりますが、
ここは女性の「厄女」のみご紹介します。

女性の「本厄」は19歳、33歳、37歳、61歳で訪れます。
「本厄」は特に気を付けて過ごしすべき年齢の事です。
また前後1年は「前厄」・「後厄」に当たります。

そう考えると、
18歳、19歳、20歳、32歳、33歳、34歳・・・と
10代~30代でそのほどんどが「厄女」として過ごす事になります。

 注意して欲しいのが年齢は満年齢でなく、「数え年」で数えて下さい。
日本の儀式的なもので年を数える場合には「胎児としてお腹にいた歳月」を含み、
満年齢に1年プラスする「数え年」がよく使われます。

もちろん例外もあり、寺社や宗派や地域により年齢の考え方が変わるようです。
満年齢で数える所もあれば、61歳を厄年としない地域もあります。

 いずれにせよ、10代~30代は結婚・出産など女性にとって環境の変化が大きい年代です。
そんな年代でずっと厄年と聞くとちょっと気になります。

結婚・出産は控える?気をつける事は?

 大切な時期に「厄女」だとなんだか不安になってしまいますよね。
それなら結婚・出産といったおめでたい事は避けるべきなんでしょうか?
気持ち的にできれば避けたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

実は「厄女」そんなに気にする必要はありません!
「厄年」での出産は「厄を落とす」意味がありむしろ縁起が良いと言われています。

そもそも「厄年」というのは「気を付けてもらいたい時期」という意味。
ちょうど女性にとって大事な時期が重なるのも分かる気がします。

 「厄年」によって「災いが降りかかる」という事ではないです。
そんなにナーバスになる必要はないので、「気を付けよう!」くらいの気持ちだといいですね。

厄払いって?いつやるの?

 どうしても大事な時期だから気になるという方は、
気分を変える為に「厄払い」してみてはいかかでしょうか。

厄払いの時期としては厄除けの意味も含め、
節分前の時期までに行うと良いとされています。

毎年初詣に行く方はそのついでに、
厄除け厄払いの祈祷をお願いしてもいいかもしれませんね。
実際お正月に祈祷を受ける方が多い様です。

各神社や寺社で受付をしてみて下さい。
祈祷料は大体3000円~7000円程度が相場となっています。

まとめ

 女性にとって大きなターニングポイントの年齢と重なる「厄女」、
特に何か悪い事が起こる訳ではないですが気分的にはすっきりとしておきたいものです。

この機会に厄払い・厄落としを行って、
新たな気持ちで変化を受け入れられればいいですね。

 また最近では「新厄年」なるものも存在します。
現代において厄=健康を害する事が多い年齢が男女とも63歳である。
そこから63歳が「新大厄」とする考え方でデータとしても裏付けがあります。
年齢と健康の問題は切っても切れませんから、言いたい事としては理解できますね。

最近では乳がんや子宮頸がんといった女性の病気というのも取りざたされています。
そういった意味でも「厄女」の時期には特に健康面も気を付けたいものです。

-暮らしの知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「暑気払い」の意味は?時期は?何を食べるの?他の言い方は?

会社などで主に行われている「暑気払い」、 名前は聞いたことはあっても何をする為の集まりなのか知っていますか。 意味も分からないまま、飲み会として参加していたという人も多いでしょう。 会の名前はなんでも …

夏休みに子供とお出かけ!2019 おすすめイベント7選「関東編」

  子供たちが心待ちにする長期連休。 なんといっても夏休みは約1ヶ月もお休みがあります。 ある程度は遊びに行く場所もあるものの、 長期連休ともなるとお出かけ場所はマンネリ化しがち。  けれどせっかくの …

五月病の気分転換しよう!無理なく出来る!おすすめスポーツ7選

春はスタートの季節、新入生やや新社会人などが街へ溢れます。 そういった新たな門出を迎えた人はもちろん、そうでない人にとっても慣れない事が続く時期。 新しい事は刺激もあり楽しくも感じますが、 やはり普段 …

「浴衣」が海外で大人気!外国人を虜にする「日本の着物」がスゴイ

夏になると夏祭りや花火大会ではよく目にする浴衣。 まさに日本の夏にふさわしい装いですよね。 柄も鮮やかで美しく、日本人のみならず外国人にも人気です。 凛とした佇まいや品がよく見えるので、 エレガントと …

「サラダ記念日」はなぜ7月6日?本当は「鳥の唐揚げ」記念日?

「この味がいいね」と君が言ったからで始まる短歌、 教科書にも載るほど有名なのでみなさんもご存知なのではないでしょうか。 俵万智さんによる第一歌集のタイトルでもあり、そこに含まれている短歌でもあります。 …