お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

11月

七五三っていつから始まったの?何歳にするの?男の子も女の子も?

投稿日:


子供の成長を祝う行事は多くありますが、
その中でも「七五三」は特に大切な行事と考える親御さんは多いのではないでしょうか。

着付けをして、神社で参拝してご家族で記念撮影という流れが一般的かと思います。
時期としては10~11月に行う事が多いようです。

 現在ではイベントごととして「七五三」が行われており、
お祝いの行事という側面を忘れがちかと思います。

実際に息子がいる私も、5歳だけやればいいかな?くらいの印象でしたので、
本来の「七五三」の由来や準備する事を調べてみました。

いまいちどうすればいいのか分からない!という方、参考にしてみて下さい。

  

「七五三」の由来

 
 「七つまでは神のうち」という言葉を知っていますか?
医療が未発達の時代はお産も命懸けで行われていました。
そして、子供が生まれてもその死亡率は高く幼くして亡くなる子も珍しくありません。

そんな時代では自分の子でも「七歳になるまでは神様から預かった子」として考えられていました。
七歳になると子の成長した姿を神様に見せ、感謝する行事が「七五三」の原型となっています。

 武家の儀式として行われていた習慣が元になっており、

3歳(男女)で髪を伸ばしはじめる「髪置き」
5歳(男) で初めて袴を着る「袴着」
7歳(女) で初めて帯を結ぶ「帯解」

この3つが江戸時代中期から広まり現在の「七五三」になったと言われています。
 
 現在の親御さんも子の成長を喜ぶ気持ちは同じですが、
昔の親御さんは子供が7歳になるまでは気が気でなかったのでしょうね。

一般的に11月15日に行われていますが、
絶対にその日にしなければいけないと決まっていませんのでご安心下さい。

なぜその日になったのかというと、
徳川綱吉の祝いをその日に行った為や鬼宿日で縁起が良い為など諸説あります。
そんな訳で、日付は15日を中心とした都合の良い日で大丈夫です。

何歳にする?男女の違いは?

 関東地方では男の子は5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いするのが一般的だそうです。
また、関西地方においては男の子でも3歳のお祝いするという方が多いそうです。

関西に習ってという訳ではないですが、
最近では関東も男の子の3歳のお祝いをする方が増えています。

実際に関東に住んでいる私もママ友から
「え?うちは3歳もするよ。」と言われ焦って調べた記憶があります。

 最近では関東・関西の地域関係なく、
男の子も3歳のお祝いをするのが主流のようですね。
確かに可愛い我が子のお祝いなら何回でも祝いたくなる気持ちは十二分に分かります。

ちなみに昔は数え年で「七五三」を行っていた様ですが、
現在は満年齢で行うが一般的という事でした。
あまり気にしなくても兄弟姉妹がいる際は一緒にお祝いしてもいいですね。

「七五三」の準備やお金の事


 「七五三」の重要性が分かった所で、
現実的な準備やお金の話はどうなのかを知りたくなりますよね。

有名神社に参拝へ行く方もいらっしゃいますが、氏神様へ参拝するのが本来の「七五三」です。
現在では氏神様はあって無いような時代となっていますのでお好きな神社で参拝して下さい。

 混み合う時期の参拝ならば事前に連絡をしておくと安心できます。
謝礼の金額は神社ごとに違うのでその時に確認しておきましょう。
1人5,000円~10,000円ぐらいが相場のようです。

決まっていない神社ですと「お気持ちで・・・」と言われるかもしれませんが、
大体3,000円~5,000円ぐらいの金額が適切かと思います。

 蝶結びで紅白の水引の付いた祝儀袋を用意しておきましょう。
表書きは「御初穂料」または「御玉串料」です。
名前にはお子さんの名前を書いて下さい。

場所によっては受付でそのままお支払いの場合もありますので、
祝儀袋ほどかしこまらずに白封筒でもよいでしょう。

まとめ

 「七五三」といえば子育て中のビッグイベントです。
早い方は半年前から写真や着物の予約をする方もいるそうです。
混む時期になると選べる着物が少なるとも聞きますので、焦らない様になるべく早めに日にちを決めましょう。

 最近では写真館で「七五三」の早撮りをして、10~11月に参拝を行うご家族も多いみたいです。
早撮りの場合は割引があるのが嬉しい限りです。また着物も写真と参拝時で違う物を着る楽しみもあります。
1日で全てを終えるよりはお子さんの負担も少ないですし、何より着物なので着崩れの心配がないのでおすすめです。

 お子さんの成長を祝う行事である「七五三」ですが、
今も昔も子を思う親の気持ちが詰まった大切な行事です。
ご家族で素敵なお祝いができるといいですね。

-11月
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「大相撲」力士の給料っていくら?階級で大違い?年金もあるの?

  厳しい大相撲の世界、各場所の結果で階級が決まるのはシビアですよね。 普段は場所中の取り組みしか見る機会がありませんが、 力士の給料体系はどの様になっているのでしょうか。 階級が関係しているのはなん …

11 月11日は「いい夫婦の日」仲の良い関係を持続する秘訣5選

 最近耳にするようになった「いい夫婦の日」という記念日。 ニュースでもおしどり夫婦として有名な芸能人が受賞する様子が流れています。 いい夫婦と言われる夫婦の姿は羨ましいと感じつつも、 もはや長年連れ添 …

大相撲は年間に何回?いつ?順番は?開催場所と名前は?

  年中行っているイメージの相撲ですが、 本場所と呼ばれる開催期間は年に何回あるのでしょうか。 開催月の名前ついて○○場所と呼ばれてはいるものの、 そこまでファンではないという方にとってはどこで開催さ …

6月12日は「恋人の日」何をする日?他に恋人の記念日ってある?

  日本においては様々なイベントがあり、 世界中のイベントを輸入する形で広まっています。 クリスマスしかり、バレンタインデーしかり。 最近ではハロウィンも一般的に行われるイベントに変わりつつあります。 …

津波防災の日の由来はどこから?訓練には緊急地震速報を使う?

  災害大国とも言われるほど自然災害の多い国、日本。 地震、水害、台風など毎年どこからしらで被害が起きています。 こんなに科学が発達している現在も被害は避けられず、 ニュースで映る被災地の姿は見るに耐 …