お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

暮らしの知恵

カビ取りでお風呂の天井を安全に煙で取る方法は?おすすめは?

投稿日:


梅雨のじめじめした時期が終わると、
ちょっと浴室が黒ずみが気になってきますよね。

気になる度に掃除をしても、
ふと見るとまた黒カビが発生してる。
そんないたちごっこをしてる奥様は多いと思います。

なぜお風呂場にカビがすぐ発生するのか、
そんな皆さんお困りのカビ対策と撃退方法を調べてみました。

  

カビは何で発生するの?


お風呂場で気になるカビ、
どこから湧いてくるのか不思議に思いますよね。

カビは微生物の一種です。
目には見えませんがカビの胞子はどんな所にでもいます。

 お風呂場にだけいる訳ではないカビ胞子。
ではなぜお風呂場でカビが目立ってしまうのでしょうか。、
それは、お風呂場はカビが発生しやすい条件が整っているからなんです。

では、カビが発生しやすい条件とはなんでしょうか?
条件は3つあります。1つ目が温度、2つ目が水分、3つ目が栄養です。

1つ目 温度 カビの適温は25~28℃。
2つ目 湿度 高湿性のカビは湿度70%以上を好みます。
3つ目 栄養 石鹸カスや人の皮脂や水垢を栄養にカビが繁殖します。

 3つの条件を見てゾッとしませんか?
お風呂場はまさにカビの楽園と言えますね。

カビ対策の基本は?

 カビても仕方がないと思ってしまうほど、カビにとっては好条件のお風呂場。
確かにカビは発生しやすい場所ではありますが対策で減らす事ができます。

効果的なカビ対策はまず「換気」です。
換気扇を回したり、窓を開けて換気を行う事で湿度を下げましょう。

お風呂の蓋を必ずする事で湯気による温度と湿度上昇を防げます。
またお風呂上がりにシャワーのお湯を浴室内にかけて下さい。
壁の水滴を流し、汚れを落とす事ができます。

 ほんのちょっとした事でカビ対策ができます。
日々の入浴後には意識して実践してみてはいかがでしょうか。

安全簡単な煙で除去!


対策を実践してみても、
やはり全体の汚れを落とすのは難しい事です。

特にお風呂場の天井は手も届きません。
気になってもなかなか掃除できない所ですよね。

そんなお風呂場の天井はカビの発生原因でもあるのです。
いくら掃除をしても天井の掃除ができないと、
カビ胞子が天井から降り注いできてしまうのです。

 それを助けてくれるのが「おふろの防カビくん煙剤」です。
脚立が無ければ届きにくい天井も煙なら安全&楽にカビ退治ができます。

除菌成分も銀イオンなので特に片付けをする必要はありません。
あらかじめカビ取り等の準備が不要なのもうれしいですね。

 やり方は容器に水を入れ、煙が出たら浴室を密閉。
90分以上放置して最後に30分ほど換気をするだけです。
しかもこれを2ヶ月に1回すれば綺麗なお風呂場をキープできちゃいます。

カビ取りと防カビが一緒にできるのが楽でいいですね。

まとめ

 何度も繰り返すお風呂場の黒カビ。

発生してしまったカビは塩素系のカビ取り剤で除去しましょう。
カビ取りをする場合にもいくつかポイントがあります。

まず、乾燥した状態でカビ取りを行う事。
濡れているとカビ取り剤が薄まって密着せず効果が減ってしまいます。

次にカビ取り剤を付けて時間を置く事。
目に見えるカビは根を張っている状態です。
10分ほど時間を置いて奥のカビ菌まで浸透させるのが大切です。
こすってしまうのはNG!カビ菌が奥に入ってしまいます。

対策と予防、そしてカビ取りのルーティンを行うことで、
お風呂場をカビが発生しにくい環境に変える事が大切です。
もうお風呂場のカビにうんざりしたくないですよね。

無防備になるお風呂場は綺麗な状態を保ちたいものです。
身体を洗ってもお風呂場がカビだらけだと・・・考えるのも怖いですね。

 ちょっとした対策と便利グッズで黒カビにさようなら!
カビが気にならない綺麗な浴室で身も心もさっぱりとしましょう。

-暮らしの知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

紫外線対策の帽子!どんな色や形がダメージを抑えてくれる?

  夏の連日の猛暑は年々厳しくなっている様に感じますよね。 日差しもジリジリと照りつけるので、外でお仕事をされている方は辛い時期と言えます。 また女性にとっても紫外線は大敵。 老化の原因とも言われる紫 …

「ボーリングの日」由来は?日本発祥の地はどこ?9本だった?

日本においても馴染み深いスポーツのボウリング。 スポーツとしても行なわれていますが、娯楽としても人気です。 老若男女が一緒に行えるという点においては珍しい競技でしょう。 ピンを狙ってボールを投げるとい …

「海外移住の日」由来は?やり方や必要な物は?お金はいくら必要?

海外と聞くと長期休暇でしか行けないイメージが強いですが、 心機一転の為、定年後の楽しみとして海外移住を考える方もいます。 そんな海外移住についても記念日が存在するのを知っていましたか? 今回は「海外移 …

「サラダ記念日」はなぜ7月6日?本当は「鳥の唐揚げ」記念日?

「この味がいいね」と君が言ったからで始まる短歌、 教科書にも載るほど有名なのでみなさんもご存知なのではないでしょうか。 俵万智さんによる第一歌集のタイトルでもあり、そこに含まれている短歌でもあります。 …

「小暑」「大暑」っていつ?意味や由来は?どんな風習があるの?

季節をある一定の期間で区切った「二十四節気」、 それだけだと何だかよく分かりませんが夏至や冬至は有名ですよね。 その仲間であるのが「小暑」や「大暑」です。 読み方としては「しょうしょ」、「たいしょ」と …