お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

11月 暮らしの知恵

チーズの日っていつ?由来は?これは美味しいと思うのは?

投稿日:


皆さん大好きなチーズ、
お酒のおつまみに料理になんでも使える主婦の味方です。

牛乳が苦手な子供にもおやつになっていいですよね。
カルシウムも取れるので助かります。

 癖のあるチーズもあるので、苦手というかたもいらっしゃるかもしれません。
世界中にはいろいろな種類のチーズがあります。
濃厚からあっさりまで味のバリエーションも豊富です。
最近ではダイエットしている女性にも人気です。

そんなチーズの記念日である「チーズの日」知っていますか?

  

知ってる?チーズの歴史


 世界中で作られているチーズですが、
実はチーズの発祥の地は分かっていません。

ここが発祥!という決定的な証拠がないんだとか。
なんとなくヨーロッパのイメージが強いのですが、
西アジアから始まったのではないかという説が有力とされています。

乳製品であるチーズ、
古代モンゴルでもチーズは作られていました。
硬質チーズの「ホロート」は栄養価も高く、保存食にもなります。
本当に昔からチーズは優れた食品だったようです。
その後、西アジアからトルコを経てギリシャに伝わったと考えられています。

 歴史的な証拠が残っている場所としては、
紀元前5500年頃のものとされるチーズ作りの道具が発見されています。
紀元前から作られていたなんて、歴史ありすぎますね。

そんな歴史あるチーズですが、日本ではいつ作られ始めたのでしょうか?

チーズの日はいつ?由来は?


 日本にチーズが伝来したのは6世紀頃とされています。
日本においてもチーズの歴史は案外長いのです。
西暦650年頃の『涅槃経』や『右官史記』にも記録として残っています。

時代でいうと飛鳥時代、
この時代のチーズは「蘇」や「酥」と呼ばれていました。
どちらも読み方は「そ」、牛や羊の乳を煮詰めて作られています。

「蘇」はただ単に乳を煮詰めたものであるのに対して、
「酥」は煮詰めた時の被膜を集めたものとされています。
なので同じものという説、違うものとする説どちらも存在します。
どちらにせよ日本でのチーズのはしりという訳です。

 西暦700年旧暦10月、当時の天皇であった天武天皇が「蘇」を作らせます。
なんと税として「蘇」を取り立てる為に全国で製造を命じたのです。
当時の「蘇」は栄養豊富で薬としても重宝される貴重品でした。

 その出来事を由来として、
1992年日本輸入チーズ普及協会とチーズ普及協議会により、
「チーズの日」11月11日に制定されました。

旧暦の10月は現在の11月であり、
ゾロ目で覚えてもらいやすいという理由で11月11日になりました。
この「チーズの日」には毎年チーズのイベントが開催されています。

美味しくて安いおすすめチーズ

 昔は貴重品であったチーズですが、
現在では安くても美味しいチーズがたくさんあります。
何点かおすすめをご紹介します。

・Q・B・B ベビーチーズ

 4個入のシンプルなパッケージ、見覚えあるのではないでしょうか。
 とにかく安いのに味が豊富にあります。
 おつまみからおやつまで楽しめるお手軽なチーズです。

・森永乳業 クラフト無垢

 チーズの「濃厚さ」「うまみ」がぎゅっと濃縮されたチーズ。
 でも雑味が抑えられているので食べやすいです。
 お高いチーズの旨みが低価格で味わえるチーズです。

・雪印メグミルク 6Pチーズ

 長く愛されているロッピーチーズ。
 定番アイテムだからいつ食べても安心の美味しさです。
 癖がないので苦手な方も食べやすいチーズです。

 癖のないものから濃厚なものまで好みに合わせて選べるチーズ。
どんな食べ物と組合せるか考えるだけでも楽しいです。
最近ではチーズタッカルビも人気ですね。たっぷりチーズが堪りません。

まとめ

 大人気のチーズですが、
最近はカルシウムや鉄分が足されているもの
塩分控えめなど健康面への配慮もうれしいです。

また糖質も低いので糖質制限ダイエット中にもおすすめです。
どうしても甘いものが食べたい時はありますよね。
スイーツ風味のチーズなら罪悪感なしで美味しく頂けます。

 コンビニ、スーパーのチーズコーナーを覗いて見て下さい。
お安くて美味しいチーズがたくさんありますよ。
ぜひお気に入りのチーズが見つかるといいですね。

-11月, 暮らしの知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

カウントダウンのアプリでおすすめは?あと何日なのかな?

年末になるとカウントダウンが始まりますね。  様々なイベントに記念日、覚えているつもりでも ふとした瞬間にあれ?あと何日あるんだっけ?と思う事ありますよね。 スマホでスケジュール管理をしている方も多い …

潮干狩りに行こう!子連れで楽しめるオススメ穴場「関東編」

GW中に遊びに行きたいけど、どこに行くか迷っている方は潮干狩りがおすすめ。 潮の満ち引きにより貝の採れやすさは左右されますが、 一生懸命探して貝を見つけた時の感動は何とも言えずよい思い出になりそう。 …

雛人形を飾る時の向きや方角って決まってる?運気アップ出来る?

  時期が近づくと飾る雛人形、どこに置くか悩みますよね。 その時ごとに空いているスペースに飾る方もいれば、 毎年飾る定位置が決まっているなんて方もいらっしゃるでしょう。 お子さんがまだ小さい時には毎年 …

ディズニーランドをお安く楽しむ!親子の為の特別な過ごし方

ディズニーランドといえば、子供から大人まで楽しめる夢の国。 お子さんがいる方は、行きたいとせがまれた経験が一度はあるのでは? キャストのプロ意識も高く、まさに夢の国だと満足度も高い東京ディズニーランド …

子供の日焼けのケアはどうするの?ママにオススメ対処法7選

夏は日焼けが気になる季節、特にお子さんの日焼けは気になりますよね。 できるだけ日焼けしない様に日焼け止め等、予防をしっかりしている親御さんも多いはず。 それでも日焼けが避けられず、真っ赤になってしまう …