お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

12月 年間行事

イルミネーションでクリスマスのおすすめ場所は?関西近郊で

投稿日:2018年7月29日 更新日:

 
冬の寒さが堪える頃には外を出歩くのが億劫になりますね。
しかし、この時期に楽しみなのはクリスマスです。

街中がイルミネーションで飾られるととても煌びやかで、
クリスマスイルミネーションを見るためならつい出かけてしまいます。
デートも家族でのお出かけも盛り上げてくれる季節限定の光景です。

 今回はそんなクリスマスイルミネーションのおすすめスポットをご紹介します。
関西近郊で絞り込んでみましたので、お近くの方はぜひチェックして下さい。

  

イルミネーションの起源は?


 まずおすすめスポットを見る前に、
クリスマスイルミネーションの起源を、調べてみました。

起源については諸説ありますが、
16世紀頃ドイツの神学者マルティン・ルターが森から見える星空の美しさ感動し、
これを再現しようと木々にロウソクを飾り付けたのがイルミネーションの始まり。

その光景は絵画にも描かれ普及していきます。
17世紀にはドイツでろうそくによるクリスマスツリーの飾り付けが定着。

しかし、ロウソクを使っていた事により火災の危険があることから
時代とともに電飾での飾り付けへと移っていきました。
最初に電飾を飾ったのはアメリカの発明王エジソンの共同経営者ジョンソンでした。
エジソンの発明品である白熱電球が飾り付けに使われたそうです。

 さすがは発明王と思ってしまうような起源があるクリスマスイルミネーションですが、
日本においては明治時代の1903年大阪における博覧会の飾り付けが始まりとなったとの事。

エジソンによって電球が発明されただけでなく、
クリスマスイルミネーションも楽しめるようになったという意外な事実でした。
もっとエジソンに感謝しなくてはいけませんね。 

関西のおすすめスポット


 昔から人々を楽しませてくれるクリスマスイルミネーション、
年々煌びやかで凝った演出により幻想的な雰囲気を醸し出してくれます。
絶対に楽しめること間違いなしの関西おすすめスポットをいくつかご紹介しますね。

・神戸ルミナリエ

もはやクリスマスイルミネーションの代名詞のような場所です。
阪神淡路大震災の犠牲者への追悼と復興イベントとして1995年から開催されています。
最近では毎年資金不足により開催が危ぶまれている状況でしたが、
昨年はなんと約340万人来場、やっと単年度での赤字が解消したそうです。

今年の開催期間は12月7日(金)~16日(日)の10日間。
クリスマス前に一足早くクリスマスイルミネーションを満喫できます。

・万博記念公園

大阪万博の会場の万博記念公園で毎年行われている『イルミナイト万博Xmas』。
会場全体が約40万球のLED装飾で飾り付けられます。
あの有名な太陽の塔もXmas仕様に3Dプロジェクションマッピングされます。
昨年の開催期間は12月1日(金)~12月25日(月)、今年も例年通りの開催が予想されます。
映像と音楽のコラボで迫力満点のイルミネーションが楽しめます。

・道の駅 丹後王国

北近畿最大規模の約100万級のLEDが使用される『丹後王国イルミネーション』。
エリアごとにテーマが設定されており、テーマに沿ったイルミネーションを楽しめます。
巨大光のトンネルは昼も夜も楽しめる撮影スポットとして人気を博しています。
毎年恒例となっているイルミネーションと打ち上げ花火のコラボもあり、
通年開催で長い期間イルミネーションを楽しめるのもうれしいポイントです。
現在は昨年の大雪により一部消灯中なのが残念ですが、復旧したらぜひ訪ねてもらいたいスポットです。

家族向けスポット

 クリスマスイルミネーションはロマンチックでデートに最適ですが、
家族で行っても普段とは違った雰囲気でクリスマス気分を満喫できていいですよね。

次は、そんな家族で楽しめるクリスマスイルミネーションのおすすめスポットの紹介です。

・りんくうプレミアム・アウトレット

大阪府泉佐野市にあるりんくうプレミアム・アウトレット。
昨年の開催期間は11月~2月と長くイルミネーションを楽しめそうです。
約14万球のLEDによるイルミネーションは見事の一言に尽きます。
特にメインツリーは約1万球で飾り付けられとても華やか、
調光機能により動きのあるイルミネーションが動きを生み出してくれます。
また昨年の12月23日にはサンタクロースが登場しての記念撮影会も開催されています。
サンタクローズ財団公認のサンタさんに会える機会はなかなかないので見逃せませんね。

・ひらかたパーク 

大阪府・枚方市にある、ひらかたパークで『光の遊園地』を楽しめます。
通称ひらパーのイルミネーション、昨年の開催期間は11月~2月。
180万球ものイルミネーションとアトラクションのコラボは遊園地ならではです。
遊園地全体が光で煌びやかに飾り付けられ、複数のエリアでイルミネーションを楽しむことができます。
ナイトアトラクションも雰囲気たっぷり、
アトラクションに乗って楽しめるイルミネーションなんて贅沢ですよね。

まとめ

 調べてみるとクリスマスイルミネーションは各所で楽しむ事ができます。
関西方面が遠いという方も今年は少し遠出して楽しんでみるのはいかがでしょうか。
格安航空の登場で意外と気軽に行けるかもしれませんよ。

 街がイルミネーションに包まれると、
いよいよクリスマスという気分になってなんだか心が躍りますね。
今年も綺麗なイルミネーションを見ながら素敵なクリスマスをお過ごし下さい。

-12月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「大相撲」力士の給料っていくら?階級で大違い?年金もあるの?

  厳しい大相撲の世界、各場所の結果で階級が決まるのはシビアですよね。 普段は場所中の取り組みしか見る機会がありませんが、 力士の給料体系はどの様になっているのでしょうか。 階級が関係しているのはなん …

失敗する受験生は運動不足が原因?朝の習慣が勝負を分ける!

受験勉強を始めると、机に向かう時間が増えてしまい身体もなまりがち。 受験生だからしょうがないと思っていませんか? 長期間に渡る受験勉強において運動不足は大敵です。 きちんと体調を整える事も受験に打ち勝 …

幸せになる!ひな祭りの雛人形、飾る時期としまう時期!

  3月といえば女の子が主役となるひな祭りの季節。 保育園や幼稚園でもひな祭りのお祝いが行われたりしています。 ひな祭りのあの歌を聞く様になる時期でもあり、 華やかな着物を着た綺麗な雛人形は女の子の憧 …

「イースター」とは何の日?由来・意味は?オススメ楽しみ方7選

  言葉だけなら皆が知っている「イースター」。 海外ではクリスマスと並ぶメジャーなイベントですが、 日本においてはそこまでメジャーなイベントではありません。 テーマパークでは季節になるとイースターイベ …

入園祝い・入学祝いの金額相場は?喜ばれるプレゼントって何?

お子さんの晴れの日である入園や入学。 こんなに大きくなったのかと親御さんは感慨深いですよね。 それはご両親に限ったことではなく、 祖母祖父である両家にとっても喜ばしい日と言えます。  嬉しい心遣いとし …