お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

12月 年間行事

クリスマスの起源や由来って?サンタクロースはどこから来るの?

投稿日:2018年7月30日 更新日:

 
最近では11月からクリスマスの雰囲気が高まりますね。
街中がイルミネーションやクリスマスカラーに染まっていくと、
子ども達はあといくつ寝たらクリスマスか指折り数え始める頃でもあります。

 そもそも仏教が主流の日本ですが、
なぜこんなにもクリスマスが祝われているかご存知ですか?
イエス・キリストの誕生日のお祝いである事は有名ですよね。

 また子どもにとってはクリスマスといえばサンタさん!
サンタクロースも有名ですがどこから来てるのでしょうか?
有名なのはフィンランドですが、実は諸説あるそうです。

そんなクリスマスについて調べてみました。

  

クリスマスの起源は?由来は?


 クリスマスはイエス・キリストが誕生したお祝いの日。
世界中にいるキリスト教徒によって広まっていくのですが、
語源はChrist(キリスト)とmas(ミサ)と言われています。

大体ご存知の方が多いと思いますが、実はこれ間違いです。
キリスト誕生のお祝いの日ではあるのですが、
キリストの誕生日=12月25日ではありません。

キリストの誕生日は定かでなく、
聖書によると10月1日または2日ではないとされています。
また天文学者の間では9月15日ではないかとする説もあります。

 ではなぜ12月25日がクリスマスになったのかというと、
古くから行われていた「夏至の祭り」が関係しているそうです。

ローマでは12月の夏至に太陽を祭るお祝いを行っており、
273年には当時のローマ皇帝アウレリアヌスにより
12月25日が太陽神の誕生日であるとして定められます。

「世の光」とも呼ばれていたイエス・キリスト、
そこに目をつけた協会がキリストの誕生を祝いミサを始めました。
それが定着し、クリスマスがキリストの誕生を祝う日になりました。

サンタクロースはどこから?


 クリスマスの夜に子どもが心待ちにするサンタさん、
北欧のイメージはあるのですがどこから来ているのでしょうか?

やっぱりフィンランドのイメージがあるのですが、
デンマークのグリーンランドもサンタの故郷を主張しています。

 トナカイの生息する北欧がサンタクロースの故郷と思われがちですが、
サンタクロースのモデルとなった聖ニコラウスは全く北欧と関係がありません。
サンタクロースとトナカイの関係性から連想されたただのイメージだった訳です。
どこから来るのかについては定かではありません。

そんな不思議な存在だからこそ、子どもに夢を与えてくれるのかもしれませんね。

クリスマスツリーの由来は?

 キリスト教のお祝いであるクリスマスに欠かせないクリスマスツリー、
もともとはキリスト教によるものではなくヨーロッパに由来があります。

クリスマスの元ともなった冬至の祭りの際、カシの木を飾ってお祝いを行っていました。
信仰の対象でもあったカシの木ですがキリスト教の宣教師達によって、
キリスト教に登場するモミの木にすり替えられそのまま広まっていきました。

 そのためクリスマスツリーの文化はそんな長くはなく、
17世紀頃にクリスマスに飾ってお祝いがされる様になったと言われています。

まとめ

 日本中で当たり前の様にお祝いをしているけど、
案外あまり知らずにお祝いしていたクリスマスを少しは知ってもらえたかと思います。

サンタクロースも子どもの頃は楽しみにいい子にしなきゃと待っていましたね。
悪い子にしているとイギリスでは魔女が石炭がプレゼントされる。
ドイツでは黒いサンタにさらわれてしまう、なんて言い伝えもあるそうです。

またサンタさんのいる・いないでも小さい頃は論争が起こりましたが、
ドイツの子ども達は商業的なサンタクロースではなく、
「クリスマス男」や「クリスマス子」のどちらかを信じているそうです。

 世界でお祝いされているクリスマス、
宗教や文化、風習の違いはあれど皆が幸せに過ごせるお祝いの日として過ごしたいものです。

-12月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2019年の立夏はいつ?意味は?する事や食べ物はどうするの?

季節が過ぎてゆくのは早いもので春が過ぎるともう夏が来ます。 年々猛暑が体に堪え、暑い夏が嫌になっている方も多いでしょう。 そんな季節の始まりを告げるのは「立夏」です。 ただ立夏になったからといって、全 …

天皇陛下の正月の一般参賀はどこで何時あるの?見れるのかな?

 新年のニュースでも取り上げられる一般参賀の様子。 朗らかな笑みを湛えた皇族の方々のお姿がニュース映像でも伝えられますね。 天皇陛下によるお言葉もあり、新年の喜びを述べられています。 お言葉を聞くと、 …

入園式で失敗しないママの服!靴は?ヒールの高さはどれ位?

  小さかった我が子もいよいよ保育園・幼稚園デビュー。 その節目となる入園式は親も子供も緊張してしまいますよね。 これからお友達になるお子さんとその親御さんとの顔合わせの場でもあり、 そこまでお堅い式 …

6月16日は「和菓子の日」どんな由来?開催イベントも楽しい!

日本が誇る食文化として和食がありますが、 お菓子においても日本特有の和菓子が存在します。 茶道文化と共に育まれて来たこともあり、 お茶との相性は抜群で日本人にとってはほっと一息つける甘味です。  私た …

雛人形のお雛様の「十二単」。昔は本当に着てたの?意味はあるの?

古典や歴史の授業でも登場する「十二単」。 雛人形が着ているアレの事かと誰もが想像しますよね。 見る分には綺麗で和服の美しさを際立たせますが、 現代人から言わせるとそんなに重ね着してどうするの?とも思い …