お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

12月 年間行事

イルミネーション関東近郊でおすすめは?上手く撮影するコツは?

投稿日:2018年7月31日 更新日:


 街を彩る綺麗なイルミネーションが見られ始めると、
大人でもなんだか浮き足立つようなウキウキした気分になりますね。

冬の寒さや年末に向けての忙しさもあり、
荒んでしまう大人たちにすら癒しを与えてくれる綺麗さがあります。

普段の雰囲気とは違うイルミネーションの光の演出、
ぜひお出かけして非日常を味わってみてはいかがでしょうか?

 今回は関東のおすすめスポットをいくつかご紹介します。
冬のお出かけにもってこいのスポットばかりですよ!

  

関東三大イルミネーション?誰が選ぶの?


 なんといっても関東には三大イルミネーションが存在します。
誰が選んでいるかというと夜景鑑賞士の方々によって選ばれています。

夜景鑑賞士とは民間の検定試験ではあるものの、
夜景やイルミネーションの知識を有し検定試験に合格された方々。
アンジャッシュの渡部さんも資格を持ってらっしゃるそうです。
詳しい方のおすすめスポットなので、正直ハズレなしですね。

 しかも、三大イルミネーションに認定される為の7項目があります。
その7項目とは、

1.敷地を生かし、LED 照明を効果的に活用した、イルミネーションであること。
2.照明演出について、エンタテインメント性溢れる演出を抱いていること。
3.照明演出について、オリジナリティがいかんなく、発揮されていること。
4.演出・サービスが毎年拡張し、翌年以降への期待感を、有していること。
5.会場は回遊性であり、子どもからお年寄りまで幅広い方々に親しまれていること。
6.管理・運営するスタッフが情熱を持って演出及びサービスを、行っていること。
7.レストラン・売店・土産等の飲食、サービスが充実していること。

この7項目を検証・調査した上でやっと認定されるのです。
そんな関東三大イルミネーションなら誰と行っても安心して楽しめます。

関東三大イルミネーションはどこ?

 では、具体的に関東三大イルミネーションはどこかご紹介します。

・あしかがフラワーパーク

栃木県・足利市にあるあしかがフラワーパークは昼でも藤の名所として有名です。
多くの花々を楽しめる人気スポットですが、イルミネーションも見ものです。
夜景鑑賞士によるランキングでも2016年と2017年の2年連続の全国1位。
関東三大にも認定されていますが、日本三大イルミネーションにも認定されています。
東日本最大級400万球のイルミネーションは、
光の花の庭をコンセプトに美しい光の花々を咲かせてくれます。
関東では絶対に外せないスポットです。

・東京ドイツ村

千葉県・袖ケ浦市にある東京ドイツ村は子どもも大喜び間違いなし、
おとぎ話の世界に自分が飛び込んだかの様なイルミネーションとなっています。
東京ドーム27個分の広い敷地に300万球のイルミネーションで圧巻ですね。
各エリアごとに仕掛けや演出があり、大人も子どもも楽しめるスポットです。

・江の島 湘南の宝石

神奈川県藤崎市江の島の各所がイルミネーションによって彩られます。
夏のイメージが強い江の島ですが、ウィンターシーズンも楽しめてしまいます。
またイルミネーションだけでなく2万株のウィンターチューリップも開花、
開花時期を調節しているなんてすごいの一言ですよね。
まるで宝石のように輝く湘南の江の島は一度見てみたいものです。 

この3か所ですが、
どこも甲乙つけがたいおすすめスポットです。
開催期間も長いので、行ける方はぜひ全部巡ってみてはいかがでしょうか。

写真をうまく撮影できない!コツはある?


 魅力的なスポットでイルミネーションを見ていると、撮りたくなる写真。
でも、上手く撮れなくて悩んでいる方いませんか?
なんだかピンボケ、ブレてる、暗くて何だか分からないなどなど・・・。

夜景もそうですが、イルミネーションも撮影にコツがあるのです。
イルミネーションの撮影には、3つのポイントがあります。

①フラッシュの活用

イルミネーションが点いていると結構明るく感じるので、
フラッシュをオフにして撮影する方がいますがこれはNG!
イルミネーションの光が明るい分、人物と撮影すると逆光になってしまいます。
後で確認すると、表情が暗くて分からなくなってしまうので注意です。
逆にイルミネーションの光が強い場合にはオフにした方が綺麗な場合もあります。

②ピント調節後に明るさ調節

最近のスマホではタップをするとピントがそこに合わせて明るさを調節してくれます。
普段ならそのまま撮影すれば綺麗な写真が撮れるのですが、
イルミネーションがある場合は明るくなりすぎて白とびすることもあります。
ほどよく明るさを調節してあげることで、
人物とイルミネーションの明るさのバランスを取りましょう。
明暗のバランスを調整するHDRモードというものもあります。
HDRモードがあるスマホでしたらぜひ活用してみて下さい。

③すぐに動かない

シャッターボタンを押して、音がしたらすぐに動いていませんか?
光っているイルミネーションは手ブレが大敵なんです。
動いてしまうとピンボケした残念な写真になってしまいます。
シャッターを押してから2~3秒は待ってみて下さいね。
先ほど紹介したHDRモードも便利ですが合成処理を行うので
撮影に時間がかかります。すぐに動くとブレてしまうので気を付けて下さい。

 簡単にできる方法ですが、効果はありますよ。
あとは枚数を撮るとどんどん綺麗な写真が撮れると思います。
何事も練習あるのみですね。

まとめ

 冬の風物詩とも言えるイルミネーション、
スポットそれぞれに見どころ満載でどこに行くか迷ってしまいますね。

いろいろなスポットで今回の撮影のコツを使って、
綺麗なイルミネーションをいっぱい撮影して記念に残してみて下さい。
幻想的なイルミネーションはインスタ映えも狙えちゃいますね!

 もしイルミネーション巡りにはまったら、
今度は夜景鑑賞士に挑戦なんてのもいいかもしれません。

恋人や家族、大切な方と綺麗なイルミネーションを楽しんで下さいね。
 


-12月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

チャンピオンズリーグの歴代優勝チームは?報酬や賞金はいくら?

毎年大きな盛り上がりを見せるUEFAチャンピオンズリーグ。 欧州サッカー連盟(UEFA)の主催で毎年9月から翌年の5月にかけて行われ、 サッカーファンにとってはトップレベルのチームが集まる見逃せない大 …

お年玉はいつから直接渡しますか?いくら位が相場なのかな?

お正月といえば子供はお年玉も楽しみの一つ。 ある程度の期待を持って、何を買おうか考えてるお子さんも多いのではないでしょうか。 子供の頃は楽しみだったお年玉も、大人になると悩みの種になってきます。 あげ …

敬老の日って何歳からですか?由来は?どんな意味があるの?.

毎年9月になると、「敬老の日」がやってきますね。おじいちゃんやおばあちゃんに感謝したり、プレゼントを渡したり。でも、敬老の日にどんな意味合いがあるのか、知っていますか?知っているようで、あまり知られて …

2月9日は「漫画の日」由来は?いつの時代から漫画は始まった?

 もはやジャパンカルチャーとして海外でも受け入れられる程、 日本文化の代名詞的な存在である漫画。 私たちにとってはとても身近な存在ですよね。 そんな漫画にも記念日があるのはご存知でしょうか。  好きな …

防災の日っていつですか?なぜ始まったの?子供に伝えたい事は?

日本は地震大国です。先日も、群馬や大阪で大きな地震があり、怖い思いをしました。 子どもを育てるようになると、今までよりも防災への意識が高くなるように思います。 今日は、防災について考えたいと思います。 …