お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

12月 年間行事

クリスマスソングで子供のダンスに最高なのは?おすすめは?

投稿日:2018年8月5日 更新日:

 
クリスマスか近づいてくると、街中で耳にするクリスマスソング。

童謡からJ-POPまで、クリスマスを歌った曲を聴くとクリスマス気分も高まってきます。

幼稚園や保育園でもクリスマス会が企画されている所は多いようで、
家でもクリスマスソングを口ずさむお子さんも多いのではないでしょうか?

そんなクリスマスソングは歌うだけでも子どもは大喜びです。
子どもはダンスも好きなのでクリスマスソングに振り付けをプラスしたら最高に喜んでくれますよ。

定番からダンスにぴったりの曲まで、クリスマスソングを調べてみました。

  

クリスマスソング定番は?


 いろいろな歌で歌われているクリスマスソングですが、
やはり定番となっているのはクリスマス・キャロル賛美歌ではないでしょうか。
クリスマスといえば教会での礼拝の様子がよくイメージされますよね。

キリスト教じゃないから曲は知らないなんて思っていませんか?
実は知らぬまにクリスマスソングとして歌ってる曲ばかりです。

数曲あげてみると・・・

・Joy to the World もろびとこぞりて

あの「主は来ませり、主はきませり~」の曲です。
英語の題名だとあまりピンと来ないかもしれませんね。でも絶対に誰もが耳にした事がある曲だと思います。
作曲者はアメリカ教会音楽の第一人者ローウェル・メーソン。世界中で愛され、数々のアーティストがカバーしています。

・We Wish You A Merry Christmas クリスマスおめでとう

題名の通り、「We Wish You A Merry Christmas」をリピート!子どもでも歌えるクリスマス・キャロルですね。
実は3番まで歌があります。2番の歌詞になると、
「We Wish You A Merry Christmas」の部分が「We want some figgy pudding」に変わります。
意味は「クリスマス・プディングが食べたい」、実はすごく可愛らしい曲になっています。

 その他にもSilent Night(きよしこの夜)Deck the halls(ひいらぎかざろう)も有名ですね。
どうでしょうか意外と縁が無いように思えても知っている曲が多かったと思います。

ダンスするならどの曲?おすすめは?

 そうは言って子ども向けというと大人しいクリスマスソングより、
アップテンポの楽しそうな童謡の方が喜びます。ダンスもしやすいですよね。

幼稚園や保育園でも人気のクリスマスソングといえば、

・赤鼻のトナカイ
・あわてんぼうのサンタクロース
・ジングル・ベル

この3曲は定番でどこの園でも歌われている様です。
歌詞もメロディーも分かりやすくて、子ども達にもぴったりですよ。

 もちろんクリスマス・キャロルから選んでもいいのですが、
歌詞が簡単な曲でリズムの取りやすい曲を選んであげて下さい。

歌詞もダンスも覚えるとなると大人でも大変です。
子どもがストレスなく、すんなり覚えられる様に振り付けも簡単に!
皆で覚えてダンスできる曲なら、子どもにとって最高に楽しいものになりますよ。

振り付けどうする?衣装は?


 曲が決まっても悩むのは振り付けですよね。
簡単なものにしたくても、アイディアが浮かばない事よくありますよね。

困った時に役に立つのは子どもも大好き『YouTube』
幼稚園や保育園のクリスマス会の動画もアップされているので参考になりますよ。
動画でみるとどんな振り付けで踊っているのか、とても分かりやすいです。
お子さんと動画を見ながら決めても楽しそうですね。

また保育士さん向けのサイトですが、
『HoiClue』(ほいくる)『Hoick』(ほいっく)もおすすめです。
クリスマスソングの動画やもっと小さい子向けのクリスマス手遊び動画があります。
クリスマスの折り紙の折り方、コスチューム作りも動画で見れちゃいます。
保育士さん達って凄いなぁと日々思ってはいましたが、こういったサイトで勉強してるんですね。

 ダンスだけでなく、小物や衣装を用意してあげるだけで子どものやる気アップです。
サンタの帽子だけでも衣装を揃えてダンスをすれば十分可愛い姿になりますよね。
ペットボトルにビーズを入れて簡易マラカスを作ってもみてもいいかもしれません。

まとめ


 子どもが歌ってダンスしてクリスマスソングを楽しむ姿、親によってはたまらなく愛おしいですよね。
子どもの写真は結構いっぱい撮りますが、ダンスなら動画を撮影して楽しむ事ができますよ。
後で動画を見返すと、いろいろな発見があって面白いものです。

 クリスマス・キャロルが歌われるクリスマスミサも雰囲気があって参加してみたくなりますよね。
基本的に誰でも参加自由な教会が多い様ですので、私もぜひ参加してみたいと思っています。
キャンドルサービスを行う教会もあるそうですので、
厳かな雰囲気のなかクリスマスソングを聞けば聖なる夜を感じられそうです。

子どもと一緒にクリスマスソングを歌って、思い出に残るような楽しいクリスマスをお過ごし下さい。

-12月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

立夏(二十四節機)っていつ?意味や由来は?何をして過ごす?

立夏と言われてもあまりピンとこない方も多いはず、 節分のある立春と比べると印象も薄くいつの話?なんて思いますよね。 カレンダーには記載されている事が多いものの、祝日でも無ければ見過ごす人が大半でしょう …

「メーデー」とはどんな意味?子供に分かりやすく説明してみた

毎年5月1日に世界各国で行われる「メーデー」ですが、 日本の場合は形骸化しつつありあまり注目されていません。 組合に所属して動員をかけられている方もいるかもしれませんが、 海外では労働者による激しいデ …

2月9日は「漫画の日」由来は?いつの時代から漫画は始まった?

 もはやジャパンカルチャーとして海外でも受け入れられる程、 日本文化の代名詞的な存在である漫画。 私たちにとってはとても身近な存在ですよね。 そんな漫画にも記念日があるのはご存知でしょうか。  好きな …

秋祭りの意味は?由来は?神輿や太鼓は何のためにあるの?.

秋になると、いろいろなお祭りが開催されますよね。神社を中心とした大きなお祭りから、地域に根ざした小さなお祭りまで、大小さまざまなお祭りがあります。 ではなぜ、秋のお祭りが多いのでしょうか? 秋祭りの意 …

秋にキャンプを予定している初心者必見。手ぶらでの楽しみ方は?

キャンプやバーベキューというと、夏のイメージがありますが、実は秋にも向いているんです!秋は夏よりも気温が低くなってきますし、蚊などの虫も少なくなってきます。また、空気もからっとしていて、晴天にも恵まれ …