お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

12月 暮らしの知恵

換気扇の掃除に便利な裏技って?業者に頼む時の注意点は?

投稿日:2018年8月10日 更新日:


 家の中でも特に汚れが付きやすいキッチン周り。
油汚れは頑固でなかなか落ちにくく掃除にも苦労します。

なんとか手の届く範囲は小まめにお掃除もできますが、
ちょっと目線を上げるとあるのが換気扇。マメに掃除していますか?

 気合を入れないと手を付けにくい換気扇の掃除。
頑張ってもなかなか汚れが取れなくて困りますよね。

自分で掃除する際にどうやればいいのでしょうか?
業者で頼むという手もありますが、準備はどうすればいいのでしょうか?
そんな疑問を解決するべく、換気扇掃除について調べてみました。

  

換気扇、汚れの原因は?


 気が付いた時にはすでにベトベトになっている換気扇。
調理の際に使う油が付着しているのは分かりますが、
油だけででは無いので全く落ちない汚れとなっています。

換気扇の汚れは油+埃のダブルパンチ。
換気扇を回せば埃を含んだ空気を吸い込む事になり、
油汚れが接着剤の役割を果たします。そうしてあの頑固汚れとなるのです。

 「まぁ換気扇が汚れていても問題はないでしょ。」と思っていませんか?
汚れがあるという事は、雑菌やカビの発生源があるのと同じですよ。
そこで料理をしていると考えると・・・怖く感じますよね。

また換気扇が汚れていると、本来吸引すべき調理時の蒸気が吸われません。
その結果、油を含んだ蒸気がキッチンいっぱいに広がります。

キッチン全体がベタベタ状態になったら、手を付けられませんね。
それを防ぐためにも換気扇の掃除は大切です。

自分でできる掃除方法はある?


 手軽に自分でできる掃除方法をご紹介します。
換気扇の形状によって異なる部分はありますが、
基本は換気扇を分解、主たる汚れである油汚れを落とす事です。

まず掃除に取り掛かる前に、安全の為に電源を切って下さい。
掃除中に換気扇が動いたら大変。その前にプラグを抜いておきましょう。

道具はブラシ、油汚れ落とし用の洗剤が必要です。
洗剤も使いますので、ゴム手袋やマスクをして掃除をして下さい。

 換気扇のタイプは主に2つあります。
プロペラが付いているプロペラファンタイプ、
筒状のドラム型の羽が付いているシロッコファンタイプがあります。

カバーやネジ留めされている場合もあります。
それぞれを外して、部品ごとに掃除をして下さい。

床へごみ袋やレジャーシートを敷いてから外すといいと思います。
ゴム袋や大きめの桶に入れてつけ置き洗いがおすすめです。

 掃除の頻度によって汚れの頑固さが違います。
久々のお掃除という場合には、じっくりと数時間つけましょう。
その後、ブラシや雑巾で残りを拭き取りましょう。

 つけ置きの時間があるので時間はかかりますが、
あまり複雑な掃除方法では無いので簡単にできますよ。
スルっと汚れが取れるのも、なかなか快感です。
汚れを落とし乾かした後に、再度部品を取り付けて下さい。

業者に頼む時どうする?注意点は?


 ずっと掃除をしてなかった場合には、
もうどうやっていいのか分からない!という状態かもしれませんね。

換気扇自体が少し高い所にあるので、
カバーや部品の取り外しの作業は気を付けて行う必要があります。
心配な方や自信の無い方は、一度プロの手を借りてみましょう。

 業者さんに依頼した場合にも、
基本的な手順や作業内容は自分で行う際とあまり変わりません。
しかし、素人がやるよりもより細かく部品を分解掃除してくれます。
本当に換気扇の奥の奥までピカピカになりそうですよね。

綺麗な換気扇なら動きもスムーズ、電気代の節約にもなりますよ。
お値段の相場は大体1万円~1万5000円程度。キッチン掃除がセットの所もあるようです。

 依頼する際の注意点としては、
時間が2~3時間程度かかるのでその間は家に誰かいなければなりません。
また実際の作業日前に作業する場所の周りは綺麗に片付けが必要となります。

まずはプロの業者さんに頼んで掃除をしてもらい、
メンテナンスとしてご自身で掃除を定期的に行うのもいい手だと思います。

まとめ

 換気扇の汚れを見るだけで気分はげんなり。
後回しにしてしまう事が多いですが、掃除しないと衛生面も心配になります。

一度、自宅の換気扇の構造が分かれば手順は簡単です。
つけ置き洗いなら、あまり時間もかからないので定期的に掃除して見て下さい。

掃除の後は換気扇の汚れ防止カバーやフィルターがおすすめです。
掃除ができない時にもマメに変えれば、汚れがこびり付くのを防げます。

 汚れた換気扇では空気も澱んでしまいそう。
換気扇の掃除も忘れずに行って、綺麗な空気の中で楽しく料理したいものですね。

-12月, 暮らしの知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

雛人形を片付ける時の防虫剤の入れ方は?どんな種類がいいの?

女の子のいるご家庭ではお守りとして飾る雛人形。 我が子の成長を見守ってくれる大切な存在となっていますよね。 きっと親御さんや祖父母からお子さんへと贈られた大切なもの、 飾る期間は短いですが長くずっと綺 …

花粉症対策で効果のある物やおすすめは?改善するコツはある?

ニュースでも飛散量が天気予報と共に報じられる程、みんなを苦しめている花粉症。 年にもよるのですが、感覚としては年々花粉の量が増えている様な気がします。 なんと日本人の約25%、4人に1人は花粉症とも言 …

女性の為の引っ越しやる事リスト!準備や手続き忘れちゃダメ!

 考えるだけで大変そうな引越し作業、やる事は山のようにあります。 事前準備から事後の手続きに至るまで実際には何をしてよいのやら…。 独身時代は単身で身軽に引越しできましたが、 家族での引越しの場合には …

6月28日「パフェの日」由来は?パフェとサンデーの違いは?

  皆が大好きなデザートのひとつ、パフェ。 6月28日は「パフェの日」として記念日もあるくらい人気のデザートです。 子供の頃は外食時の贅沢として楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。 何気なく …

クリスマスソングで子供のダンスに最高なのは?おすすめは?

  クリスマスか近づいてくると、街中で耳にするクリスマスソング。 童謡からJ-POPまで、クリスマスを歌った曲を聴くとクリスマス気分も高まってきます。 幼稚園や保育園でもクリスマス会が企画されている所 …