お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

ゴルフ

ゴルフ 初心者でも理解できる上達のコツ,グリップ、アドレス

投稿日:2018年4月17日 更新日:

今回は初心に戻って1からスイングを学んで最短で結果をだして頂こうと思うので

私が初心者の方に教えて行く順序でスイングを説明していきます。

かなり変わった指導方法と思いますが中級者の方も、初心に戻って読んで頂ければ幸いです。

  

初心者から始めるスイングの考え方

まず、ゴルフデビューに当たって、最初の一歩が大切ですから、

見よう見まねでクラブを触ったりしないように。

あと後、修正に時間がかかり手の付けようがなくなります。

グリップの握り方、アドレスの取り方、クラブの振り方など、後で調子が悪くなった時でもすぐに

修正出来る、シンプルでチェックポイントが出来るだけ少ないスイングを身に付けましょう。

まず、アドレスについて・・・

アドレスは根本的にクラブを持ったまま体を左右に動かしてブレが少ない態勢げ理想です。

前傾せずにまっすぐに立ち、体の正面でクラブを持ちましょう。

クラブは真っ直ぐに上を差し、いわゆる立った状態にします。このときに大事なポイントは

スイング中ずっと維持しなければならない最重要ポイントになります。

もし、このポイントがスイング中にズレたり、外れたりすると真っ直ぐに飛びませんし、

力がクラブヘッドに正しく伝わらないので飛距離も出ません。

逆に言えばここさえ、しっかりと押さえて理論を消化して形を身に付ければ

かなりの確率で真っ直ぐ打つことは出来ますし、その精度を上げることによって飛距離は

伸びていきます。

ヘッドスピードを頑張って上げなくても、ゆっくり振っているように見えても

全身のパワーが正しくヘッドに伝わるようになれば、飛距離は伸びます。

なので、何歳からでも正しい理論、練習を重ねれば成果は出ます。

グリップ、アドレスの正しい形、考え方

グリップについては、個人差があり説明すると難しいですが、色々な形があり、どれがその人に合っているかは実際に見てスイングしてもらわないと

判断出来ません。

ただグリップはクラブとの唯一の接点、物事の出発点、イロハのイ です。これがだめだと全部だめ。しっかり覚えましょう。

どのクラブも全て同じ感覚で握れないといいスイングになりません。

すべてのクラブで基本的なスイングの感覚は一つ。

シンプル イズ ベストです。

ゴルフは自分で物を持って両手で下から抱えるように右に振って反動をつけ、左方向に放る動きになります。

その時、出来るだけ繰り返し同じ動作を続けても疲れにくい態勢を取りましょう。

この動きは他のスポーツで言えば、ラグビーのパスを出す動作によく似ています。

膝はやや余裕があり、背筋を伸ばしてバネを利かせボールを遠くまで放れる姿勢。

真っ直ぐに立ちその姿勢が出来たらそのまま、腰から前傾します。

膝はほんの少し曲がっているくらいで、重心を無理に落としたりして、すぐに疲れたり、腰が痛くなりそうな姿勢はあなたの体に合っていません。

個人差はあるので、何度もパスを出すイメージで楽に続けられる姿勢を見つけてください。

アドレスはスイングの土台、形は人それぞれに違う

綺麗で力強く安定したショットを打つには土台となるアドレスは最重要点です。

しかし、今回私がお話ししたようにチェックする点が分かれば、男性、女性、身長、体重、筋肉質、やせ形、その他色々な要素によって

形が違ってきます。

ここで、出来上がったアドレスが、正しいのか、間違っているのかのチェック方法をお伝えします。

非常にシンプルな方法で、ある意味自分の感覚が大事になりますので、参考にしていただけるといいと思います。

アドレスのチェック方法

ご説明したようにゴルフは静止した状態からクラブを振り上げ振り下ろすので、下半身を沈めてどっしりと構えた方が良いと考える人もいます。

しかし、ラクビーのパスを投げる動きに似ているので背筋を伸ばし、腰から前傾し膝を無理に折らない。

これで作った形で、まず自分の感覚でそのまま、ボールを下手で持っているとして右に反動をつけて左に投げることが出来そうか?

もう一つのチェック方法は、出来上がったアドレスの状態でクラブも持たず、両手をダランと下げた状態で正面から軽く両肩を押されて

バランスをくずさずに立っていられるか?

このバランスを保つ為には、ややつま先寄りに重心がある状態が必要です。

しかし、前にかけ過ぎると左右に反動をつける動きが出来なくなります。

この2つの動きを同時に出来る構えを作るのが、あなたに合ったアドレスです。

間違っても、角度や位置で覚えてはいけません。

クラブによってライ角度は変わるので、前傾の角度も変わりますし、実際のコースに行った時、山の斜面にボールが止まった時に

正しくアドレスが取れずに全く打てないという方もおられました。

アドレスの正しい取り方が身に付けば斜面でのショットも簡単に打てるようになりますので、是非じっくり取り組んで身に付けて下さい。

まとめ

今回、ゴルフの基礎の基礎、グリップ、アドレスについて説明しましたが、基礎知識として持って頂いたうえで、

信頼のおける人に指導してもらうのが良いとおもいます。

きちっと毎回同じ足幅、角度、などで覚えてしまうと、打てるクラブが1本だけになり他のクラブが飛距離が出ない、いびつな事になります。

また、コースで斜面からいつまでたっても打てない悪循環に陥りますので、頑張って取り組んでください。

-ゴルフ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

知らないと損 ゴルフ上達するレッスンは何を基準にを選べば近道?

上達するには、良いコーチに教えてもらうのが最大の近道です。 海外のプロは、専属で見てもらうのが普通で、試合と試合の合間にもコーチに悪い所を調整してもらいます。 しかし、一般のゴルファーは彼らが何をチェ …

ゴルフ 50代女性が最短最速で上達する練習場での練習方法

これまでグリップの握り方、スイング全体の考え方、自宅での練習方法をお伝えしてきました。 今回はそれが、少し身に付いたと仮定していよいよ実際に練習場で球を打ってみましょう。 ここでもただ単に真っ直ぐ打て …

ゴルフ 最短で上達する人はどんなイメージを持っているのか?

今回はどのような視点、イメージでゴルフスイングを捉えれば最速、最短で上達するのかを お伝えしようと思います。 僕が今までのべ3万人の方にレッスンしてきましたが、このイメージの捉え方が最初から 出来た人 …

ゴルフ 100を切るのに、最短最小の練習で到達する秘訣とは

今日は全ゴルファー人口の中でスコア100を切る99以下で回るとは どれくらい難しいのか、そしてその為にどれくらいの練習をするのか。 また、その一般的な練習時間を大幅に短縮して成果を出すには何をすればい …

ゴルフ 上達しない理由と中高年でも確実に成果が出る秘訣とは

6月になり、嫌な梅雨の時期になりましたが、中高年のゴルファーの皆さん 楽しくプレーしていますか? まだまだ若さ一杯で気持ちよく飛ばしている方もおられる一方で スコアの伸びず、飛距離が落ちてきた等の悩み …