お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

1月 年間行事

お年玉はいつから直接渡しますか?いくら位が相場なのかな?

投稿日:


お正月といえば子供はお年玉も楽しみの一つ。
ある程度の期待を持って、何を買おうか考えてるお子さんも多いのではないでしょうか。

子供の頃は楽しみだったお年玉も、大人になると悩みの種になってきます。
あげないのも可哀想だけど、いつからお年玉をあげたらいいのか。

気前良くあげたい気持ちもありますが、あまり大きな金額は子供の教育にも良くない気がするし。
向こうの親御さんも恐縮してしまいます。年齢に合わせていくらあげたらいいのか。

 お年玉に関する悩み、意外とあるものですよね。
みなさんはどうしているのか、お年玉事情についてまとめてみました。 

  

お年玉の由来は?いつからあるの?


 現在はお金で渡すのが主流となっているお年玉ですが、もともとは鏡餅が子供に渡されていました。
お正月というのは「歳神様」をお迎えする一連の行事のこと。

歳神様へのお供えものであった鏡餅をお下がりとして賜る事で、恩恵を受けられると考えられていました。
賜りものなので「年賜」(としだま)と呼ばれていた事からお年玉となったとする説。
恩恵として歳神様の魂を分け与えてもらう事から「御年魂」(おとしだま)とする説もあります。

 お下がりの鏡餅を分け与えるのは一家の家長の役目。
そこから目上の者が目下の者へ渡すというお年玉の慣習ができたとされています。

江戸時代には庶民の間でも一般的な慣習として根付いており、
お餅だけでなくお金や品物などをお年玉に渡すようになっていたと言われています。

何歳から渡すもの?直接渡す?


 大人になったら渡す側になるお年玉ですが、具体的に何歳からお年玉を渡すものか迷いますよね。
あまり小さい子に渡してもお金なんて使わないし、親に渡すのもなんだか違うような気もするし。
そんな疑問を持っている方、やっぱり沢山いらっしゃいました。

0~3歳までの年齢は渡すべきか悩みますよね。
その年齢のお子さんに対してはお年玉は用意せずにあげないという方も。
もし用意する場合はおむつ代として親へ渡す、玩具などの品物で渡す方も多いようです。

また小学生以下のお子さんに渡す場合には、
ほどんどの方がお子さんに直接ではなく親に渡すという形をとっています。
確かに、そんな小さい子がお金を渡されても何が何だか分からないですよね。

 ただ小学生になれば自分でもお買い物も既に経験済みのお子さんは多いです。
お金の使い方を理解できている小学生以上のお子さんには直接手渡ししてあげましょう。

お年玉を渡す際には、親御さんがいる時に渡してあげて下さい。
子供は貰うだけなので嬉しいですが、親はお礼も考えないといけないので把握しておきたいですよね。
そして、家庭によってお金に関する教育方針は違うもの。後々トラブルになると厄介です。

お年玉の相場はいくら?


 子供はお正月小遣いにもなるので貰えるならいっぱいもらいたいですが、
親としてはあまりに高額のお年玉はお礼にも困るし、子供の教育上よろしくない場合もあります。

お年玉をあげる側のマナーとしては、きちんと年齢に合わせた適正な金額を渡すべきです。
ではお年玉の相場はいくらなのかを調べてみました。

0~未就学児 0~1,000円
小学校低学年 2,000~3,000円
小学校高学年 3,000~5,000円
中学生~   5,000~10,000円

このくらいの金額がお年玉の相場とされています。
多少は人によって前後する事もありますが、何となく納得の金額ですね。

 そんなにいっぱいあげる訳じゃないし少額だから…と侮るなかれ、
案外人数を考えるとまとまったお金がお年玉代として必要になります。

次の年から金額を減らす事もできないですし、お年玉の金額というのは最初が肝心ですよ!

まとめ

 お正月に親族が集まると子供にも会う機会も多いもの。
あらかじめお年玉の準備をしておかないと慌てる事にもなりそうです。

自分が子供の頃に貰っていた関係もあり、やっぱり渡したくなりますよね。
お年玉もお金で渡す事からトラブルになりやすい側面もあります。
親しい親族ならあらかじめどうしたら良いか聞くのもいいですね。

-1月, 年間行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

入園祝い・入学祝いの金額相場は?喜ばれるプレゼントって何?

お子さんの晴れの日である入園や入学。 こんなに大きくなったのかと親御さんは感慨深いですよね。 それはご両親に限ったことではなく、 祖母祖父である両家にとっても喜ばしい日と言えます。  嬉しい心遣いとし …

2月9日は「漫画の日」由来は?いつの時代から漫画は始まった?

 もはやジャパンカルチャーとして海外でも受け入れられる程、 日本文化の代名詞的な存在である漫画。 私たちにとってはとても身近な存在ですよね。 そんな漫画にも記念日があるのはご存知でしょうか。  好きな …

チャンピオンズリーグ決勝!伝説や激闘が生まれた歴代開催地

1955年前身となるUEFAチャンピオンズカップから始まり、2018-19大会で64回目。 UEFAチャンピオンズリーグとなってからは27回目となる大会。 ヨーロッパクラブ王者を決める大会であり、 ハ …

キャンプに行ったら子供に何やらせる?安全で喜ぶのはどんな事?

子供が夏休みに入るとキャンプに行くというご家庭は多いんじゃないでしょうか。 夏の定番ともいえるキャンプですが何かをするといっても大人がメインで動く事になって、子供は暇してるなんて事ありませんか? 大人 …

6月22日は「かにの日」由来は?ズワイとタラバ、人気なのは?

みなさん大好きな甲殻類のあの蟹、 あまり知られていませんが記念日があるのはご存知でしょうか。 日本人は蟹好きで知られており、昔からご馳走とされています。 今でも年末年始は蟹が欠かせないという方もいらっ …