お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

ゴルフ

ゴルフ最短で上達し確実にボールを捉え飛距離の出るスイング

投稿日:2018年4月18日 更新日:

今回は実際にボールを打つクラブと体の相関関係、つまりどのような位置でクラブを持ち

スイング中にその関係を保つのが物凄く大事だということをお話しさせて頂きます。

ゴルフスイングの知識の中で最も間違って捉えている方が多いのが、体をしっかりと止めて

体の前でクラブを振る、という行為です。

これ、何万回練習しても下手にはなりますが、全く上達しません。

それどころか、腰に無理な負担ががかり痛めてしまうこともあり若年、年配、男女を問わず
良い事は一つもないと言っていいでしょう。

  

ゴルフ 最も確実にボールを捉えて飛距離の出るポジションとは

そもそも、ゴルファーの悩みと言えば大きく分けて2個しかありません。

思うように真っ直ぐ飛ばない。

もっと遠くへボールを飛ばしたい。

この2個でしょう。

その為にほとんどのゴルファーが考えるのが、インパクトです。

ここでクラブフェースとボールを正しく当てれば真っ直ぐ、遠くに飛ぶと信じてひたすらインパクトの形を

繰り返し、しっかりとボールにクラブが当たる瞬間を見ようとします。

「ボールをしっかり見て!」練習場でもほとんどの方がそれを意識し練習に取り組んでいます。

一部のレッスンをされている人もそのように教えている事も多いです。

これ、全く意味がありません。

というより、こんな事やってたら何年経っても上達しませんし、飛距離も伸びません。

「そんなことない!」とお叱りの声が聞こえそうですが、はっきり言ってどんな打ち方であろうが、

それなりの数をそれなりの期間練習すれば、そこそこ上達します。

ただし、その人が本来持っているポテンシャルを生かすことは出来ないので、

年齢とともに、飛距離は落ちますし、練習が少しでも減ればボールが真っ直ぐに

飛ばなくなりスコアも落ちてしまいます。

正しい体とクラブの関係が理解出来れば何歳からでも飛距離は伸びますし

方向性も良くなるのでスコアも上がってきます。

ゴルフ 最も確実にボールを捉えて飛距離の出るポジションとは ②

ゴルフのクラブを持って真っ直ぐに立ち、クラブを剣道の竹刀のように構えてみてください。

全く前傾せず、剣道の構えそのものです。

この時、クラブヘッドのすぐ下に木の枝があったとして、その枝をクラブで叩けますか?

軽く振り上げてその枝を叩くのです。

勿論、枝を叩き折るような勢いで・・・

剣道をやった事のある人なら分かりやすいと思いますが、軽く手首のスナップを使い振り上げて降ろす。

全く単純な動作ですが、これがゴルフスイングを練習する上で最も大事な動作だと言えます。

狙った所に何度でも正確に振り下ろせる、一番力強く当てる事が出来る。

これが最もあなたに合ったクラブと体の配置、相関関係です。

なのでクラブを楽に振り上げて10回は連続して振り下ろせる事が大事です。

いい位置関係では無理なく何回も同じ動作が出来るのです。

ゴルフ 最も確実にボールを捉えて飛距離の出る形

この形が理解出来、何回も同じ動作が出来るようになれば、それがあなたの一番打ちやすいクラブの位置です。

次はその位置関係をスイング中崩さない事が重要になってきます。

アドレスからクラブを30度ほどバックスイングで動かした時、ほとんどの人は体はボールを向いたまま

手だけが動くと思っています。

30ど動いた位置で先ほどお伝えしたアドレスでのクラブの振り上げを連続して出来るでしょうか?

まず出来ないと思います。

それはクラブの軌道やフェースの向き等、色々な事をチェックしながら練習していても根本的な最重要課題を

理解せずに練習しても効果は上がらないのです。

アドレスで何回も連続して振り上げ、振り下ろしが出来たようにバックスイングの始動段階でも

同じようにクラブを連続して振り上げ、振り下ろしが出来なければアドレスでチェックした意味が

ありません。

同じように30ど程進んだフォローでも連続してクラブの振り上げ振り下ろしが連続して

出来なければいけません。

最初はかなり違和感があるかもしれませんがスイング中、体の正面にクラブを保つとは

このことの意味だと知ってください。

まとめ

ゴルフスイングはクラブを手で振るものだと教えられてきた人も多いのでかなり違和感があり拒絶反応

を起こす方もいらっしゃいます。

しかし、この絶対的な根本理論を拒絶していては進歩は限りなく遅く、飛距離アップや
スイングの上達は見込めません。

何度も読み返して自分の腑に落ちる所に行くように何回も反復練習してください。

-ゴルフ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ゴルフ 100を切るのに、最短最小の練習で到達する秘訣とは

今日は全ゴルファー人口の中でスコア100を切る99以下で回るとは どれくらい難しいのか、そしてその為にどれくらいの練習をするのか。 また、その一般的な練習時間を大幅に短縮して成果を出すには何をすればい …

ゴルフ 最短で上達する人はどんなイメージを持っているのか?

今回はどのような視点、イメージでゴルフスイングを捉えれば最速、最短で上達するのかを お伝えしようと思います。 僕が今までのべ3万人の方にレッスンしてきましたが、このイメージの捉え方が最初から 出来た人 …

ゴルフ 上達しない理由と中高年でも確実に成果が出る秘訣とは

6月になり、嫌な梅雨の時期になりましたが、中高年のゴルファーの皆さん 楽しくプレーしていますか? まだまだ若さ一杯で気持ちよく飛ばしている方もおられる一方で スコアの伸びず、飛距離が落ちてきた等の悩み …

ゴルフ60歳女性でも飛距離を伸ばす、自分に合ったスイング

今回は60歳女性の方を指導していて身長150cm 体重は聞いた事がありませんが、かなり細身の方の飛距離について お話しします。 この方は一般的なゴルファーと同じように週に1度50球位の練習ですが、60 …

ゴルフ上達への近道 最短最速、家で出来る100を切る練習方法

今回は前回に続いてサランラップを使った家で出来る練習方法をご紹介します。 スコア100を切るには、ある程度の球さえ打てればあとはスコアメイキングを学んで アプローチ、パットの練習をすれば誰でも行けます …