お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

1月 駅伝

箱根駅伝って一人何キロ走るの?何人で走るの?何県を走るの?

投稿日:


お正月の風物詩でもある箱根駅伝、毎年楽しみにしている方も多くいらっしゃいます。
大学生が青春をかけてたすきを繋ぐ姿に胸が熱くなりますよね。

テレビ中継で見ていると、走るとは言え選手が寒そうで心配になります。
あのスピードで走りきる選手を見ると日頃練習しているとは言え、
どれだけ練習しているんだろう、1人あたり何キロ走らなきゃなのかと疑問に思います。

 そんな箱根駅伝に関する疑問についてを調べてみました。

  

箱根駅伝、1人何キロ走る?


 総距離217.1kmある箱根駅伝は全部で10区間に分かれています。
1区間を1人の選手が走りますので、1人あたり約20km走る事となります。

往路と復路で通るルートが違う部分もあり、
きっちりと区間ごとに同じ距離が定められている訳ではありません。
なので最短区間は約20km、最長区間は約23kmと区間ごとに走る距離に差があります。

 伝統的なコースを走る箱根駅伝においてコース変更はありませんが、
区間ごとの距離が多少調整される事もあります。

山上りで有名な5区は2006年から23.4kmでしたが、2015年には23.2kmに変更されました。
さらに2017年からは20.8kmに変更され徐々に区間距離が短縮されています。

その理由としては、山上りの過酷なコースにより選手の負担の問題と
コース適正が必要となる特殊な区間で5区での走りが総合優勝を左右するとの指摘があった為。

データ的に見ても距離が長くなった2006年以降は5区で区間賞を取った大学が優勝すると言われる程です。
実際に2006年の変更後の11大会中7大会で5区区間賞の大学が総合優勝を果たしています。

 各大学のエースが出てくる区間として有名な“花の2区”がありますが、
5区が重要区間として位置付けられエースを5区に起用する大学もあるほどです。

ただ駅伝の魅力は1つのたすきを繋いでいく事。
見所と言われ特に注目される区間があるのは事実ですが、
たすきが繋がらなければ記録にならないという所が駅伝の難しさと魅力でもあります。

1チーム何人いる?ルールは?


 過酷なコースを走る箱根駅伝ですが、主催する関東学生陸上競技連盟により様々なルールが定められています。
チームはチームエントリーと区間エントリーの申し込みが必要となります。

1チームは16人以内と定められ、編成としては10人の正選手と6名の補欠選手です。
留学生は2名以内ならエントリーできますが、出走は1名のみと制限されています。

 その上で区間エントリーが行われ、正選手の誰がどこを走るかという区間エントリーが行われます。
変更ができるのは正選手と補欠選手の入れ替えのみ4名までとなっています。

つまり正選手の場合はすでに登録した区間のみ走る事ができ、区間変更は認められていません。
5、6区の山上りと山下りはコースも特殊な事からどのチームも補欠を複数用意する場合が多い様です。

毎年箱根駅伝の優勝予想が話題になりますが、エントリーによりある程度レース展開が予想できる事が起因しています。
例年往路での変更はあまりありませんが、復路においては数名の変更が見られます。

コースはどんな?何県を走るの?


 箱根駅伝のコースは東京都大手町をスタートし神奈川県箱根芦ノ湖までを2日で往復します。
鶴見、戸塚、平塚、小田原の4箇所が中継所として設置されています。

1月2日に1~5区までを走りますが、箱根山を登る5区の山上りの難所は、
一気に傾斜を駆け上がって行く選手の姿は毎年注目の的となっています。

1月3日は6~10区を走ります。今度は6区で山下りが待ち受けているのです。
往路の逆を辿って標高差864mを一気に下っていくハイペースなコースとなっています。

 難所を含むコースも箱根駅伝の特徴ではあるのですが、
難所に挑む選手を見ているとついつい応援したくなってしまいますね。

標高差もある分、低体温と身体への影響も心配になる区間です。
難所が見所であるとは言えど、見ているだけで大丈夫かとハラハラしてしまいます。

まとめ

 東京都の街中を走っていたかと思うと、
区間が進むうちに箱根の山へと風景が変わっていくのも箱根駅伝の面白さでもあります。

普段は走る事もない距離なのでピンときませんが、
車で走ってもなかなか時間をかかる距離を計10人で走ると考えると脱帽ですよね。

 毎年楽しみにしている箱根駅伝ですが、今年はエントリーから注目してみたいと思います。

-1月, 駅伝
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子供のスキーウェアの下に着るものは?おすすめは何かある?

いざスキー場へ家族で出かけるとなると、まずは道具について考えますよね。 板やブーツ、ウェア等は既に揃えたという方やその場レンタルを考えている方もいらっしゃるでしょう。 道具も揃ったし、完璧!と思いがち …

成人式のお祝いはお金なら相場はいくら?腕時計の方がいい?

  成人式というとおめでたい事ですが、親は何かと物入りで大変ですよね。 女の子なら尚更、着物だけでなく着付けやヘアメイク代など出費もなかなかのもの。 積立をするという手もありますが、もろもろお金がかか …

花粉症対策で効果のある物やおすすめは?改善するコツはある?

ニュースでも飛散量が天気予報と共に報じられる程、みんなを苦しめている花粉症。 年にもよるのですが、感覚としては年々花粉の量が増えている様な気がします。 なんと日本人の約25%、4人に1人は花粉症とも言 …

大相撲の立会い「制限時間いっぱい」たまに早い時あるのはなぜ?

見合ってはっけよい残った!これが一般的な相撲の掛け声のイメージですよね。 他のスポーツと違って審判は行事と呼ばれ、 相撲競技を取り仕切っている行事がスタートである立合い指示している様に見えます。 ただ …

成人式の着物レンタルの相場は?姉妹や卒業を控えている時は?

  成人式ではやはり振袖姿が目を引きます。 普段は見かけない華やかな振袖を多くの新成人が着ているのを見ると、 自然とお祝いの気持ちとともに日本の和服って素敵だなぁと改めて感じますよね。  素敵だなと思 …