お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

ゴルフ

ゴルフ 100を切るのに、最短最小の練習で到達する秘訣とは

投稿日:2018年4月21日 更新日:

今日は全ゴルファー人口の中でスコア100を切る99以下で回るとは

どれくらい難しいのか、そしてその為にどれくらいの練習をするのか。

また、その一般的な練習時間を大幅に短縮して成果を出すには何をすればいいのか

ご説明したいと思います

  

100を切れるゴルファーはどれくらい練習しているか

アマチュアゴルファーの中では100というスコアを切れば、中級者という認識。

趣味はゴルフ、ベストスコアは96です。

位になれば、かなり上手い人という認識で見られると思います。

実際にスコア100を切る事の出来るゴルファーは全体のわずか5%

つまり100人に5人しかいません。

なので100を切る、というのは一つの大きなステータスになりゴルファーの共通認識として

上手い人とされ、ある種の尊敬をされます。

一般的な指標として95平均でプレー出来る人の練習量とはとの位なのでしょうか?

シングルプレーヤーと呼ばれるハンディ一桁、5の人ならば?

一つの目安として言われるのはハンディ5なら月に5日だけ練習を休んでも維持出来る。

平均95のスコアの人なら 95-72=23オーバー平均なので、そこから3引いて

ハンディ20といったところでしょう。

ならば月に20日休んで維持出来る。

逆に言えば月に10日、週に2~3日の練習は必要ということです。

いかがでしょうか、結構ハードルが高いのではないでしょうか。

しかし、世の中には非常に少ない練習量でも非常に上手な方もいます。

どのような練習をすれば短い時間で維持、あるいは上達することが出来るのか

ご説明しましょう。

練習を出来るだけ少なくして上達したい

普通、練習といえばゴルフ練習場に行ってボールを打つ事をイメージしますよね。

それこそが練習だと思い込んでいる人も多いのではないでしょうか。

確かにそれも練習の一環ではありますがあくまでも、練習の中の一つに過ぎません。

これまでお話ししてきたように止まっているボールを自分が動いて、その波動をボールに正確に

伝える事が出来ればより、正確に遠くへ飛ばすことが出来ます。

ではどんな練習が効果的なのでしょうか?

ここでは練習場に行かずに自宅で出来る練習法をお伝えします。

始めは何をやっているのか意味が分からないかも知れませんがやっていけば段々と、体とクラブの関係が

理解出来てきますし、たまに練習場で球を打った時にその手ごたえの変化に驚くでしょう。

しっかり身に付くまでは却って当てにくくなりますので、これからお伝えする練習方法を少なくとも

1か月はやっていただき、その間の練習場での打球は当たらなくても気にしないでください。

家で出来るスイング上達の最短テクニック

では、具体的にどんな練習をすればいいのかお伝えします。

用意するもの・・・サランラップの芯、または空き箱

この長さが丁度いいのです。

家の中でクラブを振り回したりしたら危なくてしょうがありません。

なので、クラブの代わりにサランラップを使います。

非常に軽いので女性の方でもやりやすいと思います。

やり方・・・・

まず、真っ直ぐに立ます。

体の正面でサランラップを真っ直ぐに立てて両手で持ちます。

このとき、左右の手で一番上と一番下を持って、両手の間が空くようにしてください。

手は軽く曲げてそのまま前傾すれば、ゴルフアドレスの手の形に近いような感じ。

突っ張らず、しかし曲げすぎない。

そんな感じにしてください。

まず、そのまま真っ直ぐ上に振り上げてみましょう。

振り上げたサランラップは右肩の上に来るようにしてください。

そして又、真っ直ぐ振り下ろして元の位置へ戻しましょう。

これが出来るようになれば、次は最初の構えた形のまま右へ30度向いて

そこで同じように真っ直ぐ振り上げて真っ直ぐ振り下ろしましょう。

このとき、ほとんどの人はサランラップを真っ直ぐ振り上げるという事が出来ません。

ゴルフのスイングはナナメに振り上げるという間違った知識があるために

真っ直ぐ振り上げられないのです。

なので、まずここまで、真っ直ぐ振り上げる事が出来るようになってください。

この動きがスムーズに出来るようになればゴルフでよく言われる「クラブを立てて使う」という

意味が分かってくるとおもいます。

まとめ

今回、実際に私が初心者の方から、シングルプレーヤー、女子プロまで、すべての方に教えてきた

基本の練習方法の一端をお伝えしました。

あなたが知っている練習方法やスイング理論とは大きく違う事があるかもしれません。

気に入らない、と思われたらここで読むのを終了してください。

あなたの貴重な時間が無駄になってしまいます。

ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

これからのあなたのゴルフライフが素晴らしい物になるようにお祈りいたします。

まだ、この続きにご興味がある方は引き続きよろしくお願いします。

次回に続きます。

-ゴルフ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ゴルフ上達への近道 最短最速、家で出来る100を切る練習方法

今回は前回に続いてサランラップを使った家で出来る練習方法をご紹介します。 スコア100を切るには、ある程度の球さえ打てればあとはスコアメイキングを学んで アプローチ、パットの練習をすれば誰でも行けます …

ゴルフ 50代女性が最短最速で上達する練習場での練習方法

これまでグリップの握り方、スイング全体の考え方、自宅での練習方法をお伝えしてきました。 今回はそれが、少し身に付いたと仮定していよいよ実際に練習場で球を打ってみましょう。 ここでもただ単に真っ直ぐ打て …

知らないと損 ゴルフ上達するレッスンは何を基準にを選べば近道?

上達するには、良いコーチに教えてもらうのが最大の近道です。 海外のプロは、専属で見てもらうのが普通で、試合と試合の合間にもコーチに悪い所を調整してもらいます。 しかし、一般のゴルファーは彼らが何をチェ …

ゴルフ 上達しない理由と中高年でも確実に成果が出る秘訣とは

6月になり、嫌な梅雨の時期になりましたが、中高年のゴルファーの皆さん 楽しくプレーしていますか? まだまだ若さ一杯で気持ちよく飛ばしている方もおられる一方で スコアの伸びず、飛距離が落ちてきた等の悩み …

ゴルフ60歳女性でも飛距離を伸ばす、自分に合ったスイング

今回は60歳女性の方を指導していて身長150cm 体重は聞いた事がありませんが、かなり細身の方の飛距離について お話しします。 この方は一般的なゴルファーと同じように週に1度50球位の練習ですが、60 …