お役立ち情報だぞ

季節やお役立ち情報について書いています

1月 暮らしの知恵

子供のスキーウェアでおすすめは?賢い選び方は?暖かい?

投稿日:2018年9月1日 更新日:

 
冬といえばウィンタースポーツが楽しみな方も多いのでは?
子供と一緒にゲレンデに繰り出せば、冬の遊びを満喫できます。

雪国育ちなら珍しくもない雪ですが、普段あまり降らない所にお住まいなら
雪が積もっているのを目にするだけで子供は大はしゃぎですよね、

 楽しんでくれる事は間違いないので心配無用でしょうが、
大人としては心配なのはウェアですよね。

子供に着せるスキーウェア、どんな点に気を付けて選べばいいのでしょうか?
そんな疑問を解決できるように、子供のスキーウェアについて調べてみました。

  

買う?レンタル?どちらがいいの?


 まずスキーウェアは購入するか、レンタルの方がいいのか迷いますよね。
購入しても子供はサイズがすぐに変わってしまいますし、
シーズンオフには使わなくなってしまので揃えても何回使用するものか。

正直に言うと、使用回数により購入かレンタルか決めた方が良いでしょう。

レンタルでスキーウェアは1回3000円程度。
一方、買い揃えるとなると5000円~となります。

そんなに変わらないなら購入する!という方もいるかもしれませんが、
片付けようとしてもだいぶ嵩張ってしまうので使わない時はすごく邪魔になるのです。

 ですので複数回行く予定のある方は購入、1回のみかもしれない場合はレンタルがおすすめです。
雪遊びにも使えるので多少雪が降る地域の方なら購入しておいてもいいですね。

私の住む地域は雪国なので、通学時にはほとんどがスキーウェアです。
雪がふるとやはり遊んでしまうのが子供ですので、暖かいし濡れにくくて安心ですよ。

おすすめの形は?賢い選び方は?

 いざ購入する際に困るのはスキーウェアの選び方。
つなぎタイプと上下が分かれたタイプがありますが、どちらがいいのでしょうか?

つなぎタイプの方が保温性にも優れ、隙間から雪が入る心配がありません。
上下分かれたタイプは分けて使え利便性に優れています。トイレも簡単なのはありがたいです。

それぞれいい所があるのですが、
どちらのタイプにするかは年齢によって選んでみて下さい。

まだ一人で脱ぎ着が難しい低年齢のお子さんはつなぎタイプ
ある程度自分でできるお子さんは上下タイプの方がおすすめです。

 また購入の際にぜひ抑えてもらいたいポイントはサイズ調整機能です。
最近のスキーウェアはサイズ調整ができるものが多く、長く着られるように考えてくれています。
ワンサイズくらいなら調節でどうにかできるので、調節できるものを購入した方がお買い得と言えます。

他に必要なものは?何が必要?


 スキーウェアもなんとかなったから安心!とはいきません、
レンタルも手袋とウェアのみという所が多いです。
欠かせないのがゴーグルと厚手のソックス

一面の雪景色だと意外と照り返しがきついもの、
所謂「雪目」は目に辛いものがあるのでゴーグルが必要です。
顔に合うものを実際に当てて選ぶのが良いので、ゴーグルは実店舗で購入して下さい。
合わないものを付けると曇りやすく、付けていても不快なのでフィット感が大事です。

ソックスは厚手の長いソックスを選びましょう。
長いスポーツソックスがあれば十分なので、購入するまでも無いかもしれませんね。
どうしても濡れてしまうので、替え用に数枚持っていきましょう。

まとめ


 自分の物なら悩みもしませんが、子供の事となると悩んでしまうのが親というもの。
寒くないか、痛くならないかなんて心配事ばかり頭に浮かんできてしまいます。

ただいざ道具を一通り揃えてスキー場に連れて行けば、子供は大喜び間違いなしです。
ある程度必要な物を揃えれば、子供は親の心配なんてなんのそのです。

 最近のスキー場では、ゲレンデでの雪遊び以外にもレジャーがいっぱいです。
温泉、温水プール、アスレチック等など、子供が楽しめる施設が揃っていますよね。
子供連れとなると躊躇してしまうかもしれませんが、今年は思いっきりウィンタースポーツを楽しみましょう。

-1月, 暮らしの知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏休みの昼ごはん作りたくないママ!子供も喜ぶアイデア5選

  お子さんが長期連休でずっとおうちにいる夏休み。 楽しく過ごして欲しいけど、親としては3食の食事に頭を抱えてしまいそう。 いつもは給食があるので気にしないお昼ご飯、 夏休み中は作らなくてはいけないと …

GWを一人で有意義に過ごす!「ぼっち」に最高!過ごし方7選

GWはあるのは嬉しいけれど、予定が無いなんて方もいらっしゃいませんか? 直前まで仕事や学業で忙しく、GWはのんびり1人で過ごす方もいると思います。 忙しい日常生活においては、ちょっとのんびりできるだけ …

カウントダウンのアプリでおすすめは?あと何日なのかな?

年末になるとカウントダウンが始まりますね。  様々なイベントに記念日、覚えているつもりでも ふとした瞬間にあれ?あと何日あるんだっけ?と思う事ありますよね。 スマホでスケジュール管理をしている方も多い …

雛人形を片付ける時の防虫剤の入れ方は?どんな種類がいいの?

女の子のいるご家庭ではお守りとして飾る雛人形。 我が子の成長を見守ってくれる大切な存在となっていますよね。 きっと親御さんや祖父母からお子さんへと贈られた大切なもの、 飾る期間は短いですが長くずっと綺 …

厄年の女って年齢は幾つなの?どんな事に気を付ければいいの?

お正月に初詣に行くと「厄年」になる年齢が早見表で出ていたりします。 ちらっと見たことがある方もいるのではないでしょうか? 私なんかは早見表を見た時に、 「え?ほとんどずっと厄年みたいなものなんだ・・・ …